子離れする方法

登下校をこっそり尾行!? 周りにいる“子離れできない人”エピソード6選

登下校をこっそり尾行!? 周りにいる“子離れできない人”エピソード6選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。子どもたちの寝た後が私の仕事の時間。早く子どもたちひとりで寝られるようにならないかなぁと思ってしまいます。フリーママライターの横山かおりです。

いまはそう思うけれど、実際に手が離れたら寂しくなってしまうのでしょう。しかも意外に子どもはあっさりと。寂しいのは親のほうだったりして……。

そこで今回は実際にママに「まわりにいる子離れできない人エピソード」を聞いてみました。

170303yokoyama

乳幼児のころからすでに……

『友人が復職のために保育園に子どもを預けなければいけないのですが、それが寂しすぎるらしく仕事を本気で辞めようか考えていました。保育園に入れただけすごいことなのに……!』(1歳男の子のママ)

『公園ですべり台もブランコも、ずっと最初から最後までつきっきり。心配なのはわかるけど、すべり台なんて手を離さなくちゃすべれないのに!』(1歳女の子と5歳男の子のママ)

子離れできないのは子どもが小さなころ、ふとしたことから。

まだまだ小さなわが子が心配なのはもちろんわかりますが、子どもの世界をつくるためにはずっと親がつきっきりでもダメですよね。少しずつ冒険させてあげましょう!

子どもの世界が広がってきても……

『子どもが小学校に上がりひとりで登下校するように。事故にあわないか心配でこっそりついていったことが何度か……』(7歳男の子と2歳女の子のママ)

『子どもの学校での様子が見たいのか、「忘れ物を届けに」など何かと理由をつけて学校に行っているママ友。「○○ちゃんのママまた来てたよ」とよく娘が言っています』(5歳と8歳の女の子のママ)

自分も「子離れできない親にこんなことされていました」体験

『実家にいたころ、私の行動をすべて知っていたかったのか親にいつもバッグの中を勝手にあさられていました。独立して結婚してからはなるべく連絡をとらないようにしています』(0歳男の子のママ)

夫の同窓会にはいつも夫の母がついてきます。何が見たいのかよくわからないけど……』(1歳女の子と4歳男の子のママ)

自分が実際に子どものころに体験している人や、現在でも子離れできていないと感じている人も。

自分がされると、「子どもにはしないようにしよう」と思うのか、「これが当たり前だから」と思うのか……?

行きすぎた行動はよくない、と思うことが必要です。誰かに指摘されたら少し自分を振り返ってみるようにしましょう。


子離れできないというのは子どもの成長にとっては大問題。「心配だから」が行きすぎた行動につながらないように気をつけましょう。

子を愛する親なら誰にでも起こりうる問題ですよ。

ライター紹介

横山かおり

横山かおり

一男一女、二児の母です。子どもが寝た後に執筆作業に取り組んでいるフリーママライターの横山かおりです。独身時代はモデルをしており、「いつまでも自慢できるきれいなママ」を目指して日々奮闘中。趣味は料理、映画鑑賞、食べること、ダイエット。調理師免許アリ。

ライター紹介

椎葉咲子(苺乃ちゃん、胡桃ちゃん)

椎葉咲子(苺乃ちゃん、胡桃ちゃん)

もうすぐ3姉妹のママになります! いつでも元気!

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る