子どものこと

赤ちゃんが生まれて、初めて育児をするのは、どのママもパパも変わりません。オムツやミルク、寝かしつけなど慣れないお世話が出産のその日から待っています。妊娠中から両親学級で沐浴体験などをするママやパパもたくさんいると思いますが、初めて赤ちゃんを抱っこしたら、思い通りにいかない……ということもしばしば。ちょっとしたコツを共有しながら、ママとパパの最初の関門を乗り切りましょう。産後は、ママの体は全治1ヶ月の負傷状態。赤ちゃんのお世話もパパができるように、前もって勉強しておきます。

さまざまなお世話を毎日していると「赤ちゃんは何もできない」と思いがちですが、赤ちゃんは自ら育っていく力をもっています。おもちゃを握れたり、寝返りできたり。昨日できなかったことが、今日できていきます。毎日の赤ちゃんの成長発達を知ることで、子育てがどんどん楽しくなります。

0歳児から、歩き出し、しゃべり出す。自分でご飯を食べられるようになる、トイレも行けるようになる。外で遊ぶのが楽しくなる。子どもの成長とともに家族の関わりは大きく変わっていきます。赤ちゃん、子どもとのかかわりをママだけにお任せするのではなく、ママもパパも楽しんで臨めるように必要なのは、成長発達においてうちの子どもは今どんな時期なのか?を知ること。イヤイヤ期も、反抗期も、こどもの成長発達の過程。そこでの対応も子どもを知ることで、変わっていきます。