趣味

GENKINGも悩んだ! インスタに縛られてしまうママの心理3つ

GENKINGも悩んだ! インスタに縛られてしまうママの心理3つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、こじらせ美容オタク家のともです。

クリエイターのGENKINGさんが『SNSでゴージャスな私生活を公開するため、MAX1,000万円の借金を抱えていた』と悩みを暴露していたことが話題になりましたね。

そのGENKINGさんのInstagramには、たくさんのブランド物の私物や豪華な生活がアップされており、「一体収入源はどこ?」と疑惑をもたれていたこともありましたよね。

しかし、実際には借金してまでもお金持ちアピールをしていたのです。

確かに芸能界はイメージを大切にしなきゃいけないので、それも自己プロデュースの一環、と思ってやっている人もいるのでしょう。

ただ一般人には関係ない話だわ、なんて考えている人が多いと思いますが、実はそうでもないのです。

Instagramに疲れ果てているのにやめられない、というママも少なくありません。

そこで、なぜそこまでInstagramにのめりこんでしまうのか? という疑問についてリサーチしてみることにしました!

161220tomo

やめたら友人とのつながりを失うという恐怖

『お弁当や夕食をInstagramに毎日投稿していたのだけど、皆に見せるような凝った食事を毎回作るのは正直大変だった。だからたまにお惣菜とかを買って、それをさも作ったかのように盛りつけたり……。

なんだか虚しくなり途中でやめたら、友人とのつながりも薄くなってしまった。やはり毎日投稿している人の方が友人も多いし話題にもなる。インスタやめたら仲間はずれになった気分になってしまい、またアカウントを復旧……そして疲れるという悪循環』(20代女性/主婦)

FacebookにしろInstagramにしろ、ここまで普及したのは“人とつながっている安心感が手軽に手に入る”というのも一つの理由。

SNSを更新していれば、会わずとも友人との交流は可能です。特にママになるとなかなか自分の都合に合わせて外出ができないので、コミュニケーションの手段としても大活躍してくれます。

でも、その手軽さと引き換えに得るのは「SNSをやめてしまったら友人とつながれなくなってしまう」という恐怖。

皆SNSをやっているのに、自分だけやめたら仲間はずれになってしまう、近況がわからず疎遠になってしまう……、人とのつながりが途切れてしまうのがこわい、と過度に恐れる人は疲れていてもやめられないのです。

承認欲求を満たしたいだけ

『うちの旦那の給料は平均並み。お金持ちでも何でもないけど、ブランドバッグをレンタルしてInstagramに載せたり、家計はカツカツなのに旅行に頻繁に行って写真を載せている。私のInstagramの友人はリアルではほとんどつながってないので、たまに遠くで会う程度。

その人たちはずっと私を“裕福なマダム”的な目で見てくれる。それが快感でやめられないが、このままでは最後は本当に借金してこの生活を続けてしまうのではないか、とやめ時が見つからなくなってきている自分がいて、ある意味中毒だと思う』(30代女性/パート)

人には承認欲求、というものがあり、いいね、やコメントがもらえると満たされた気持ちになるのです。

特に「皆からうらやましがられたい」という欲求は他のものより強く、それを満たすのがInstagramのゴージャスな生活を彩るブランド物の写真たち。

だからつい見栄をはって、高い物を買ってしまったり、海外旅行に頻繁に行ったり……と、それが本当に欲しいのか、それともInstagramにアップしていいねが欲しいだけなのか、最後にはわからなくなってきてしまうという本末転倒な結果に陥ることも。

Instagramが普及したことで、人間の“見栄を張りたい”と思う気持ちを簡単に発信できるようになった反面、こうした悩みを抱える人も増えてきているのかもしれません。

Instagramは“写真だけ”の世界であるためどんなに家が狭かろうが、ブランド物などの豪華な一部分だけを切り取ればお金持ちに見えることから“虚像の自分を演じやすくなった”とも言えます。

他人の生活を見て比べてしまい落ち込む

『友人が家族旅行をした写真を見れば、ウチも行かないといけない、とソワソワしてくる。高級レストランで外食とかもそう。見なくてもいい部分も見てしまうので、つい全てにおいて“負けたくない”という気持ちに襲われる

相手より上をいかないとウチは“お金がなくて不幸な家族”って思われそう。見なければいいのかもしれないけど、そうすると気まずいし、自分の投稿に“いいね”もコメントももらえない』(20代女性/事務職)

基本Instagramもそうですが、SNSは相互フォローといって有名人でない限りは自分がフォローしない限り、相手もフォローしてくれない場合も多いし、自分がいいねやコメントをしないと相手もしてくれない場合もあります。

ということは、自分もいいねが欲しければ、相手のインスタをずっとチェックしていなければならず、必然的にいつもいつも他人の生活を見てしまうことになってしまうのです。

他人の子どもが発表会で賞をとった、とか、成績がトップだった、とかモヤモヤするような部分まで見るハメに。

ただそもそもSNSは自分の自慢話をのせるような場所でもありますのでそれを鵜呑みにして、イチイチ他人の良い部分だけ見ていたら比べて落ち込んでしまうだけ。

無駄に時間を使うばかりが、ママは自分の子どもを見るよりもインスタの方に気がいってしまって子どもにも良い影響がないのは明らか

どうしてもスッパリやめられない、という人は“更新頻度を少なくする”ことから始めてみるといいかもしれません。

親しいSNSの友人には「仕事始めて忙しくなって、あまり見られないかもしれないけど、ごめんね」と一言何かしらの言い訳をつけて“いいね”を押せない理由を話しておきましょう。

ただ、そもそもSNSがないとつながっていられない友人なんてその程度のもの。

本当の友人はSNSなんて関係なく会いたいとお互いが思うので関係は長続きするはずなのです。

●ライター/とも(こじらせ美容オタク家)
●モデル/NANAMI(RIRIAちゃん)

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る