子どもの食育

スモールステップが大事! 子どもに“みそ汁嫌い”を克服させるコツ4つ

スモールステップが大事! 子どもに“みそ汁嫌い”を克服させるコツ4つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

ある日のこと。ママ友とのランチ会で、ポツリと呟いたママさんがいました。

「うちの子、おみそ汁を絶対に食べないの。食べられるようにしておいたほうがいいかな?」

すると、「うちも」、「うちの子も!」と相次いでいくつもの声が。毎回残されるので、もう作るのをやめてしまったというママさんまでいました。

味噌汁が苦手なお子さんって、どうやら多いようですね。日本の伝統食であり、健康にもいいとされるお味噌、苦手なままにしておくのは少しもったいない気もします。

そこで今回は、子どもの味噌汁嫌いを克服するためのコツを集めてきました。

インタビューに応えてくれたのは、子どもにまつわる仕事をしている方や、経験豊富なベテランママさんたち。

重要なのは“原因の切り分け”。味噌汁という食べ物のなかの、何がイヤなのか、を明確にすることだそうです。さっそく見てみましょう!

161212iwasawa

(1)汁が苦手な場合

具だけ取り出して食べることならできるタイプのお子さんは、汁が苦手なのかもしれません。

こういった場合、まずママがすべきなのは“他の汁物を与えてみる”ことだそう。すまし汁や中華スープなどをお椀に入れて出し、子どもが口にするかどうかを観察してみましょう。

『他の汁物を飲むことができるなら、味付けが濃すぎるのかもしれません。保育園では、通常の半分くらいの量の味噌で作って出しています。大人にとっては物足りないかな? というくらいまで薄くしてみると、抵抗なく飲んでくれるかもしれませんよ』(40代女性/保育士)

もし他の汁物にも手を付けないなら、“汁物を飲む”ということ自体に苦手意識を抱いているのかもしれません。そんなお子さんのママは、このような工夫をされていました。

『わが家では、お茶や牛乳と同類の“ドリンク”として捉えさせるようにしました。お椀ではなく、かわいいコップに入れて「特製みそジュースだよ〜」と言って出してみると、口をつけるようになりましたよ(笑)』(40代女性/主婦/中学生の女の子のママ)

(2)具が苦手な場合

具が苦手、というお子さんもいますね。特定の具がキライというだけでなく、中には、汁物のなかに具が入っていることそのものに嫌悪感を持つお子さんもいるそうです。

『具がキライなら、まずは具を一切入れない“具なし味噌汁”を飲ませることから始めましょう。それがクリアできたら次は、子どもの目の前で味噌汁から具を取り出し、“汁だけ”、“具だけ”をそれぞれ食べてみるのに挑戦です。そこもOKになったら、ほんの小さなひとかけらの具を入れてみて。「どれを入れてみようか?」と意見を聞き、お子さん自身に決めさせるのもいいですね』(50代女性/幼稚園教諭)

このように、小さな要素から少しずつ慣れさせていくことを“スモールステップ”といいます。

苦手なことを克服しなければならないとき、年齢を問わず有効な方法なのだそうです。

(3)味噌味が苦手

日本人のソウルフードともいえる味噌汁。でも、あの独特の風味が苦手な人もいますね。

『汁や具といった構成要素ではなく、味そのものがダメな場合は、「みそ味の食べ物」から試してみてはどうでしょうか。わが家ではみそ味のスナック菓子を使いました。食事時に味噌汁を見せて「これ、あのお菓子と同じ味だよ〜」と誘うと、抵抗感が薄れるようでしたね』(40代女性/会社員/中学生、小学生の男の子のママ)

また、スモールステップの方法はここでも活用できます。

『一気に食べさせようとしちゃダメ。まず、目で見ることから始めるんです。そして、「何色だった? 何が入ってた?」と聞いてみてください。見ることができるようになったら、次は香りです。鼻先に持ってきて、一瞬でも嗅ぐことができるようになったら、たくさん褒めてあげましょう。

香りに慣れたら、味の番。お箸の先にちょっとつけて舐めるところからスタートし、スプーンひとさじ、お椀に口をつけてひとくち……と進んでいきます。そこまできたらもう大丈夫。あとは時間の問題で飲めるようになりますよ』(50代女性/児童発達支援管理責任者)

(4)それでもダメなら、“トコトコ作戦”

手を尽くし、いろいろ試してもダメ。

そんなときに使える、とっておきの方法を教えてくれた方もいました。

『お子さんの好きなデザートがあったら、それだけをちょっと離れたところに置くんです。そして、「おみそ汁を一口のむと、デザートくんが近づいてくるよ〜」「デザートくんも食べてほしいって言ってるよ〜!」と声をかけます。デザートくんになりきって、「あ〜、早く食べてほしいなぁ〜」なんて言ってみてもいいですね。

子どもが頑張って一口飲んだら、すかさず「やったね! ほら見て、近づいてきた! “トコトコ、トコトコ……”」と、お皿を歩いているように動かし、子どもに近づけていきます。トコトコ近づいてくる感じが面白いらしく、こうすると多くのお子さんが頑張れるようになります。ちょっと遊びの要素が入ってしまいますが、苦手な食べ物の克服にはとても有効な手段ですよ』(30代女性/保育士)


いかがでしたか?

子どものころ身につけた味覚は、大人になっても残ります。

いろいろな味に挑戦させるためにも、できるだけ好き嫌いはなくしておきたいものですよね。

味噌汁嫌いのお子さんをお持ちのママたち、どうぞ今回の記事を参考に、その克服にトライしてみてくださいね!

●文/パピマミ編集部
●モデル/杉村智子(まさとくん)

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったらいいね!しよう♡
  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る