料理

【映画『恋妻家宮本』×日本パパ料理協会】「妻に恋する男たち」最終回 ~実証済み! 妻が喜ぶ“恋妻家料理”レシピ~

【映画『恋妻家宮本』×日本パパ料理協会】「妻に恋する男たち」最終回 ~実証済み! 妻が喜ぶ“恋妻家料理”レシピ~

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

パピマミをご覧の既婚男性の皆さん、妻に恋してますか?

夫が妻に作る“料理”がカギとなる1月28日公開の映画『恋妻家宮本』と、パパが作った料理を家族みんなで食べる“共食維新”を掲げ、パパ料理の普及を目指す『日本パパ料理協会』がコラボレート。

料理を通じて、夫婦のコミュニケーションを高めるためのヒントを3回シリーズで紹介してきましたが、いよいよ今回が最終回となります! 最後までお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

料理がつなぐ夫婦の絆

メインカット

『恋妻家宮本』とは――。

阿部寛さん、天海祐希さんという豪華なキャストが夫婦を演じることでも話題の映画『恋妻家宮本』。

優柔不断な中学校の国語教師、宮本陽平(阿部寛)と妻の美代子(天海祐希)は大学時代に知り合い結婚。

27年の時を経て、1人息子の結婚をきっかけに夫婦水入らずとなったものの、できちゃった婚だったため、結婚後初めての二人だけの生活はなぜかギクシャク。

互いにうまく伝えられない思いを抱えながら日々を過ごしていたある日、陽平が美代子の書いた離婚届を発見してしまったことから、改めて夫婦について考えていくことになるのです。

『家政婦のミタ』『女王の教室』『○○妻』など数々のヒットドラマの脚本を手掛けてきた遊川和彦さんがベストセラー作家・重松清さんの『ファミレス』を原作に、脚本だけでなく、初めて監督まで挑戦した作品です。

恋妻家料理は家ごとに違う

スクリーンショット 2017-01-19 17.57.17

そんなこの作品でカギを握っているのが“料理”。

主人公の陽平は、新たな趣味として通っている料理教室で習った料理を妻の美代子に作ります。

夜、一緒にお酒を飲む二人の前に並ぶおいしそうなおつまみの数々ですが、美代子は微妙な反応しかしてくれません。これほど凝った料理を作ったのに、いったいなぜ?

しかし、この陽平が作った料理が、すべての妻に喜んでもらえないわけではありません。美代子にとっては喜べるメニューではなかっただけです。

二人として同じ人間がいないように、同じ夫婦は二つとしてありません。もちろん、同じ妻もいません。

それぞれに好みもあれば、それぞれに食べたいタイミングもあるのです。ハッキリ言って難しすぎます(汗)。

では、常日頃、妻へ料理を作っている日本パパ料理協会に所属する飯士たちは、具体的にどんな恋妻家料理で妻を喜ばせてきたのでしょうか?

今回は、過去、妻を喜ばせることに成功したパパ飯士たちのレシピを紹介します!

妻の郷愁を誘う関西風雑煮~五十嵐パパの場合〜

五十嵐①

結婚3年目に迎えたお正月。当時、妊娠中で苦労が絶えなかった妻のために五十嵐パパは一念発起します。

もともと料理は好きだった五十嵐パパですが、そのときばかりは最高のものを食べてもらいたいと、わざわざ築地まで行って食材を選んだそうです。

作ったのは“お雑煮”。シンプルな一品ではありますが、そこには五十嵐パパの愛情が詰まっていました。

関東出身の五十嵐パパは、それまでお雑煮を作るときはカツオだしをひいていたのですが、関西出身の妻を喜ばせようと、昆布だしにチェンジ!

