エンタメ

ガッキー踊らないの? 第67回紅白歌合戦でガッカリしたことランキング

ガッキー踊らないの? 第67回紅白歌合戦でガッカリしたことランキング

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

2016年の大晦日に放送された第67回紅白歌合戦は最高視聴率が40.2%を記録して話題となりましたが、皆さんは見ていましたか?

SMAPの出場が期待されたり、ハーフタイムショーが新しく導入されたりと、放送前から何かと話題になりましたが、それが功を奏したのか、2016年に放送された番組で一番視聴率が高かったようです。

しかし、そんな好調なデータの裏では、「歴代で一番つまらなかった」という声もチラホラ……。

楽しみにしてたのに実際に紅白が始まってみると正直ガッカリしたという人は少なくないようです。

そこで今回は、パピマミ読者の皆さんに「第67回紅白歌合戦で一番ガッカリしたこと」について聞いてみました!

160109ranking

第67回紅白歌合戦で一番ガッカリしたことは?

・1位:採点方法がおかしかった……22%(50人)
・2位:ゴジラネタがつまらなかった……19%(44人)
・3位:星野源と新垣結衣の「恋ダンス」がステージ共演ナシだった……13%(30人)
・4位:司会がグダグダだった……13%(29人)
・5位:SMAPが出場しなかった……11%(26人)
・6位:大御所であるタモリをうまく使えてなかった……7%(17人)
・7位:嵐が大トリだった……4%(10人)
・8位:ガッカリしたことはない……3%(8人)
・9位:ピコ太郎が出過ぎだった……3%(7人)
・10位:宇多田ヒカルが中継だった……2%(5人)
・11位:選曲が古いものばかりだった……1%(3人)

※有効回答者数:229人/集計期間:2017年1月5日〜2017年1月6日(パピマミ編集部)

1位:採点方法がおかしかった

『最後の採点、なにあれ? 会場も視聴者も圧倒的に白組だったのに審査員の票でなぜか赤組の勝利……視聴者はもちろん、白組のアーティストは納得いかなかっただろうね』(34歳男性/IT)

『完全に視聴者を無視した採点方法だったと思います。受信料払ってるのにこんなことってあります?』(31歳女性/専業主婦)

第67回紅白歌合戦でガッカリしたこと1位は『採点方法がおかしかった』で22%(50人)という結果に!

これはネット上でも大炎上していましたね。結果発表の瞬間、司会者・会場・視聴者全員がポカンとしました。

そもそも紅白の採点方法が分からないという人のために、まずは第67回紅白歌合戦で使われた採点方法についてお話しします。

採点の基準は大きく分けて、審査員票(11票)、視聴者投票(2票)、会場投票(2票)の3つで合計15票となります。

このうち、視聴者投票と会場投票は

【視聴者投票】
・紅組……2,527,724票
・白組……4,203,679票

【会場投票】
・紅組……870票
・白組……1,274票

となり、圧倒的に白組が勝利していました。これを見て紅組司会の有村架純さんも白組が勝つと思い込んでいたようですが、その後の審査員票で9人が紅組に入れたことでなんと紅組が逆転勝利。

最終的な票数は、

・紅組……9票(すべて審査員票)
・白組……6票(会場投票+視聴者投票+審査員票)

という結果に。

単純な投票数だけで見ると150万票以上の差をつけて勝利していた白組が、審査員のたった9票で紅組に負けるという意味不明な決着となり、誰もが事態を飲み込めないまま放送は終了となりました。

NHK側もいろいろ試行錯誤しながらこの採点方法にしたのだとは思いますが、これではあまりにも視聴者を無視した形に感じられますね。

2017年の第68回紅白歌合戦では改善されているように期待しましょう。

2位:ゴジラネタがつまらなかった

『せっかくゴジラネタを使っているのに、司会者とか出演者との息が合ってなくてめちゃめちゃ寒かった。とくに茶番をさせられたXJAPANがかわいそう』(41歳女性/販売)

『武田アナの「ゴジラマイク!」でなんとか救われたものの、シン・ゴジラとのコラボはグダグダすぎた』(39歳男性/不動産)

第2位は『ゴジラネタがつまらなかった』で19%(44人)となりました。

今回の紅白は新しい試みが多くありましたが、映画『シン・ゴジラ』とのコラボもその一つですね。

番組の途中でいきなり警報が鳴り響き、映画で主演を務めた長谷川博己さんが登場。『巨大生物対策本部、巨災対により、未確認巨大生物をゴジラと呼称する』と映画さながらの演出を行いました。

また、渋谷方面に向かっているゴジラを止めるには“良質な歌”が効果的であることが告げられ、ゴジラの撃退は紅白出場歌手の手にゆだねられます。

最終的にはX JAPANが自身の代表曲である『紅』を演奏してゴジラを凍結させることに成功します。

この一連のコラボはなにかとグダグダな場面が多く見られ、終始「大丈夫かなこれ」という雰囲気が流れていました。

しかし、この流れのなかで普段は真面目なイメージのある武田真一アナウンサーがPPAPを模して「ゴジラマイク!」と叫ぶシーンがあり、「こんな武田アナを見られるとは」と大きな反響がありました。唯一救われた場面だったかもしれません。

とはいえ、こんな斬新な試みをしたNHKのチャレンジ精神には拍手を送りたいですね。

3位:星野源と新垣結衣の「恋ダンス」がステージ共演ナシだった

『SMAPが出ない以上、恋ダンスを楽しみにしてたのに残念だった! でもガッキーの照れたダンス見られたから結果オーライかな』(36歳女性/販売)

『橋下マナミや土屋太鳳が出てたから、流れ的にガッキーでそうだったのに、出なくてがっかりした』(38歳男性/IT)

第3位は『星野源と新垣結衣の「恋ダンス」がステージ共演ナシだった』で13%(30人)という結果になりました。

2016年に放送されて大ヒットとなったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。

エンディングに出演者が星野源さんの『恋』に合わせてダンスを踊る“恋ダンス”が評判になりましたが、今回の紅白にはその星野源さんが『恋』をひっさげて登場。

審査員には共演者の新垣さんもいたことから、ネット上では「これはガッキーの恋ダンス見られるかも!」と期待が高まっていました。

しかし、実際に演奏が始まると、ステージに新垣さんの姿はなく、星野さんが一人で歌っているという結果に。これには多くの人がガッカリしたようです。

ただ、演奏の途中で新垣さんが審査員で“恋ダンス”を踊っている姿が10秒ほど流れたことから、「照れてる姿がかわいかった」と別の意味で満足したという人が続出したようです。


いかがでしたか?

なんだかんだで毎年見てしまう紅白歌合戦。2017年の紅白はどういうものになるのか、今から楽しみにしておきたいですね。

【参考リンク】
【アンケート結果(1位〜11位)】第67回紅白歌合戦で一番ガッカリしたことは?

●文/パピマミ編集部

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る