掃除

見た目だけじゃない? 利用者に聞いた“ダイソン製品”へのリアルな評価

見た目だけじゃない? 利用者に聞いた“ダイソン製品”へのリアルな評価

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、フリーライターの鈴木ハナコです。

電気店の売場でもひときわ目を引くダイソン製品。近づいてみれば目玉が飛び出そうな値段……。

テレビや雑誌などでよく紹介されているけれどその使い心地、本当のところはどうなのか? ダイソン使用歴5年の筆者がダイソンユーザーのみなさまにインタビューしてきました!

170221suzukihanako

掃除機編

一番気になるのは何と言ってもあの掃除機! キャニスター型と言われる昔ながらのタイプとスティック型と呼ばれるコードレスの掃除機、二つが主力となっています。

キャニスター型

ダイソンはイギリスの会社です。イギリスは家の中でも土足で過ごす文化圏なので、そこで長年改良されてきたこの掃除機は吸引力に抜群の自信を誇ります。

コードレスタイプと違って電源の心配がいらないので、声高に謳う通りの吸引力が持続します。今ではさほど珍しくなくなってしまいましたが、すごく小回りも利いて紙パック交換の手間がないのがうれしいです。

『業務用で使っています。もともと土足の床をきれいにするように考えられているのでとにかくすごい。一発できれいになる感じが気持ちいいです』(東京都/30代女性/歯科医院勤務)

スティック型

一大センセーションを巻き起こしたダイソンのスティック型掃除機は、現在も進化を重ねて最新型ではより使い勝手が良くなっています。

従来型と比べてもっとも変わってきているのが掃除機のブラシヘッドの部分。今までは細かいゴミをはじいてしまってプチストレスだったのがモップのように細かいゴミも取り逃さないように改良されています。

アタッチメントを付け替えることで隙間やソファー、布団にまで対応でき、これ一本で掃除が完了してしまう……すごい!

『いわゆるキャニスター型の掃除機は捨ててしまいました。電源の持続時間は20分ほどですが、大豪邸でもない限りそれだけ充電が持てば十分掃除が終わります。吸引力もゴミが満タンになった状態でもなければしっかりしているなあと感じます。

難点と言えばひとつ、充電時に自立しないので充電ステーションをどこかに作らないといけないのですが、それを固定するには壁にねじを埋め込まなければならず賃貸の家で使うのに困ってます。あと、かわいいと言われればかわいいのですが、ものすごく自己主張するカラーリングなのでインテリアにはとけ込みません(笑)』(千葉県/30代女性/主婦)

扇風機編

ダイソンと言えばもう一つ、羽のない独特の形をした近未来的な扇風機が印象に残っている人も多いのではないでしょうか?

扇風機へのいたずらが心配な小さいお子さんを持つご家庭では、ダイソンの扇風機を買ったと言う人をちらほら聞きます。

現在では空気清浄機能や温風機能を備え、一年中活躍してしまう扇風機となっています。高めのお値段設定でもいろいろな家電の機能が一つになっていることを知れば省スペースでコスパがいいかも!

『確かに子どものいたずらをする心配はなくなりましたが、タワー型の扇風機に興味津々のわが子に風量を変えられます。いろいろやられるのは変わらないですね。思ったより音がうるさいけど、シーズンオフも収納の場所をとらなくてサイコーです』(愛知県/30代男性/専門職)

魅惑のダイソン製品、表参道には製品がずらりと並ぶダイソンのショールームがあります。一度行ってみるのもおもしろいかもしれません。

ライター紹介

鈴木ハナコ

鈴木ハナコ

幼い時から医師や歯科医師などの医療関係者に囲まれて育ち、反発したものの大学卒業後自身も結局医療関係職に就く。本職の傍ら医療分野のコラムを執筆。現在結婚し、これまた医療関係職の夫と2児と暮らす、母親業と子どものことはわからないことだらけながらも日々奮闘中。気になったらとことん調べたいという性格が影響するためか、調べ始めたら止まらない。専門家へのインタビューも積極的にこなします! “キチンと知りたい”をモットーに取材、執筆活動中。趣味はお手軽アウトドア。

ライター紹介

前田彩

前田彩

将来の夢は、明るく楽しい人生を送ることです。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る