調理器具

使用頻度を見極めて分別! キッチンツールを効率良く片付けるテクニック

使用頻度を見極めて分別! キッチンツールを効率良く片付けるテクニック

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。整理収納アドバイザーの澤田真美子です。

キッチンでは、食材を洗ったり切ったり調理したりします。また、食事の後は、食器を洗ったりしまったりと、さまざまな作業工程を行う場所でもあります。

その結果、キッチンで使う道具はどうしても増えがちです。さまざまな作業を効率良く行うために、便利グッズを使うことも多いのではないでしょうか?

170203sawadamamiko

収納のお悩み、キッチンが第2位!

アイリス収納インテリアドットコムが行った「収納の悩みに関するアンケート」調査で、「収納に困っている場所はどこか?」という質問をしました。

その結果、「キッチン」という回答が第2位、「収納に困っている物は何か?」という質問に対しては、「調理器具」という回答が第4位でした。

このことから、キッチンの調理器具の収納に悩んでいる人が多くいるということが分かります。

そこで今回は、キッチンツールの片付け・収納について考えてみたいと思います。

キッチンツールを一度すべて出し、ひとまとめにする

引出しや戸棚、フックなどにひっかけているキッチンツールをすべて1か所にまとめ、箱などにひとまとめにします。そのままの状態で調理をします。

何か道具を使うときは、ひとまとめにしたところから取り、使ったらキッチンの1番上の引き出しにしまいます

引き出しにしまったものを再度使いたい場合は、もちろん引き出しから取り出し、使った後は引き出しにもどします。

奥にしまった方がいいかなとか、並べてしまった方がいいかな、ということはこの段階では考えなくて大丈夫です。この段階では“仮置き”という状態です。

ひとまとめにしたところから使うものだけ取り出す、という方法で1週間、過ごしてみる

最初は不便に感じるかもしれませんが、頻繁に使っているものは引き出しの方に入っているということに気がつくと思います。

1週間、この状態で作業してみてください。

1週間後、引き出しの中に入っているものは、頻繁に使っているものであるということが分かります。

引き出しに入っているものを収納していく

引き出しに入っているものを、使いやすいように収納していきましょう。

引き出しに収納する場合は、トレイを使い、種類別に収納していくと取り出しやすくしまいやすい収納になります。

また、引き出しの1番上にしまったのは「とりあえず」の仮置きなので、使いにくい場合はフックなどを使って吊下げる方法もよいと思います。

引き出しに入らなかったものを検証してみる

最後にひとまとめにしたもののうち、残っているものを検証していきます。

この1週間使わなかったということは、頻繁に使う可能性は非常に低いものと考えます。

もし、壊れていたり、何かピースが欠けていたりして使えないというものであれば、思い切って処分してしまうようにしましょう。

もし、それが「思い出のもの」で捨てられないのであれば、それはキッチンツールとして収納するのではなく「思い出のもの」として収納します。

また、シーズンによって使う頻度が変わってくるものもあると思います。そういった使用頻度の低いものは、使用頻度の高い「よく使うもの」とは分けて、別の場所に収納するのがおススメです。

キッチンツールは使用頻度別収納がおススメ!

毎日使うキッチンツール。必要なものをすぐに取り出すことができると、家事もはかどり、おいしいごはんを作ることができます。

お家の中で、キッチンはいつの間にかモノが増えがちな場所のひとつです。

ご紹介したように、必要なもの、よく使うものをすぐに取り出せるよう、使用頻度別収納がオススメです。参考にしていただければ幸いです。

【参考リンク】
みんなの収納の悩みは?~アンケート結果から~ | アイリス収納・インテリアドットコム

●ライター/澤田真美子(整理収納アドバイザー)
●モデル/KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る