子育て関連情報

女児のオムツ替えはNG!? 男性保育士に対するママたちの本音6つ

女児のオムツ替えはNG!? 男性保育士に対するママたちの本音6つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

近ごろ、男性保育士問題が盛んに取り沙汰されているのをご存じですか?

きっかけは、千葉市長の熊谷俊人氏によるSNS投稿でした。2017年1月末に、男性保育士に女児の着替えを担当させないことを望む保護者に対して「差別です」などの発言をして波紋を広げたのです。

千葉市では『男性保育士活躍推進プラン』として、男性保育士も女性保育士と同じように、保育全般を行うこと、子どもの性別に関わらず業務を行うことをすすめています。

それを踏まえての発言だったのですが、このつぶやきは図らずも「男性保育士に娘のオムツ替えや着替え介助をされたくない」と思っている親たちの姿を浮き彫りにしてしまったようです。

さて、実際に保育園にお子さんを通わせているママたちは、男性保育士に対してどのような印象を持っているのでしょうか。

インタビューしてみるとやはり、お子さんの性別によって思いの形は違うようでした。それぞれご紹介していきましょう。

170213iwasawa

男の子のママたちの声

多くの男の子ママたちは、“頼れるお兄さん”的存在の男性保育士に好意的な印象を持っていました。

『年中さんも後半くらいになってくると、男の子たちはかなり体力がついてきます。特にうちの子は体力があり余っていて、担任の女性保育士の遊び方じゃ全然物足りなかったようです。非常勤の男性保育士さんが出勤する日は、たくさんの男子をひとまとめにしてサッカーのミニ試合を行なってくれていました。

息子はその日が大好きで、ほんとにいつも心待ちにしていましたよ。男性のダイナミックな遊び方って、男の子にとっては絶対必要。男の子ママはみんなそう思ってるんじゃないかな』(30代女性/6歳男の子のママ)

『内気で繊細な息子。年長になってから急に、女の先生に対して「トイレに行きたい」と言えなくなってしまったんです。だからといって黙って教室を出てはいけない。苦悶のすえ、漏らしてしまって叱られ、友だちからもからかわれ、登園拒否寸前……ということがありました。

そんなときに力になってくれたのが男性保育士でした。息子がトイレに行きたいようなタイミングで、さり気なく声をかけてくれ、息子も「お兄さん先生になら言えるんだ」と安心していました。男の子のことは、男性に任せたほうがいいときもあると痛感した一件でした』(40代女性/6歳男の子、3歳男の子のママ)

女の子のママたちの声

では、女の子のママたちはどうでしょう。

『熟練の男性保育士&新米女性保育士が担任になったゼロ歳児クラスでの経験です。男性保育士によるオムツ替えを嫌がった保護者が複数いたみたいで、ある日「今後、排泄と着替えの介助は女性保育士が担当させていただきます」とお知らせが来た。排泄状態の確認とか、新米先生の目だけで大丈夫なのかな……と不安になりましたね。優先すべきことを間違えてる気がします』(30代女性/4歳女の子、2歳女の子のママ)

『ごくたまに、男性保育士が事件を起こしたってニュースが入ると、ウチの先生のことが一瞬頭をよぎらないといえばウソになります。でもそのあたりはもう、信頼関係を築いてやっていくしかない。女性の先生に対してだってそうです。私たちは子どもを預ける以上、相手をよく見て考え、感じて、信用に足るか判断しなければなりません。そこに先生の性別は関係ありません』(40代女性/5歳女の子のママ)

『うーん、特に男の先生が必要とは、正直思わないかな……だって、運送業にどうしても女性が必要かといわれたら、そうじゃないでしょ? むしろ、「なんで女性が?」って思いますよね。保育士だって子育ての延長線上にあるもので、もともとは女性のほうが適任なんだろうし、わざわざ男性がやってたら、ちょっと違和感がありますね。それって“差別”じゃなくて“区別”だと思うんですけどね……』(20代女性/3歳女の子のママ)

このように、男の子ママたちとはちょっと違った角度から、距離を持って捉えている人が多いようでした。

また、実際に園とかけあい、行動に移したという方からはこんな話を聞くことができました。

『わが家では園長と相談し、上の娘に対してだけは男性保育士の着替え介助はNGとしました。でも、それは私の意見ではなく、娘自身の希望だったんです。5歳になって急に性差を意識するようになり、男の人に着替えを手伝われるのは嫌だと本人が言ったからです。

園長とよく相談した結果、子ども自身の意思を尊重しようということで、そのようになったんですね。男性保育士問題を語るなら、それが「誰の希望なのか」を考えるべき。オトナの希望、オトナの都合だけで語るものではないと思います』(30代女性/5歳女の子、3歳女の子のママ)


ジェンダー・フリーが叫ばれ始めて久しい昨今ですが、この問題の根は深く、簡単な解決方法はなさそうです。

まずは子どもを持つ保護者ひとりひとりが、“自分はどう思うか”、さらに“自分の子どもはどう感じているのか”をじっくり問いかけてみる必要がありそうですね。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

杉村智子(まさとくん)

杉村智子(まさとくん)

笑いの絶えない毎日を目指しています♪ 子育てをしながら、ママも赤ちゃんも楽しめてhappyになれるように頑張ります♡

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

アクセスランキング

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る