食材の豆知識

捨てたらもったいナイ!? 皮や茎まで利用できる野菜&果物4つ

捨てたらもったいナイ!? 皮や茎まで利用できる野菜&果物4つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。婚活コンサルタントの菊乃です。

野菜が高いですね。そんなときだからこそ、いつもなら捨ててしまっているかもしれない野菜の皮、茎に注目してみましょう。

170126kikuno

ブロッコリーの茎

今まで捨てていたのを後悔しております。それは、ブロッコリーの茎! 漬物で食べたときはおいしくてびっくり。

葉物は過熱すると量が減るのに対し、ブロッコリーの茎は過熱しても量が減らないのでそこもうれしいですね。

青臭いかと思っておりましたが、クセもないし、グリーンスムージーに入れてもおいしい。炒めても、茹でても、漬けても、揚げてもおいしい。

どうして、これを今まで捨てていたのだろうと思います。

色は淡い緑なので、ブロッコリーの茎と言わないと家族は気が付かないかも。

大根の皮

冬場は甘くておいしい大根。おでんなどに使うときは、皮を剥くでしょう。この皮でも一品作れます。

皮を千切りにして、ごま油で炒めて醤油と砂糖で味付けすればきんぴらになります。漬物にしてもおいしいです。

歯ごたえがあって、ご飯がすすむ一品ですね。

キャベツの外の葉

スーパーでもキャベツ売り場には、外側の葉を捨てるゴミ箱が用意されていることもありますよね。ぜひ、そこを剥かずに外側の葉っぱが付いたまま買って来てみましょう。

ビニール袋に、外側の葉を1口サイズに切って入れ、塩昆布とごま油を入れて揉み、30分ほど放置するだけでサラダになります。水分も少なくてお弁当のおかずにぴったり

苦みがあり、生では食べにくい外側の葉も、ちょっとしたひと手間で食卓の一皿、お弁当のおかずに早変わり。

ミカンの皮

冬の果物ミカン。この皮も再利用できます。

ミカンの皮2個分を200ccの水で茹でます。15分ほど茹でて冷えたら、ザルでこします。スプレー容器などに入れて、ガス台や電子レンジの中の掃除に使えます。

また、フローリングのツヤだしやお風呂の水垢落としにも使えます。

そういえば、昔買ったことがあるキッチン清掃グッズは“オレンジ成分入り”でオレンジの香りがしました。自分で作れたのですね。


江戸時代から伝わる切り干し大根や漬物などは、皮を剥かないで作るでしょう。野菜の皮を剥くことが広まったのは戦後だそうです。

栄養も多く取れますので、ぜひ皮や茎も活用してみましょう。

【参考リンク】
野菜は皮に栄養があるの? | JAグループ福岡

●ライター/菊乃(婚活・恋愛コンサルタント)
●モデル/いちご姫(いちごショートくん)

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る