家族で育つ

「家族になる」というのは、一筋縄ではいかないもの。他人同士だった2人が生活をともにし、子どもが増え、少しずつ”家族のカタチ”ができていきます。毎日喧嘩ばかりだったり、夫が育児に協力的ではなかったり。離婚したいと思うこともあるかもしれません。
それでも、お互いの心を理解しようと会話を重ね、日々の暮らしを重ねていくほど、少しずつ輪郭がしっかりとしていきます。

「家族の作り方」には正解もレシピもありません。子どもとの関わり方が分からず、育児参加したくてもできないパパさん。ついつい子どものことにかかりきりで夫婦でのコミュニケーションを後回しにしてしまうママさん。
お互いに歩み寄り、パートナーシップを深めて育児に取り組んでいくことで…長い年月をかけ育てていきたい”わが家のカタチ”。
パピマミには、ときに泣いたり笑ったり、デコボコだけど愛おしい「家族」のヒントが満載です。