料理

【映画『恋妻家宮本』×日本パパ料理協会】「妻に恋する男たち」その2 ~妻が喜ぶ“恋妻家料理”を作った夫たち~

【映画『恋妻家宮本』×日本パパ料理協会】「妻に恋する男たち」その2 ~妻が喜ぶ“恋妻家料理”を作った夫たち~

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

パピマミをご覧の既婚男性の皆さん、妻に恋してますか?

夫が妻に作る“料理”がカギとなる1月28日公開の映画『恋妻家宮本』と、パパが作った料理を家族みんなで食べる“共食維新”を掲げ、パパ料理の普及を目指す『日本パパ料理協会』がコラボレート。

料理を通じて、夫婦のコミュニケーションを高めるためのヒントを3回シリーズで紹介していきます。

夫婦の間にある“料理ギャップ”

メインカット

『恋妻家宮本』とは――。

阿部寛さん、天海祐希さんという豪華なキャストが夫婦を演じることでも話題の映画『恋妻家宮本』。

優柔不断な中学校の国語教師、宮本陽平(阿部寛)と妻の美代子(天海祐希)は大学時代に知り合い結婚。

27年の時を経て、1人息子の結婚をきっかけに夫婦水入らずとなったものの、できちゃった婚だったため、結婚後初めての二人だけの生活はなぜかギクシャク。

互いにうまく伝えられない思いを抱えながら日々を過ごしていたある日、陽平が美代子の書いた離婚届を発見してしまったことから、改めて夫婦について考えていくことになるのです。

『家政婦のミタ』『女王の教室』『○○妻』など数々のヒットドラマの脚本を手掛けてきた遊川和彦さんがベストセラー作家・重松清さんの『ファミレス』を原作に、脚本だけでなく、初めて監督まで挑戦した作品です。

料理ギャップを乗り越えろ!

スクリーンショット 2017-01-13 12.37.35

そんなこの作品でカギを握っているのが“料理”。新たな趣味として料理教室に通っている陽平は習ってきたいろいろな料理を美代子に作りますが、肝心の美代子は微妙な反応。

これって多くの夫婦が体験している“夫婦間の料理ギャップ”なのではないでしょうか?

育ってきた環境も違えば、味の好みも違う。一緒にご飯を食べる機会が多くても、ちゃんと気にしていないと意外とわかっていないものですよね。

でも! 妻に恋する夫ならそのギャップを乗り越えなければいけません!

常日頃、妻へ料理を作っている日本パパ料理協会に所属する飯士たちは、それを乗り越えるためにいったいどんな料理を選んで作っているのでしょうか?

妻の憧れを叶える愛情ミートボール~樋口パパの場合〜

樋口②

樋口パパの妻は5人兄弟の4番目。実家は質素な生活をモットーにした節約生活をしていたそうです。

そんな妻の子どものころの思い出の料理が、朝ごはんに食べていた市販の“ミートボール”。

これをおかずに食べる白飯が本当においしかったと話していたのですが……よくよく話を聞いてみると、ミートボールの味の話が出てこない。

そう、肝心のミートボールは上の兄弟の弁当に詰められてしまっていて、朝ごはんにまわってくるのは、残りのタレのみ。

実は、“ミートボール”ではなく“ミートボールのあま~いタレ”をご飯に絡めて食べるのが好きだったそうなんです。

でも、もちろん本当のところは、子どものころからちゃんとミートボールが食べたかったとのこと。

それを聞いた樋口パパ。そんな思い出を語る妻に悲願のミートボール入りの弁当を持たせてあげようと腕によりをかけて作ったのです!

みりんを多めに入れて甘みを強調し、水溶き片栗粉で白飯に絡みつく強いとろみをつけるのが妻の好感ポイントだそうです。

このミートボール自体がおいしいのはもちろんのこと、何より幼いころの思い出や憧れを実現しているという“夫の心意気”こそが最高のスパイスになっているのは言うまでもないでしょう。

今まで聞いたことがないという人も、一度、妻の“思い出グルメ”を聞いてみてはいかがでしょうか?

妻の窮地を救う豚丼~笠原パパの場合〜

笠原①

それは結婚10年目。笠原パパの妻が偏頭痛でダウンしたときのこと。

その日の笠原パパは朝早い仕事を終え帰宅。夕方から家族で参加する夕涼み会のためにバタバタしていたのですが、どうも妻の顔色が良くない。

そんな状況を知らない当時6歳の娘からは「おなかがすいた~!」という声が聞こえてきました。

料理をするようになってちょうど楽しくなってきたところだった笠原パパは腕まくり!

「任せておけ!」と、勢いよく冷蔵庫を開けて中を見回すと、良さそうな豚ロースを発見! 苦しそうな妻と、お腹を減らした娘に豚丼を作ったのです。

使った豚ロースが思いのほか高級だったこともあり、娘は豚丼にご満悦。無事に妻の窮地を救ったそうです。

料理のレパートリーや味はもちろんのこと、シチュエーションも大切。妻が窮地に陥っているときこそ夫としては腕の見せ所なわけです。

しかし! この話には続きがあるんです。ちょうど豚丼ができたころ、休んでいた妻がやってきて「何か作ってくれてるの?」と尋ねられたので、「あぁ、冷蔵庫にあるもので簡単にね」と得意げに話したところ、「えっ、その豚ロース使っちゃったの? それは今週にカツを揚げようと考えて買っておいたとっておきの良いお肉だったんだけど……」。

妻からすると、とてもありがたいシチュエーションではあったのですが、ほんの少しだけがっかりさせてしまった部分もあったそうです。

笠原パパはこれをきっかけに、料理をするときはちゃんと夫婦でコミュニケーションを取ることを大事にしよう! と考えているそうです。

もちろん、こういうコミュニケーションも妻に喜んでもらうためには重要なので、大切なポイントですよね。


お二人が所属する日本パパ料理協会のFacebookとInstagramでは、“恋妻家”であるパパ飯士たちが妻に作った料理の写真をアップしていく『恋妻家料理のススメ』キャンペーンを実施中。

お二人のような素晴らしい恋妻家料理のヒントを見つけることができるかもしれません!

次回も、日本パパ料理協会の飯士たちが作った恋妻家料理とその裏側にあるストーリーを紹介していきます!

【取材協力/日本パパ料理協会】

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%8f%e3%82%9a%e6%96%99%e7%90%86%e5%8d%94%e4%bc%9a%e7%b4%a0%e6%9d%90

公式Facebook

【映画】
『恋妻家(こいさいか)宮本(みやもと)』2017年1月28日(土)全国ロードショー
監督・脚本:遊川和彦
原作:重松清『ファミレス』上下(角川文庫刊)
出演者:阿部寛、天海祐希/菅野美穂、相武紗季、工藤阿須加、早見あかり、奥貫薫、佐藤二朗/富司純子 他
上映時間:1時間57分
公式サイト

●ライター/杉山ジョージ(兼業主夫放送作家)

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る