家のこと

毎日の家事は、子どもが生まれると洗濯物や洗い物が増えるなど変化があります。産前は、「子どものものの準備」には気が向きますが、なかなか「増える家事」まで注意が向きません。さらに、慣れない赤ちゃんのお世話に気を取られて、家事が増えていることに気がつかず、産後はとくに「毎日、赤ちゃんと一緒にいるだけで何もできていない」と無力感にとらわれてしまうママも多いようです。

共働き夫婦、ワーキングマザー(ファザー)にとって、家事分担は大きな課題。なかには家事をすべて可視化して、きっちり分担するという夫婦もいれば、平日はママ、土日はパパと分けるカップルも。最近は、家事をアウトソースして、家事代行に頼む選択肢も増えてきました。一方で、「夫が家事をしない」「家事分担で夫婦喧嘩してしまう」「家事をやっているつもりなのに、妻から文句を言われる」などの悩みのタネでもあります。

家事分担をなんのためにするのか?を話し合うことが一番大切。家事についても「きれいな部屋にしておきたい」「ちゃんとした料理を子どもに食べさせたい」などの、ママやパパの希望や方向性があるはず。そこを夫婦で確認して、「だったらどうする?」を共有できると、夫婦で「家事を押しつけ合う」状況は避けられるはず。