産後ママの過ごし方

費用の目安は? 孤独なママをサポートする“産後ケア施設”の特徴

費用の目安は? 孤独なママをサポートする“産後ケア施設”の特徴

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。保育士でライターのyossyです。

産後のママは心身ともに不安定になるうえに、赤ちゃんの育児も始まります。睡眠時間が削られ、常に真剣勝負。夫や親族の手伝いが得られない人は、特に負担が大きいですね。

実家と離れて暮らしている人もいるでしょうし、近年は晩婚化が進んでおり、自身の両親が高齢化していて、手伝いを頼めないケースも増えているでしょう。

そんなときにママの助けになるのが“産後ケア施設”です。具体的にどんなことをしてくれるのでしょうか? ご紹介します。

170303yossy

ママと赤ちゃんの健康をサポート

産後のママや赤ちゃんを、日帰りもしくは宿泊でサポートしてくれる施設を、一般的に「産後ケア施設」「産後ケアセンター」などと呼びます。

例えば、下記のようなサービスをしてくれるのです。

・赤ちゃん、ママの体調チェック
・ママの休養のために赤ちゃんを預かる
・骨盤ケア
・母乳ケア
・育児アドバイス

場合によっては、エステ、アロママッサージなどのサービスがあることも

産後はママの体がダメージを負っていますし、育児もわからないことだらけです。そんなときにサポートが受けられるのはうれしいですね。

1泊2日で2~3万円程度が相場

では、費用はどれくらいかかるのでしょうか。

サービス内容や施設によって大きく異なりますが、首都圏の場合、1泊2日で2~3万円程度からが目安のようです。

『日本産後ケア協会』のホームページから、施設の一覧と費用の目安がチェックできます。一度見てみるといいでしょう。

自治体の産後ケア事業がないかも確認を

世田谷区や横浜市など、産後ケア事業を行っている自治体もあります。

例えば世田谷区の場合、生後4か月未満の赤ちゃんとそのママを対象に、最大7日までサービスを利用できます。

育児不安や体調不良などがあり、家族の支援を受けられない人、といった条件も。

利用者の負担額は、原則下記の通りです。

・母子ショートステイ1泊2日:6,400円(1日3,200円)
・母子デイケア1日:2,060円

一般的にかかる費用の目安を考えると、かなり負担が軽減されていますね。ただし、人気のサービスなので、早めにリサーチをして問い合わせておくといいでしょう。

孤独なママを救うために

産後のママは体調面だけではなく、精神面でも負担が大きいものです。

特に、産後手伝ってもらえる人がいない場合や、家族がいても意見の相違などがある場合、非常に孤独感を感じるでしょう。“産後うつ”になってしまう人もいます。

産後ケア施設に行くことで、1人になれる時間が得られてゆっくり休めたという人や、自信をもって育児できるようになったという人も。

選択肢のひとつに入れて、リサーチしてみてはいかがでしょうか。

【参考リンク】
産後ケアセンターとは | 一般社団法人 日本産後ケア協会
横浜市産後母子ケア事業について | 横浜市 こども青少年局
産後ケア事業 産後のお母さんを応援します | 世田谷区

ライター紹介

yossy

yossy

雑誌編集者をしていたが、第2子妊娠を機に退職。現在は、おませな女児と暴れん坊な男児のママをしながら、フリーライターとして活動中。日中は育児、早朝&夜間に仕事という生活を送っている。編集者時代の専門分野(住宅)と専業主婦時代に取得した資格(保育士、FP)を活かし、幅広く執筆活動を行う。学生時代の不勉強の反動なのか、最近は何か勉強していないと気が済まないタチに。今は英語とマーケティングについて絶賛勉強中。趣味は弦楽器。クラシック音楽大好き一家なので、週末に子ども&夫と合奏するのが楽しみの一つ。

ライター紹介

坂井由有紀(央将くん)

坂井由有紀(央将くん)

初めての育児でわからないことばかりですが、毎日楽しく! をモットーに子育てを楽しんでいます。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る