慣れないながらも築地で買ったいい昆布で丁寧にダシをひき、妊娠中の妻を思い、優しいお雑煮を仕上げたのです。

事前に予告されていなかった妻はもちろん喜んで完食。懐かしい味を存分に楽しんでくれたそうです。

<五十嵐パパ流・関西風雑煮のレシピ>

【食材】
・水
・カマボコ
・こんにゃく
・大根
・ごぼう
・新巻鮭(あらまきじゃけ)
・いくら
・お餅

【調味料】
・だし用昆布1枚
・みりん
・醤油
・料理酒

【手順】
1.昆布でダシをひく

2.食材をカット
カマボコは角切り。こんにゃく、大根は細く板状に切る。新巻鮭もサイコロ状に切る。ごぼうは笹がき。

3.だし汁にカットした食材を投入
しばらく煮たら、みりんと醤油を1対1の割合で入れて、料理酒大さじ4杯を入れ、またしばらく煮る。

4.最後にふかしたお餅を入れていくらをのせて完成


食材的には五十嵐パパが食べ慣れたものだったそうですが、ダシを変えることで恋妻家料理に。

それまでは主にカレーやシチューを作っていたという五十嵐パパの思いがあふれるこの逸品は、言うなれば“恋妻雑煮”だったのでしょう。

結婚のきっかけを作ったアクアパッツァ~勝間パパの場合〜

勝間

勝間パパは、結婚から4年経った今でもことあるごとに妻からある料理をリクエストされるそうです。

その料理は“アクアパッツァ”。実はこの料理には二人の思い出が詰まっているのです。

勝間パパが初めて妻に“アクアパッツァ”を作ったのは、結婚する前、まだ付き合い始めたばかりのころでした。その当時は言い合いになることも多く、よくケンカをしていた二人。

あるとき、ケンカをしてお互い連絡を取らない期間がしばらく続き、「もう終わりかなぁ〜」なんて思っていたタイミングで妻から勝間パパに「ご飯作ってうちで食べませんか?」というメッセージが届きました。

かつて料理人をしていた勝間パパは、これはチャンスと誘いを受けることにしました。一緒に商店街に買い物に行って、狭いキッチンで作ったのがその“アクアパッツァ”。

実はケンカの原因は勝間パパ自身の劣等感だったそうなんですが、その思いを察した勝間パパの妻は、得意分野の料理を振舞う場を作って、その劣等感を払拭してくれたのです。

別れの危機から起死回生の逸品で絆が深まった二人は、一緒に住むようになり、その年には入籍。今でもその思い出の料理を二人で楽しむ機会が多いそうです。

<勝間パパ流・アクアパッツァのレシピ>

【食材】
・白身の魚(鯛、スズキなど)
・アサリ
・プチトマト(ドライトマトならベター)
・黒オリーブ
・ケッパー
・イタリアンパセリ(普通のパセリでも可)
・オリーブオイル
・塩、コショウ

【手順】
1.魚に塩・コショウしてフライパンで皮目からソテー

2.魚に焼き色がついたらアサリを入れる

3.アサリが開いて出汁がでてきたら黒オリーブ、ケッパーを加え魚が半分浸るくらい水を加える

4.水が半分くらい煮詰まったらオリーブオイル、イタリアンパセリを加え完成


二人の間に結婚する前からの思い出の料理があると、それはもう鉄板ですよね。特に元料理人ということで味は確か。妻からしてみたらたまらないんじゃないでしょうか?

大切なのは、妻が喜んでくれることを考えて料理を作ること

お二人が所属する日本パパ料理協会のFacebookとInstagramでは、“恋妻家”であるパパ飯士たちが妻に作った料理の写真をアップしていく『恋妻家料理のススメ』キャンペーンを実施中。

お二人のような素晴らしい恋妻家料理のヒントを見つけることができるかもしれません! ぜひチェックしてみてください!

妻に恋するパパ料理飯士たちの恋妻家料理エピソードの数々。楽しんでいただけましたでしょうか?

いろいろなお話を聞いていると、どうやら大切なことは手の込んだおいしい料理を作ることではなく、目の前にいる妻のことをよく知って、他の人はさておき“自分の妻が喜んでくれることを考えて料理を作ること”なんだと感じました。

ぜひ皆さんも、これを機に自分の妻のことをもう一度知るところから始めてみてはいかがでしょうか?

【取材協力/日本パパ料理協会】

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%8f%e3%82%9a%e6%96%99%e7%90%86%e5%8d%94%e4%bc%9a%e7%b4%a0%e6%9d%90

公式Facebook

【映画】
『恋妻家(こいさいか)宮本(みやもと)』2017年1月28日(土)全国ロードショー
監督・脚本:遊川和彦
原作:重松清『ファミレス』上下(角川文庫刊)
出演者:阿部寛、天海祐希/菅野美穂、相武紗季、工藤阿須加、早見あかり、奥貫薫、佐藤二朗/富司純子 他
上映時間:1時間57分
公式サイト

●ライター/杉山ジョージ(兼業主夫放送作家)

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る