赤ちゃんの事故防止

年末年始は特に注意! 乳幼児の家庭内事故を防ぐポイント7つ

年末年始は特に注意! 乳幼児の家庭内事故を防ぐポイント7つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。子育て研究所の佐藤理香です。

新しい年を迎える時期になりました。園や学校が休みに入るため、家庭内で過ごす子どもが多くなります。

また、年末年始は何かと人に会うことが多くなる時期で、気忙しくなります。

こんな時期に注意したいのが子どもの事故。ちょっと目を離したすきに……が大きな事故につながりかねません。

今回は東京消防庁と東京都がまとめたデータ等を参考に、家庭内で起きやすい事故について確認していきましょう。

161230satourika

乳幼児の事故が多い場所は?

東京消防庁の調べによると、平成18年から22年までの5年で約44,225人の乳幼児が救急搬送されました。特に1歳、2歳の子どもの事故が目立ちました。

驚くべきは、事故のうち7割は、住宅の中で起こっていることです。

特に、お風呂で溺れる、階段やベランダから転落するというケースは命を落とす大事故につながる可能性があります。

年末年始に気をつけたいこと(乳児~3歳まで)

3歳までの乳幼児は、言葉が未熟である、物事を理解することがまだ難しい、実際に行動できる能力が乏しいなど、多くの理由で事故が起こりやすい年齢です。

年末年始は、周囲の慌ただしさもあって、つい油断しがちになります。特に以下のことには気をつけましょう。

(1)つまずきやすい物や段差

乳幼児はちょっとした物や段差でつまずきます。

この時期は親戚の家や実家など、いつも過ごす家庭とは別の場所に出かけることも多いもの。足元を確認してあげましょう。

(2)階段の上り下りはサポートを

1歳前後から歩きはじめ、そのうち階段を上手に上り下りできるようになります。

しかし、3歳までの子どもはまだまだ不安定でいつ転落するかわかりません。

階段を利用する場合は、手をつないだり、親が下側を歩き支えるなどの対応を癖づけましょう。

(3)スプーンやペン、歯ブラシなどをくわえたままにしない

ものをくわえたまま走るなどすると、転倒したときに口を切ったり、のどを突いたりします。

おもちゃも含めて、必要時以外は口にくわえたままにしないようにしましょう。

(4)ヒーター、ストーブ、鍋など熱いものに注意

一段と寒くなる時期ですので、暖房を使ったり、温かい食べ物が欲しくなったりします。

ヒーターやストーブを利用している場合は柵(ガード)の利用がおススメです。

キッチンでの調理中も注意が必要ですが、鍋のままサーブするときは、必ずテーブルに大人がつき見守るようにしましょう。

(5)医療品、化粧品、洗剤、薬剤などは子どもの手の届かないところに保管

歩き出しのころの幼児は何でも触りたがります。自宅では、薬や化粧品、洗剤などの薬剤は蓋をしっかりしめて、子どもの手の届かないところに保管しましょう。

他の住居に行った場合には、子どもは見たこともないものに大興奮。どんどん触れようとするので、目を離さないようにします。

(6)入浴後、お風呂のお湯を抜く

お風呂にほんの数cmのお湯が残っているだけでも、乳幼児は溺れます。入浴後はお湯を抜くようにしましょう。

残り湯を家事に利用している場合は、入浴後は浴室に子どもが入らないようにし、できるだけ早くお湯を使いきりましょう。

(7)のどに詰まりやすい食べ物は小分けにして与える

正月といえば“もち”ですが、それだけでなく“みかん”や“ごはん”ものどに詰まりやすいと言われています。

子どもが集まれば、気づかぬうちにお菓子を口に入れていることも! 特に、あめ玉や丸いチョコレート菓子には十分注意しましょう。


いかがでしたか? さまざまなリスクを列挙しましたが、一番大切なことは、側で見守る大人が油断しないことです。

ちょっと目を離したすきに……が一生の後悔とならないように、おしゃべりやお酒はほどほどに、子どもへの注意をはらってあげたいものですね。

【参考リンク】
平成23年 乳幼児の事故を防ごう~「救急搬送データからみる乳幼児の事故」の情報提供について〜 | 東京消防庁(PDF)
年末年始の事故防止ガイド | 東京都(PDF)

●ライター/佐藤理香((株)子育て研究所代表)
●モデル/いちご姫(いちごショートくん)

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る