6〜9才の子ども

小学生になり、集団生活が身につき、社会性を意識していく時期です。友達や仲間の比重も増えていきます。思春期に入れば、家族と仲間の重要性は逆転しますので、この時期に最後の家族としての密な関わりを作っておきたいもの。大人っぽい発言もしますが、理論的なことや抽象的なことはわかりません。我が子の「子供らしさ」を存分に味わって。