スキンケア

浸透力アップ! 化粧水の効果を高めるスキンケア術

浸透力アップ! 化粧水の効果を高めるスキンケア術

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

みなさんがいつも使っている化粧水。使い方を少し変えるだけで、化粧水が持っている力をさらに引き出せるかもしれません。

化粧水の前の“角質のお手入れ”について、また、塗るときはコットンと手のどちらが良いのか見ていきましょう。

161230cw02new

角質のお手入れ

化粧水を使う前に、お肌の準備も大切。ピーリングやスクラブ、導入液を使うことで、化粧水の効果をさらに引き出すことが可能です。

(1)古い角層を取り除く

「ターンオーバーの乱れ」という言葉を聞いたことがありますか?

角質は約28日で生まれ変わりますが、加齢や肌あれ、紫外線の影響で乱れます。これが「ターンオーバーの乱れ」。

古い角質がそのまま肌に残り、くすみの原因に。まずはこの角質を取り除きましょう。

【ピーリング】
酸の力を借りて、古い角質を溶かして取り除く方法

【スクラブ】
粒子の力を借りて、古い角質をはがす方法

これらを使うと、くすみが取れて明るい肌に!

(2)導入液を使う

化粧水の前に使うアイテムです。硬くなってしまった角質を柔らかくしてくれるので、その後に使う化粧品を効率よく肌に行き渡らせることができます。

手とコットンどっち?

さて、みなさんは化粧水を塗るとき、コットンを使っていますか? それとも手? どちらがいいのでしょう。

手のメリット

肌への摩擦がなく、体温で浸透効果を高めることが可能。

手のデメリット

清潔な手であることが第一条件。また、塗りムラが発生することも。目の周りにつけるときは力加減に気をつける必要あり。

コットンのメリット

肌表面を整えながら塗ることができ、化粧水を均一に伸ばすことが可能。また手を洗う必要もなくラクで簡単。

コットンのデメリット

肌との摩擦ができないよう、たっぷりの量の化粧水が必要。力が強すぎると摩擦で肌にダメージを与える

なんとなくコットン派という方は、手を使ってお肌の様子を見てみましょう。

実は力が強すぎてお肌をいじめていた! なんてこともあるかも。

まとめ

化粧水をただ使うのではなく、使う前に角質ケア。そして使い方を変えると、満足のいくスキンケアになるかもしれませんよ。

●モデル/沖まりね

(パピマミ編集部)

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る