ライフハック

スニーカーは滑りやすい!? ツルツルに凍った雪道を安全に歩くコツ

スニーカーは滑りやすい!? ツルツルに凍った雪道を安全に歩くコツ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

冬への備えが追い付かずアタフタしたママライターのパピルスです。

11月に関東で雪が積もったのは54年ぶりという、珍しい経験をした2016年も残りわずかとなりました。

雪道を歩くことは、降雪に慣れている地域の方からするとなんでもないことなのですが、雪に慣れていない地域では滑って転んで骨折! なんて笑えない話もあります。

これから本格的な雪シーズンを迎えるにあたり、雪の多い地域にお住まいの方にお話を伺いながら、雪が積もったらツルツルに凍る寒冷地域出身の筆者の体験談も交えて、“雪道を安全に歩くコツ”を考えてみたいと思います。

161220papirusu

一番大切なのは“靴の裏”!

『雪道を歩くときにハイヒールなんてもってのほか! 靴底に溝が深くついている“雪用ブーツ”を履きます。これが一番大切なことです』(50代女性、他多数)

滑りにくい靴を履く! というご意見が一番多かったです。確かにどんなに雪道に慣れている人でも装備を怠るととたんに足元がおぼつかなくなるものです。

雪道を夏用タイヤで走ることに無理があることを考えれば分かりやすいですね。

雪の積もる地方では、雪道用の靴がたくさん店頭に並んでいます。靴底の溝が深いのが特徴です。

しかし、めったに雪が降らない地域では、わざわざ雪道用の靴を購入する方は少ないですよね。手持ちの靴で雪道を歩くことになるでしょう。

その際には、ハイヒールなどの接地面の少ない靴はやめて、靴の裏の接地面が広く、溝がしっかりある靴を選んでください。

動きやすいだろう、ということでスニーカーを選ぶ方がいると思いますが、思いのほか滑りやすいです。

スニーカーやバスケットシューズ、デッキシューズなどは裏にほとんど溝がないタイプも多いので要注意です。

ムートンブーツも、物によっては裏に溝がなくツルツルです。

レインブーツや長靴を選ぶ方もいらっしゃると思いますが、周りからの水の浸透には強いものの、裏の溝が浅いとびっくりするほどよく滑るので注意してください。

また、筆者の経験上、靴のかかとや外側などがすり減って傾いている靴はとにかくよく滑ります!

歩き方の癖で靴の裏側がすり減る方は雪道で要注意です。

踏んだときに雪がザクザクしている場所を選んで歩く

『雪道では、踏み固められているツルツルした部分を避けて歩くのが基本。雪が踏まれていない部分の方が滑りにくいです』(30代男性)

雪道に慣れていると、どのルートを歩くと滑らないかということが経験からわかっています。

筆者の経験上、車が通って固くなった雪道が一番滑りやすいです。見た目に雪が少ないので油断しがちです。

路面がツルツルになっていて、滑るとリカバリーするのはまず無理です。

それに対して、踏んだときに雪が「ザクザク」音を立てるような場所は滑りにくいです。

歩くときは「ザクザク」音がするような、雪が残っている場所を選んで歩く方が無難です。

雪が少ない、靴が濡れるのがイヤという理由で、雪が踏み固められた部分を歩くと危ないです。

また、雪の日にはマンホールの上や用水路の上の金属の格子がはめられている部分などが特に滑りやすくなっているので、気を付けてください。

靴底にしっかり溝があるタイプの靴でも、不用意にこれらの上を歩くと滑ります。

雪道でも、ガンガン歩かないわけにはいかないという方は、靴底に着脱可能な雪道用滑り止めも販売されています。

こういったグッズを事前に用意しておくのもおすすめです。

足を垂直に地面に降ろすように歩く!

『足を雪道につけるときには、足を地面に対して垂直におろすような感じ。大股で歩かない』(30代女性)

足の着き方にもコツがあります。筆者は足裏全体で地面を上から押すような感じで歩いています。

かかとから着地したり、足の外側で着地したりするとツルっといきますので要注意です。

大股で地面を後ろに蹴るような歩き方だと、重心が前や後ろにぶれるので滑りやすいようです。

足は真下にまっすぐにおろして、靴裏をしっかり地面につける感じを意識してみてください。雪道に垂直にスタンプを押していくようなイメージです。

目線も大事。足元をしっかり見る

普段は足元ばかりを見て歩く方は少ないと思いますが、雪道では次に足をおろす位置をしっかり見ながら歩きます。

たとえば、うっすら雪がかかっている道路などは、雪の下の道路の状態を伺います。薄い雪の下の道路がツルツルに凍っているような気配があれば要注意です。

坂道では特にどこに足をおろすかが大切ですから、滑らないような場所をしっかり見極めます。

坂道、階段、段差はどうする?

『雪の積もった階段や坂道は怖いです。特に階段は必ず手すりをつかめるように準備しながら上り下りしています』(60代女性)

上り坂では、少し前傾気味の姿勢で歩きます。下り坂では後傾になると滑りますので気を付けてください。どちらもつま先でしっかり地面をつかむような感覚です。

歩くのが怖いくらいにツルツルな下り坂(日陰などに多い)では、最初から坂に対して横を向き“カニさん歩き”の要領でおりると大惨事を免れます。

歩道と道路の境目などのちょっとした傾斜も、びっくりするほどよく滑りますので、傾いた部分を踏まないようにしましょう。

歩道橋などの階段部分が一番危ないです。どんなに気を付けていてもツルっといってしまう可能性があるうえに、大きなケガになりやすいです。

こういう部分は最初から「滑ってしまうもの」という認識を持って、手すりをいつでもつかめる状態で上り下りするのが正解です。

『子どものころから、親に「ポケットに手を入れて歩くな」と言われて育ちました。大人になってついうっかりその教えを忘れて雪道を歩き、転んだら頭を打ちました。ポケットに手を入れて歩くと危ないです!』(30代男性)

階段では、自分が最大限の注意を払っていても、前後の人が滑って巻き込まれる……ということもあります。

これは不意をつかれますし、他人の体重が加わりますから、まず持ちこたえられません。

そんなときのためにも、いざというときには手すりをつかめる態勢を整えておくことが大切なのです。


いかがでしょうか?

子どものころ、目の前にツルツルに凍った雪道があり「絶対に転びたくない」と思った瞬間に全身に力が入ってしまい、思いっきり後ろに転んだ苦い思い出があります。

体はリラックスさせ、しっかり足元を観察し、落ち着いて歩を進めましょう。

●ライター/パピルス(フリーライター)

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る