子育てスタイル

強制しちゃダメ!? 子どもに「ごめんなさい」の大切さを教える極意3選

強制しちゃダメ!? 子どもに「ごめんなさい」の大切さを教える極意3選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、海外在住プロママライターのさとうあきこです。

悪いこと・間違ったことをしてしまったら、「ごめんなさい」。これは世の中の常識です。

ただ、わかってはいても上手にその一言を口に出せない子どももいます。

そんなとき、子どもに「ごめんなさいは?」と押し付けるのではなく、「ごめんなさい」の大切さを納得させて自然に謝れる方法を実践しているというパパママに、その極意を教えてもらいました。

170224satouakiko

(1)「ごめんなさい」は負けじゃない

「ごめんなさい」にマイナスじゃなくてプラスの認識を持たせるのがコツだと教えてくれたのが、5歳から13歳まで男女2人ずつ合計4人の子どもの子育て真っ最中のIさん。

『子どもが4人もいれば、毎日が戦争。ケンカも日常茶飯事。兄弟ゲンカだからって決着をつけずに放置しておくと、次のケンカにつながってエンドレスになる。だから、うちでは最初に「ごめんなさい」を言えた子を一番褒めることにしているの』とのこと。

Iさんの家庭では、ケンカの原因が何であっても最終的には両成敗が原則。

さらに、どんなときでも「きちんと謝れる子は褒められる」という図式をしっかりと作ったことで、子どもの心の中に、謝ることに対する「負け」のイメージがなく、気持ちよく「ごめんなさい」を言ってくれるようになったそうです。

(2)「ごめんなさい」は気持ちいい

「ごめんなさい」を言うべき場面で言わずに過ぎてしまうと、いつまでも心にしこりが残ります。

子どももそうとは意識していなくても、「また言えなかった」「次も言えないかも」「ごめんなさいって難しい」と言えない方向にどんどん流されてしまいます。

だからこそ、「ごめんなさい」の一言がいかに気分をすっきりとさせてくれるかを強調するのが効果的だと教えてくれたのは、フランス人のご主人との間に3人の子どもがいるTさん。

『主人は子どもに「ごめんなさい」は魔法の呪文だって教えているんです』と笑いながら話してくれたTさん。

『「ごめんなさい」を言えずにいると気分が悪いけど、「ごめんなさい」と言ってしまえば、気分はすっきりするだろって、魔法がかかるんだって』

子ども騙しにも聞こえますが、実はこれって大人にも通じる呪文になりそうです。

(3)「ごめんなさい」を強制せず、待ってあげる

『「Say sorry!(ごめんなさいって言いなさい!)」は禁句』と語ってくれたのは、4歳と5歳の年子を絶賛子育て中のママYさん。

イギリス人とのハーフの女の子二人はとってもおしゃまで口もたちます。Yさんいわく、『私よりよっぽど英語はうまいから口では負けてしまいそう』なのだそうです。

そんな娘さんたちが友だちとの間でトラブルを起こしたとき、なかなか謝ることができないため、いつも、「Say sorry!」と言い聞かせていたそうです。

『それでも、なかなか謝ってくれなくて……』とためいきまじりに振り返ってくれました。

そんなとき、同じように子育て中の外国籍のママ友が『We can wait(待てるわよ・待ちましょう)』と言ってくれ、戸惑うYさんに、「ごめんなさい」を言わせるのではなく、自発的に言えるまで待ってあげるべきというアドバイスをくれたそうです。

『実際のところ、「言いなさい!」と言われると「言うもんか!」と強情を張るけれど、「言うまで待ってるからね」とにこやかにプレッシャーをかけられるほうが、うちの子たちにはきいたみたい』と話してくれました。

まとめとして

子どもの性格にもよるのかもしれませんが、「ごめんなさい」は強制されるとますます口から出にくくなる言葉のようです。

だからこそ、自発的なごめんなさいを導き出す工夫がポイントになるのですね。

ほとんどの子どもは、ごめんなさいの大切さを知っています。親の役割は、子どもたちが気持ちよく「ごめんなさい」を口にできる舞台を作ってあげることなのかもしれません。

ライター紹介

さとうあきこ

さとうあきこ

子育て、教育、健康、食、仕事、人間関係などなど、海外に場所を移してもやっぱり悩むことは多いし大変。でも、ガッツリ取り組んでみたらなんだかおもしろい! 何かと不便な海外生活の中での工夫の数々と、実際に体験した失敗と成功を元手に、日々多方面へと情報発信中です。フルタイムプロライターとして、またライフワークとして、好奇心のおもむくままに、時には情報の海を、時には世界中を母娘で旅しながら、子育て・自分育てにまい進中。

ライター紹介

REIKO(SORAくん、UTAくん)

REIKO(SORAくん、UTAくん)

男の子2児のママです。ファッションが好きで、夫と子ども2人と仲良く楽しく日々くらしています。

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったらいいね!しよう♡
  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る