親が子供に与える影響

ワクワクを育てよう! 子どもが小学校入学を楽しみにする言葉がけのコツ

ワクワクを育てよう! 子どもが小学校入学を楽しみにする言葉がけのコツ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。子育て支援を専門にしている臨床心理士の今井千鶴子です。

年度末となり、年長のお子さんにとっては園に通うのも残りわずかですね。

小学校への入学に向けて、「うちの子大丈夫かしら……」とソワソワされているママも多いのではないでしょうか。

今日は、この時期にママがついつい使ってしまう言葉がけをふまえ、卒園を控えたお子さんが“小学生になるのが楽しみになる”言葉がけのエッセンスをご紹介します。

170221imai

年長のママがついつい使ってしまう言葉がけ

年長のママがついつい使ってしまう言葉がけには、「もうすぐ小学生のお兄ちゃん(お姉ちゃん)になるんだから、自分のことは自分でできるよね」という類のものがあります。

「小学校で子どもに大変な(つらい)思いをさせたくない!!」そんな親心から、「もうすぐ小学生になるんだから〜」と言ってしまうこともあるかもしれません。

ただ、「小学生になるんだから……」と言うことで、お子さんが小学生になることにネガティブなイメージを抱いたり、ストレスを感じたりしていたら元も子もありません。

不安が強いお子さんや慎重派なお子さんには特に気をつけたい言葉です。

前向きな気持ちになる言葉がけ

ぜひオススメしたいのは、お子さんが前向きな気持ちになる言葉がけで、入学準備をすすめることです。

たとえば、ひらがなに自信のないお子さんだったら、「小学生になるのに、ひらがなが書けないなんて“困るよ”」よりも、「ママ(パパ・お兄ちゃん・お姉ちゃん)も最初は上手に書けなかったけど、“練習”したらできるようになったよ!」などと、“練習することによってできるようになる”ことを伝えていけたらいいですね。

また、最初から“すべてのひらがなを完璧に書く”ことだけを目標にせず、「この字はいつも上手に書けているね」など、「続けて練習するぞ!」というやる気を持続させる言葉がけをみつけてみましょう。

“小学生になる”というキーワードは叱る場面でもしばしば使ってしまいますが、叱る場面で用いると、小学生になることが大きなプレッシャーになってしまいがちです。

プレッシャーを与えてもひらがなを書けるようにはなりません。親の不安やイライラを子どもにぶつけていないか、慎重に考えてみる必要があるでしょう。

「小学校は楽しいところだ!」と思えるような言葉がけ

お子さんにとって小学校は“未知な場所”です。そのため、どの子も少なからず不安や緊張を感じているはずです。

ただ、その不安や緊張は“ワクワク”とも似ている感情です。

ですから、お子さんに対しては、「小学校って楽しいところだ!」と思えるような言葉がけを意識して、ワクワクの感情が自覚できるようにしてみましょう。

たとえば、「小学校には優しい先生(友達)がたくさんいるから楽しみだね!」「小学校では大好きなサッカーができるね!」「小学校には広い図書館があるから、たくさんの本が読めるよ!」など、お子さんの心がワクワクすることをたくさん伝えていけたらいいですね。

そのような言葉がけによってワクワクが広がり、入学後の生活にもとけこみやすくなると思います。


いかがでしたか?

今回は、卒園を控えたお子さんが「小学生になるのが楽しみになる」言葉がけのエッセンスをご紹介しました。

すべてのお子さんとママがワクワクした気持ちで新年度を迎えられますように心から願っております。

ライター紹介

今井千鶴子

今井千鶴子

短大卒業後、一般企業に就職。退職後、オーストラリアの小学校にてボランティアの日本語教師アシスタントを経験。オーストラリア滞在中に臨床心理学に興味を抱き、帰国後大学進学を決意。一念発起で受験勉強をし、25歳で早稲田大学人間科学部に入学。その後2007年に臨床心理士、2009年に博士学位を取得する。専門は認知行動療法。現在は「楽しく子育て」をモットーにいくじ(育児・育自)に関するサポートを行っている。また、勉強への興味が乏しかった幼少期の経験をもとに、子どもたちが「楽しみながら学ぶ」ための活動も展開中。2児の母。

ライター紹介

貴子(優くん、綾ちゃん)

貴子(優くん、綾ちゃん)

ママになっても自分の時間を大切にし、笑顔でいることで子どもたちも笑顔でいられるよう、楽しくやっています♪

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る