住宅ローン

ベストな借り方は? 知っておくべき“住宅ローン”の種類と特徴3つ

ベストな借り方は? 知っておくべき“住宅ローン”の種類と特徴3つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、FPライターのyossyです。

家を購入する際、多くの人は住宅ローンを利用するかと思います。でも、住宅ローンの種類について理解している人は、意外と少ないものです。

『フラット35』って何? 銀行のローンと何が違うの? といった疑問を抱えている人も多いでしょう。

ここでは、住宅ローンの種類について解説します。

170208yossy

(1)銀行ローン

最もメジャーなのが銀行で借りる住宅ローンでしょう。

各銀行がそれぞれの特色をもって商品を展開しているので、金利や諸費用、繰り上げ返済のしやすさなど、条件にバリエーションがあります

物件を購入する不動産会社と提携しているローンがあることも。手続きがスムーズになったり、金利がお得になったりするケースもあるため、まずは提携ローンについて確認しておくといいですね。

金利のタイプは、主に次の3種類があります。

・変動金利型(半年ごとに適用金利が見直され、5年ごとに返済額が見直される)
・固定期間選択型(一定期間金利が固定され、その後は原則変動金利に)
・全期間固定型(完済するまで金利が一定に保たれる)

なお、『団体信用生命保険』(返済途中で死亡、もしくは高度障害になった場合、残高を保険会社に支払ってもらえる)への加入は必須となっています。

自分にとってベストな選択肢を選びたいと思う人は、バリエーションの多い銀行ローンの情報を集めて検討してみるといいでしょう。

(2)フラット35

住宅金融支援機構と民間金融機関とが連携して融資を行うのが、『フラット35』です。

基本的に商品は全国共通ですが、金利や手数料、手続き等の条件は、取り扱う金融機関によって変わります。

・金利は全期間固定型のみ
・保証料・保証人が不要
・繰り上げ返済手数料無料
・団体信用生命保険は任意加入

といった特徴があります。

団体信用生命保険への加入が必須だと、場合によっては病気等の理由で加入ができないこともあるでしょう。

フラット35は団体信用生命保険への加入が任意なので、銀行ローンよりもより幅広い人に向けて門戸が開かれているといえるでしょう。

(3)財形住宅融資

財形貯蓄制度を1年以上利用しており、残高が50万円以上ある人は、財形住宅融資を利用できる場合もあります。

たとえば、

・満70歳未満である
・勤務先から住宅に関する援助を受けられる

などの条件を満たす必要があるため、検討している人はよくご確認を。

返済しているあいだ、5年ごとに適用金利が見直されます(5年固定金利制)。

一定の条件を満たした場合、子どもがいる世帯は当初5年の金利が年0.2%引き下げられる優遇制度があります(平成30年3月の申し込みまで)。

他の住宅ローンと併用できる、といったメリットも。


住宅ローンの仕組みは何かと複雑ですが、大きな額を借り入れるケースが多いからこそ、ベストな選択をしたいですね。ぜひ参考にしてみてください。

【参考リンク】
住宅・マイホーム購入におけるローンの種類 | SUUMO
いまさら聞けない 住宅ローンの種類 | ミサワ分譲ナビ
【フラット35】とは | 長期固定金利住宅ローン【フラット35】
財形住宅融資 | 住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)

●ライター/yossy(フリーライター)
●モデル/KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

アクセスランキング

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る