メイク

老けたコギャル!? 30代女性がやりがちな時代遅れメイクの特徴4つ

老けたコギャル!? 30代女性がやりがちな時代遅れメイクの特徴4つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。婚活コンサルタントの菊乃です。

30代で何が似合うのか分からなくなってきたというご相談は多いです。

「キレイになりたい」という気持ちはあるものの気合を入れてオシャレをしてもなんかしっくりこない。

服の前に、メイクが20代で覚えたメイク方法で止まっている方がいらっしゃいます。

毎日同じメイクを繰り返しているとなかなか自分のメイクが時代遅れだということに気が付けなくなりますよね。

そして、一応お化粧をしていれば職場で怒られることもないでしょう。

今回はメイクアップアーティスト&メイクアップセラピストで、株式会社ラムズビューティー代表取締役の片桐愛未さんに時代遅れメイクについてお聞きしました。

170302kikuno1

今30代中盤の方が20代だったころは、コギャルメイクの影響が残っている時代でした。

時代遅れメイクと大人の女性の正統派ナチュラルメイクを比較してみましょう。

(1)時代遅れ眉毛

細くて、眉の傾斜が急なので怒ったような顔に見えますね。眉山が尖っているのも特徴。

毛抜きで抜いていて生えなくなってしまった方も多いです。

眉は一時期よりは少し細目になってきましたが、基本的にナチュラルな太さで、ペンシルで書いたとしても必ずパウダーでぼかしましょう。

(2)時代遅れアイシャドウ

30代の方のアイメイクは、アイシャドウの明るい色を広く塗りすぎている方がとても多いです。

「まぶたを明るくせねば」という義務感がないでしょうか? あのころはアイシャドウもラメがザクザク入ったものが人気でしたね。

眉山の下にハイライトを入れるのもはやりましたが、もうやめましょう。

ギラギラアイシャドウに慣れると物足りないかもしれませんが、今はまぶたのキワに陰影をつける程度です。

(3)時代遅れ口紅

眉毛とアイシャドウが目立っていたぶん、口紅は控えめのベージュピンクが主流でした。ところが今はもう30代。

だいぶ血色もなくなってきております。こういうベージュピンクではなく赤みがある色を塗りましょう。

(4)時代遅れチーク

クールな印象でチークが薄い時代でした。

正統派ナチュラルメイクでは血色がよく見えるように、コーラルピンクのチークを塗って自然な血色を出しています。


別人ですね! 片桐さんありがとうございます。思わず「あ~まだいるな」と時代遅れメイクを見て思ってしまいました。

とはいえ本人には絶対に注意できないですね。古いメイクだとそれだけで老けて見えてしまいます。

キレイになろうとして20代で覚えたメイクで手間暇かけてメイクをするって怖いですね。

2017年、メイクも更新しよう。だって、今気が付かないとプラス10年同じことを繰り返しちゃうかもしれないから。

【取材協力/片桐愛未】
メイクアップアーティスト&メイクアップセラピスト。株式会社ラムズビューティー代表取締役。
hLams Beauty.~ラムズビューティー~

ライター紹介

菊乃

菊乃

女性向けエッセイ執筆、セミナー講師。私生活は子なしオタク夫婦。28歳まで女らしいことを全くせず、手抜きを個性と勘違いしていたが、「このままだと一生独りかも」と気が付き、女磨きをスタート。モテ期突入、彼氏ができるその過程をブログで公開したところ、具体的で面白いと人気になり本を出版する。2011年に独立し、執筆活動を行う。著書に『なぜか愛される女がしている73の習慣』(双葉社)など他4冊。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る