子育て関連情報

心強いパートナー!? “病児保育”を利用したママの体験談9選

心強いパートナー!? “病児保育”を利用したママの体験談9選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは! 訪問型病児保育を利用しているライターの月極姫です。

小さいお子さんを抱えてお仕事を始める場合、お子さんが体調を崩したときの対策を立てておくのは賢明なことですよね。

2015年に財団法人日本病児保育協会が実施したアンケートによると、調査対象者の半数以上が「病児保育」の存在を認知していたのに対し、実際の利用経験者は全体の12%にとどまっていました。

「知っているけれど利用したことはない」という層が厚いようですが、実際の利用者の声を聞くことで多少敷居が低くなるかもしれません。

何度か利用していくうちに、心強いパートナーとなってくれるのが病児保育という存在です。

28099144043_dfa94bb3e6_z

訪問型病児保育を利用した人の声

まずはドラマでも取り上げられた“訪問型”、つまり病児保育士が利用者の自宅に来てくれるタイプです。

自宅でそのまま休んでいられるので、子どもの心身にかかる負担は少なめですね。

(1)テキパキして信頼できた

『繁忙期に子どもがインフルエンザになり、先日初めて利用しました。病児保育士さんは来るとまずご自分のうがい、手洗いをして子どもの体温チェックや引き継ぎに入り、万一のときの近所の避難場所などもきっちり確認してテキパキとした感じ。

自分の母親くらいの大ベテランで、保育士の経験もあるとか言っていました。まだ他の方を知らないけれど、指名みたいなことも可能らしいので、次も機会があれば同じ方にお願いしたいです』(30代/販売・山口県)

(2)自分が慣れるまでが大変?

『あらかじめ登録はしていて、病児保育施設の代表の方との面接も済んでいたのですが、いざ利用となると準備が大変! 受診や薬に関する書類を3枚くらい書き、昼食を作り残して着替えを準備し、いざというときの自宅のカギなんかもお預けします。

もうバッタバタでした! 子どもにはさすがに慣れた感じの方で不満もないですが、私が慣れるまで大変かも?』(20代/エステティシャン・北海道)

(3)早めの準備を

『遅刻されるよりはいいんですが、お願いしていた時刻の20分くらい前かな? めっちゃ早く来て、私がすっぴんだったので焦りました(笑)。病児保育利用、母もテキパキ早めに準備しましょう……

それから面接のとき資料ももらったんだけどよく読んでいなくてわからなくて、病児保育士さんのお昼ごはんまで作ってしまった。けれど、お弁当持ってきていて、こちらで用意した飲食物には一切手を出されません。そりゃそうだよね』(30代/営業・北海道)

(4)料金は安くはない

『内容には不満ないけれど、利用料+病児保育士さんの交通費で安くはない。私は時給も低いのでちょくちょく頼めるような金額ではなくて、本当に困ったとき、仕事に穴をあけたらまずいときだけですね。

当日の朝に電話して保育士さんが見つからなかったことがあるので、子どもの体調が怪しいとおもったら前夜に予約、回復したらキャンセルでOKです』(30代/事務員・東京)

(5)インフルエンザやノロウイルスのときでも預かってくれる

『何回か利用してます。インフルエンザやノロウイルスなど、普通では誰にもお願いできない病気のときも来てくれるので本当に助かります。熱が基準より上がって来たときや、解熱剤を与えるタイミングで保護者に報告・確認の電話をくれるので、職場に病児保育を利用している旨を伝えておくか、携帯電話につねに出られるようにしておくといいです。

あと、自分が忙しくて電話に出られないときのため、他の家族の連絡先も登録しました。お支払いは帰宅後、報告を受けてから現金でお支払いします』(40代/塾講師・神奈川県)

施設型病児保育・利用者の声

つぎは子どもを指定機関に連れて行って預ける施設型です。自宅を他人に任せる不安感もなく、医療従事者がそろっている施設などもありますが、施設までの移動は高熱が出ている場合などに子どもの負担になるかもしれません。

(1)病院の中の病児保育は安心感がある

『自分が医療従事者なもので、いざというときの設備が整った環境に預けるのがこだわりです。いつも利用している病児保育施設は、近所の総合病院の中にあります。

初回は子どもが少し嫌がりましたが、小児科らしく「病院っぽさ」をあまり感じさせない工夫もしてあり、すぐ慣れました。年に数回あるかないかなので、最近は母子ともども利用に抵抗ありません。なんといっても、医師も看護師もそろっている安心感がいい』(30代/看護師・岩手県)

(2)体調の悪い子どもを連れての移動がキツい

『自宅に他人と子ども2人きりにすることにどうしても抵抗があり、2回ほど利用しましたが、次は自宅に来てもらおうかな、と。とくに不満はないのですが、熱が出ている状態での移動がキツそう

あと、子どもはただでさえ体調悪いのによそに行くから無駄に緊張するそうで、やっぱりかわいそう』(30代/販売・北海道)

(3)個人宅でやっているケースもある

『利用している病児保育は病院ではなくて、シッターさんのご自宅です。ベテランで子どもも懐いているので、具合が悪いくせにあずけるというと喜びます(笑)。

利用料は1時間1,000円くらい。でも、子どもが未就学児のうちは、市役所に申請すれば保育料の何割かは戻ってくるんです。入学後のことを考えると頭が痛いけど、今は満足しています』(40代/会社員・北海道)

(4)登録は事前にしておいたほうがいい

『施設型を利用したいと思ったときに登録していなくてとても困ったことがあります。書類申請、面談など面倒ですが、元気なうちにやっておくのがベスト。

一度登録すれば面倒なことは無いし、あとは親子ともども慣れですね。子どもが嫌がらないどころかちょっと喜んだりするのは、私が無理やり休んで不機嫌に看病するよりも、病児保育士さんの方が優しいからかもしれません』(30代/介護福祉士・北海道)

困ったときのために、早めの登録がベスト

今も昔も、子どもを自分以外の誰かに預けることに抵抗を持つママさんは少なくありません。

とくに小さいうちや、体が弱っているときなどはなおさら「わが子を守らねばならない」という母親の本能が働いて、結局は仕事を犠牲にしたり自分一人で背負い込んでしまったりするケースも少なくないでしょう。

しかし、どうしても仕事を休めない局面というのはたしかにありますし、体調を崩した子どもを経験の浅い人や素人に任せて仕事に行くことは考えものです。

また、高齢の身内に熱が出ている子どもをあずけることで、相手にも病気をうつしてしまうというリスクもあります。

“病児保育士”というのは国家資格ではありませんが、各機関で研修等を受けて認定された方々ではあります。

病児ケアはもちろん、衛生管理や感染対策などにも精通しています。いざというときにプロにお任せするというのも、選択肢の1つにあげても良いのではないでしょうか。

【参考リンク】
共働き家庭の子育て事情、『子どもの病気』はワーキングマザーまかせ! | 認定病児保育スペシャリスト

●ライター/月極姫(フリーライター)
●モデル/大上留依(莉瑚ちゃん)

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

アクセスランキング

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る