マタニティグッズ・ウェア

出産祝いに最適! もらって嬉しい“マタニティボックス”の特徴と活用法

出産祝いに最適! もらって嬉しい“マタニティボックス”の特徴と活用法

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、ママライターのパピルスです。

あわただしい年末年始が終わり、子どもたちの学校が始まって、ようやく2017年の日常生活がスタートした感じですね。

先日、学生時代の友人と集まった際に、最近のおしゃれな育児事情の話になりました。

中でも、友人の妹さんが出産祝いにいただいた『マタニティボックス』がすごかったとのこと。

友人曰く、「自分の時代にあれば、絶対に欲しかった」というマタニティボックスですが、調べてみると数年前からじわじわと人気が広がっている様子です。

今回は出産祝いにも喜ばれる便利でおしゃれなマタニティボックスとはどんな物なのか、中身や活用法などをご紹介したいと思います。

170117papirusu

『マタニティボックス』とは?

マタニティボックスの発祥は北欧の福祉先進国・フィンランドです。

フィンランドといえば、子どもの支援活動を行う国際NGO『セーブ・ザ・チルドレン』が発表する「お母さんにやさしい国ランキング」で2013年、2014年と2年連続で1位を獲得しています。

そのフィンランドでは、政府(フィンランド社会保険庁)から妊婦さんに『アイティウスパッカウス』という大きな箱詰めの育児グッズの詰め合わせセット『育児パッケージ』が無料でプレゼントされる制度があり、なんと70年以上も続いているのだそう。

この大きな箱は中身を出すと赤ちゃんの専用ベッドになるという優れもの!

妊婦さんは140ユーロの現金支給を選択することもできるのですが、ほとんどの方が育児パッケージを選択するのだそう。

フィンランドでは、この育児パッケージを受け取るには妊婦検診が必要なことから、検診を受けるきっかけになり、妊産婦や乳児の死亡率が大きく改善したそうです。

マタニティボックスの中身は?

気になるフィンランドのマタニティボックス(育児パッケージ)の中身ですが、なんと4万円相当のベビー服やケア用品など“育児のスターターキット”といえる物が約50点入っています。

フィンランド社会保険庁のホームページで公開されている2016年バージョンの育児パッケージを見てみると、

・冬のアウターウエア
・寝袋(毛布)
・ロンパーススーツ2枚
・各種ボディスーツ9枚
・ズボン6枚
・タイツ
・靴下
・寝具
・リネン類
・バスタオル
・おむつカバー
・食事用スタイ
・おもちゃ
・絵本
・体温計
・湯温計
・歯ブラシ
・爪切り用ハサミ
・ヘアブラシ
・生理用ナプキン

などなど、至れりつくせりです。

ボディスーツも前開きの物からかぶりの物まで、月齢に合わせて使用できるように各種取り揃えられています。

そしてこれらを入れているかわいい絵柄の大きな箱が赤ちゃんのベッドとして使用できるという点が、マタニティボックスのユニークな特徴です!

日本でも手に入る?

フィンランド政府からフィンランドの妊婦さんに支給されるマタニティボックス(育児パッケージ)は、さすが北欧デザインの国。なんといってもデザインがかわいい!!

ちゃんと男の子用・女の子用でデザインや色合いも考えられています。見ているだけで欲しくなってしまいます。

実は日本の妊婦さんも、フィンランド政府支給の物とほぼ同じ『育児パッケージ』を、フィンランドの会社から購入することが可能です。

しかも、世界中の赤ちゃんが快適に使用できるよう、出産予定日や住まいの場所(国)の気候に合わせて、内容をアレンジしてお届けしてくれるというのがうれしいですね!

ムーミン好きにたまらない「ムーミンバージョンセット」もあります。フィンランド製のマタニティボックスは50,000円から70,000円(送料無料、税金、関税含む)です。

日本国内で販売されているマタニティボックスは10,000円弱のセットから品数によって60,000円~70,000円くらいのセットまであり、ベビーバスや哺乳瓶など日本での育児を想定して作られているという安心感がありますね。

箱はフィンランド製同様に赤ちゃんのベッドとして使用でき、箱にぴったりサイズのマットやお布団もついているセットがあります。

どんな風に活用できる?

みなさん、マタニティボックスをどのように活用しているのか調べてみました。

・出産前も仕事で忙しい妊婦さん、安静にしていないといけない妊婦さんが、出産準備品を一つひとつ買い集める手間をかけずに揃えるケース。

『出産前にも仕事で忙しくしていたので、ベビーグッズを一つひとつ買い集めることがプレッシャーになっていた。マタニティボックスの存在を知って、そのプレッシャーから解放された』

・妊婦さんのために、両親や婚家の両親からプレゼントしたケース。

『今の育児ではどんな物が主流なのかわからないので、出産祝いに贈るものを悩んでいた。厳選された物がセットになっているので便利だと思い、プレゼントした』

・職場の皆で購入してプレゼントしたケース。

『出産のために退職する同僚に、職場の皆でお金を出し合ってマタニティボックスを購入。金額的に一人では贈るのが難しいセットでも、皆でお金を出し合ったので予算内で購入できた。出産直後から1年間くらい使えるので、とても喜ばれた』

・第2子のベビーベッドとして購入したケース。

『3歳の上の子の寝相が悪いので、赤ちゃんの近くに転がっていかないか不安でした。その点、マタニティボックスを赤ちゃんのベッドとして使うのは便利だと思い購入。大きなベビーベッドを置くスペースも必要なく、ベッドとして使った後は収納ボックスにもできるのが魅力』

フィンランドでは70年もの間、赤ちゃんはこのマタニティボックスをベッド替わりに育ってきたそうですから、実績的にも安心感がありますね。


いかがでしょうか?

実は日本国内でも『マタニティボックス』『育児パッケージ』を行政が配布するという動きが徐々に広がりつつあります。

浦安市では出産予定日2か月前(妊娠32週以降)の妊婦さんが「子育てケアプラン」を作成すると、『こんにちは あかちゃんギフト』としてマザーズバッグ・肌着・靴下・Tシャツ・スタイなどのセットがプレゼントされます。

また、東京都文京区では『文京区版ネウボラ事業』の一環として区内在住の妊婦さんに育児パッケージをプレゼントする事業が始まりました。こちらの中身はミキハウス製の肌着セット・マルチケット・授乳ケープです。

実際に育児用品がもらえるという点だけでなく、「出産を祝福されている」「赤ちゃんを迎え入れる気持ちが伝わってくる」と妊婦さんが感じるなど、精神面での嬉しい効果もあるようです。

出産祝いに悩んでいる方は、マタニティボックスを選択肢の一つに考えてみても良いかもしれませんね。

【参考リンク】
Personal care items – Maternity package 2016 | kela.fi
こんにちは あかちゃんギフト | 浦安市公式サイト

●ライター/パピルス(フリーライター)
●モデル/椎葉咲子(苺乃ちゃん、胡桃ちゃん)

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

アクセスランキング

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る