行事・祭事・イベント

話題性が重要! ママ友との“ホームパーティー”を楽しくするアイデア

話題性が重要! ママ友との“ホームパーティー”を楽しくするアイデア

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、ライターのNANARUKAです。

忘年会やクリスマス、新年会など、親子で集まるイベントが目白押しのこの時期、ホームパーティーの計画を進めているママさんも多いのではないでしょうか。

最近では居酒屋に子ども向けのメニューがあったり、親子のパーティープランがあったりして「ママ会ウェルカム!」な雰囲気を感じられる店も多くなりましたね。

しかし、やはり小さな子を持つママ、きょうだいがいるママにとっては、アレンジ自在で周囲を気にせずに過ごせる“ホムパ”が人気。

そこで今回は、ホームパーティーを数多く経験しているママさんたちに、お呼ばれする際、招く際のちょっとした工夫や気配りをインタビューしました。

中には、「土曜日は毎週のようにうちでママ友パーティーです!」「年末までにホームパーティーをあと4回こなします!」というツワモノママさんもいて、そのアイデアは「なるほど~」なものばかり。

ささやかな思いやりがみんなの笑顔を生むひと工夫、これからのパーティーにぜひ取り入れてみてください。

161216nanaruka

自分がホストの場合

『「家の人で食べて」と、お土産としていただいたお菓子やお総菜は、その場にいない夫の分は残して、パーティーのメンバーでシェアします。「どこのお店?」「こんなのもあるんだ~」など、そこから生まれる話題が楽しいので』(40歳/ホムパ歴10年)

『食卓脇にミニワゴンを用意して飲み物コーナーを作り、持ち寄ったドリンク類はそこへひとまとめ。グラス類も揃えておいて各自で注いでもらいます。「誰々が用意してくれたもの」など気にしないで飲みたいだけ飲んでほしいし、ひとまとめになっていると子どもも選びやすいので』(38歳/ホムパ歴8年)

『アルコールメインの会でも、熱いお茶を魔法瓶に詰めておきます。お酒の合間に注いであげると、意外とみんな飲んでくれるので』(35歳/ホムパ歴5年)

『帰り際になると子どもたちが決まって「お腹空いたー」と騒ぎ出すので、ランチ集合・夕方解散のパーティーでは炊き込みご飯をたっぷり炊いておにぎりにしておきます。招く側も招かれる側も子どもがお腹を空かせたままでは、その後がとても慌ただしくなってしまいます。飲んで帰ったママ友たちには帰宅後少しでものんびりしてほしいので、解散前に子どもたちにパーティーの残り物と一緒におにぎりを食べさせています。これによって、お互いお開き後がとても気楽になりました!』(39歳/ホムパ歴8年)

『ママ友親子で“一品持ち寄りランチ会”をよくするのですが、そんなときは各自料理を多めに作り、メンバーみんなでランチボックスを持参します。そして、パーティーが始まる前に、まずは夫の夕飯分を取り分けて詰めます。その日のメンバーは朝からパーティー準備でバタバタし、そのまま一日家を空けているので、夫の夕飯の心配をしなくていいだけで随分と肩の荷が下りるという共通の思いから、そういうルールが生まれました』(33歳/ホムパ歴3年)

自分がゲストの場合

『持ち寄り料理は100均のオシャレなランチボックスに詰めて持参し、ホスト家ではそのまま食卓へ。取り分け用のスプーンも使い捨てを自分で用意し、終了後の片付けの手間をとことん省きます。以前はタッパで持ち寄った料理をホストの家で食器を借りて移し替えていましたが、それではお互い洗い物を増やすだけ。うっかりホスト家にタッパを忘れて帰ってしまった日には、後日返してもらう手はずを整えなければならなかったりと、いろいろ面倒に感じたので、この日ばかりはなるべく使い捨てで、と割り切っています』(40歳/ホムパ歴10年)

『招かれた際の手土産は、「あえて食べ物以外の物、食べ物なら珍味系」と決めて選んでいます。親子パーティーの場合、チョコやスナック菓子、ジュースやお茶が大量に集まることもしばしば。そんなとき、花束やパーティーグッズなどがとても重宝するし喜ばれます』(33歳/ホムパ歴4年)

『スイーツを持参するなら自分では決して買わないような上等のものを、おつまみを持参するなら普段あまり食べることのない輸入品などを、気軽につまめる乾き物はユーモアやユニークさを重視して選んでいます。この日ばかりは話題性や目新しさ重視で、コンビニやスーパーでは買えないものを用意します』(42歳/ホムパ歴10年)

『楊枝とカラフルなマスキングテープでフラッグピックを作って持っていきます。盛りつけた料理にランダムに刺せば食卓が一気に賑わうし、子どもたちも喜びます』(34歳/ホムパ歴6年)

『持ち寄りでもデリバリーでも、ミニトマトとパセリを持参すると何かと便利。お皿にスペースができてしまったり、色味が足りない料理に添えれば、全体的にうまくまとまるので』(37歳/ホムパ歴10年)


気になるアイデアはありましたか?

「同じメンバーとのパーティーはマンネリしがちなので、つねに変化を考えています」という意見もあったように、毎回ひとつでも新しいことを取り入れる心がけをしていると、また違った趣の会になりそうです。

招く方も招かれる方もハッピーになる方法、いつものパーティーをランクアップする方法、ぜひマネしてみてくださいね。

●ライター/NANARUKA(フリーライター)
●モデル/いちご姫(いちごショートくん)神山みき(れんくん)

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る