片付け

“さしすせそ”がキー! 物を捨てられない実家の両親への対処法

“さしすせそ”がキー! 物を捨てられない実家の両親への対処法

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。婚活コンサルタントの菊乃です。

年末年始に帰省してみて、年々実家が散らかっていくように感じます。同じような方も多いのでは?

帰省すると野菜、食料品などをもらうのですが、それが入っているジップロックは何回目の使いまわしか分からない……。

別の親戚からもらった手作り柚子ジャム。喉に優しくてこれはこれでうれしいけれど、その瓶は元はブルーベリージャムが入っていたようでうっすらと賞味期限が「2014年」と読める。

ラベルには上からさらに「ココア」と上書きされておりました。すくなくともこの瓶にとって、柚子ジャムは3代目の入居者のようです。

「この前さぁ」が数年前のエピソードであることも少なくない60〜70代の方々のお宅には、「なんで、これまだ捨てないの!」と言いたくなるような物があふれています。本人たちにとっては“最近”買ったものなのです。

今回は、そんな親の家の片づけについて“捨活アドバイザー”の岡田敏子さんにお聞きしました。

岡田さんは家が散らからないようにするため「捨てる・減らす・管理しない」を段階的にレッスンしていく捨活トレーニングの個人レッスン、講師を行っております。

170202kikuno

片付けをしぶる親には「さ・し・す・せ・そ」が大事

親世代はモノを大事することを叩き込まれた世代。「要らなかったら捨てちゃえば」と簡単にいっても捨てられません。親としてのプライドもあります。

大事なのは親とのコミュニケーションです。なぜ捨てられないのか、片付けが進まないことに焦らずに親の思いに共感して耳を傾けてみましょう

よくあるのが大きな娘さんが「はいはい。分かったから」と聞き流しているケース。そういう態度をとっていると、片付けから親子喧嘩に発展して全く片付けが進みません。

そんなときに大事なのが「さ・し・す・せ・そ」です。

「さ」……「さすがぁ!」
「し」……「知らなかった!」「上手なのね」
「す」……「すごいね」「素敵だね」
「せ」……「絶対次はできるから大丈夫」
「そ」……「そうだね!」

と親の気持ちに共感し、同意し、褒めて励ましてみましょう。自分の意見を押し付けることのないように。


なんだか婚活・恋愛で私が「リアクションが大事、迷ったら“さ・し・す・せ・そ”だよ」と言っているのとまったく同じですね。岡田さんありがとうございます。

【取材協力/岡田敏子】
スマイルファクトリー代表。捨活トレーニング等についての講師、執筆、アドバイス等を行う。 努力を結果に結びつけるための「捨てる・減らす・管理しない」を段階的にレッスンしていく方法で、捨てる力をアップさせて人を成長させる講師・コンサルタントとして活動中。「持ちすぎない。溜め込まない。しがみつかない。」捨活メソッドを1,000人以上に教えている。
著書に『親の家は片付けるな。』『マンガでわかるはじめての片付け』(共にリンダパブリッシャーズ)等。
・公式ホームページ:幸せになれる捨活トレーニング

●ライター/菊乃(婚活・恋愛コンサルタント)
●モデル/福永桃子

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったらいいね!しよう♡
  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る