依存症

精神科医に聞く! 「ギャンブル好き」と「ギャンブル依存症」の境界線

精神科医に聞く! 「ギャンブル好き」と「ギャンブル依存症」の境界線

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。エッセイストでソーシャルヘルス・コラムニストの鈴木かつよしです。

いわゆる『カジノ解禁法案』の可決で話題になった言葉で『ギャンブル依存症』というものがあります。

ギャンブルに伴う楽しさや高揚感の深みにはまり、抜け出せなくなってしまうことを指す言葉です。

都内でメンタルクリニックを開院し、依存症に詳しい精神科医のT先生は、『単なる“ギャンブル好き”の人と“ギャンブル依存症”の患者さんとでは決定的な「次元の違い」があり、ギャンブルを好む人のことを一律にギャンブル依存症と呼ぶのは間違いです』(50代女性/都内メンタルクリニック院長、精神科医)と言います。

また、『少々ギャンブル好きな人のことまで安易に病人扱いする必要はない』ともおっしゃっています。

では、ただのギャンブル好きとギャンブル依存症の境界線とはどこにあるのか。ひとたびギャンブル依存症の域に足を踏み入れてしまった場合にはどうすべきなのか、一緒に考えてみましょう。

170221suzukikatuyosi

ギャンブル依存症の精神科での診断名は『病的賭博』。“借金してまで”が一つの目安

『私たちはよくパチンコやスロット、競馬、競輪、宝くじの中でもギャンブル性の強いロトやスクラッチといったギャンブルが大好きな人のことを面白おかしく“ギャンブル依存症”などと呼んだりします。

しかし、ギャンブル好きであっても別に仕事を休んでまでパチンコ屋に入り浸るとか、家族につらい思いをさせてまで競輪場に行ってしまうといったように日常の生活に問題をきたすような状態にまではなっていないというのであれば、「ギャンブル依存症」とまでは言えません。それは単なる「ギャンブル好き」です』(50代女性/前出・精神科医)

T先生はこう言い、『ギャンブル依存症』と呼ぶには少なくとも下記のような要件を満たしていなければならないと言います。

『常識的に考えて、経済的・社会的に「今はギャンブルをしない方がいいのではないか」と思われる状況であるにもかかわらず自己抑制が効かないことが、ギャンブル依存症と呼ぶにあたっての必要要件です。

そのような状態なのに“借金をしてまで”ギャンブルに手を染めてしまうといった症状が、ギャンブル依存症の一つの目安になるかと思います。専門的で複雑な診断基準は別にありますが、一般の人たちにも分かりやすい目安はその辺りです』(50代女性/前出・精神科医)

先生によると、ギャンブル依存症の精神神経科での正式な診断名は『病的賭博(びょうてきとばく)』というようで、1980年から正式な精神疾患として認定されているとのことでした。

身近にそんなにはいないように思えるギャンブル依存症患者だが、実は……

こうしてT先生のお話を聞いていますと、自分を含めて私たちの身近にギャンブル依存症が疑われる人というのはそんなにはいないように思えます。

けれど、厚生労働省の研究班が2014年に公表した調査結果では、わが国には536万人ものギャンブル依存症患者がいて、しかも国民全体のうちの有病率は4.8%と世界の先進各国の中で群を抜いて高いという結果が出ています。

有病率についてさらに言うと、フランスは1.2%、米国(ルイジアナ州)で1.6%ですので、日本の有病率がいかに高いかがわかります。

しかし、考えてみれば私たちは毎朝通勤の途中で開店前のパチンコ屋さんの店先に並ぶ人たちの長蛇の列を目撃しています。

毎年夏になるとそのお店の駐車場に止めた車の中に長時間子どもを置きっ放しにして親が遊興に没頭し、子どもが熱中症で命を落とすといった悲痛なニュースにしょっちゅう触れているわけです。

またパチンコだけでなく、競馬や宝くじといった“合法的なギャンブル”は、わが国では私たち一般庶民のすぐそばに、ごくごく身近で親しみのあるものとして存在しています。

つまり、今のわが国は、一見するとそれほど深刻なことには映らないようなギャンブル依存症が、静かに(しかし着実に)まん延している状態だと言うことができるのではないでしょうか。

T先生がおっしゃるように、借金をしてまでギャンブルに手を染めてしまうのがギャンブル依存症かどうかの目安であるとするならば、普通の人が持っているクレジットカードで誰に咎められるでもなく、手軽にキャッシングできてしまうこの環境こそ、「見えないギャンブル依存症」の温床になっているというふうに言えるのかもしれません。

ギャンブル依存症が疑われる人がいたら家族や身近な人から専門医の受診を勧めてください

それでは、もし私たちの近くに「もしかしてギャンブル依存症なのでは?」と疑われるような人がいた場合、どうしたらいいのか。

T先生は、『自分から自覚症状を訴えて来院できる人はほとんどいないので、ご家族や身近な人から専門医の受診を勧めてください』と言います。

先生によれば依存症は精神科の専門分野なので、「もしかして、そうかな」と思ったときにはまず一番近くにある地元のメンタルクリニックにご本人を連れてきて、遠慮なく相談してほしいとのこと。

その上で、精神科医の中にもそれぞれの得意領域があるので、より専門的な治療が必要な場合は連携している医療機関を紹介しますとのことでした。

最後に、T先生によるとギャンブルで得られる快楽はある意味で性的な快楽に匹敵するほどの強いものであるがゆえに、ひとたびギャンブル依存症に陥ってしまった場合には、医療の手助けを借りずにそこから抜け出すことはなかなか難しいとのこと。

また、職業別にみると勝負事の楽しさを知ってしまったスポーツ選手や自営業といった仕事の人に、昔も今も多く見られる傾向があるとのことでした。

みなさんの身近には、ギャンブル依存症が疑われる人はおられますでしょうか?

ライター紹介

鈴木かつよし

鈴木かつよし

慶大在学中の1982年に雑誌『朝日ジャーナル』に書き下ろした、エッセイ『卒業』でデビュー。政府系政策銀行勤務、医療福祉大学職員、健康食品販売会社経営を経て、2011年頃よりエッセイ執筆を活動の中心に据える。WHO憲章によれば、「健康」は単に病気が存在しないことではなく、完全な肉体的・精神的・社会的福祉の状態であると定義されています。そういった「真に健康な」状態をいかにして保ちながら働き、生活していくかを自身の人生経験を踏まえながらお話ししてまいります。2014年1月『親父へ』で、「つたえたい心の手紙」エッセイ賞受賞。

ライター紹介

ゆみ

ゆみ

社会人になって新しいことをしてみたい、新しい自分に出会いたいということで挑戦させていただきました♡

あなたにオススメ

この記事が気に入ったらいいね!しよう♡
ページトップへ戻る