不妊症・不妊治療

大人女子ブームの罪? 日本の不妊治療スタート年齢が遅すぎるワケ

大人女子ブームの罪? 日本の不妊治療スタート年齢が遅すぎるワケ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。婚活コンサルタントの菊乃です。

内閣府による結婚支援のあり方を考える有識者検討会のメンバーである『ニッセイ基礎研究所』の天野馨南子(かなこ)研究員にインタビューさせていただきました。

161215kikuno

不妊治療は34歳までが効果的? 出生率1.9のフランスに学ぶ常識

日本の第一子出産の平均年齢は30.8歳(2015年)。出生率は1.46。これはOECD加盟国の中でも非常に低いです。

『日本人は生物学的限界に対する知識が薄く、卵子を凍結保存すれば、生理さえあれば、いつでも産めると思っていた方が少なくありません』と天野さんは話します。

先進国でもっとも出生率が高いフランス(2013年比較:フランス1.99、日本1.43、イギリス1.83、ドイツ1.40)。

フランスは、日本と同様に女性の大学などの高等教育機関進学率も41%(2009年)と低くはなく、その大卒女性を含めても平均2人の子どもを産んでいるのは、出産に対しての知識・支援が進んでいるからです。

フランスでは不妊治療は保険適用です。そして、不妊治療患者さんの平均年齢は34歳ですし、43歳の誕生日の前日までしか治療をうけられません。

ところが日本では不妊治療に来院する女性の3割が40代。中には20代にはすでに結婚していた夫婦までも含まれるといいます。

日本では不妊治療開始の最も大きいゾーンが39歳、40歳。その一方、フランスでは患者の平均年齢は34歳なのです。

例えば日本では、34歳で不妊治療を受けた場合の出生率(生きて生まれる子の割合)は18%。

ところがこれも、39歳では10.3%、40歳では8.1%、45歳では0.7%です。

この数字の中には、残念ながらこの世に生を受けることはできても、あまり時が経たないうちに亡くなってしまった赤ちゃんの数も含まれています。

かつて少子化を経験したフランスが出生率増加のために打ち出したスローガンが、『産みたいときに赤ちゃんを、ではなく、産める時に赤ちゃんを』(1990年代)というものでした。

これは高齢出産に伴う母体リスク(高血圧や糖尿病などで急死するなどの割合が上昇)から女性の健康や命を守るための意味もありました。

今の日本でも同じことが言えるのではないでしょうか?

「昔の30歳と今の30歳は違う。昔はおばさんだったのに、今の30歳は若い」というのも、よく聞きます。

しかし、残念ながら人間の体は男女関係なく、だいたい24歳を境に細胞が老化を始めます。

パッと見は若いかもしれない。

しかし今と昔で臓器や細胞の閉経前の機能が変化(ましてや進化)しているわけではないことに気がついてほしいと思います。


天野さん、インタビューにご協力いただきありがとうございました。

生物学的限界を無視したアンチエイジング、大人女子ブームの罪

私も個人的に調べてみたら、1960年代の初潮は平均13歳。栄養状態もよくなり現代は平均12歳。小学校のうちにほとんどの女性は生理が始まります。

しかし、閉経年齢は1960年も今も50歳前後。

平均寿命が延びようが、晩婚化が進もうが、子宮の活動は12~50歳の間で大きな変動はなく、生物的な限界は変わっていないのです。

よくも悪くも年齢不詳の美魔女や幼いおばさんが増えてしまい、自分の年齢に向き合う意識が日本人は薄くなりました。

健康管理をしっかりしていてものすごい財力のある女優やアスリートがアラフォーで出産するからと言って、自分もできると思ったら大間違いなのです。

そういえば、受験のときに「記憶力は20歳がピークだぞ」と言われた覚えがあります。20代後半から私は「アレ」「ソレ」が多くなりました。買い物したのを忘れて帰ったら家にあったということもでてきました。

美容師さんからも、「髪の再生する力もあるから25歳までは何色に染めても大丈夫。でも年齢があがったらカラーの回数は減らそう」と言われたことがありました。

体の老化が25歳から始まるヒントはたくさんあったはずなのに、「オトナ女子」「女は30から」と幼いままでいさせる方に流され、大事な時期が過ぎてしまった方は私を含め多いのではないでしょうか。

ある著名な文化人が、「平均年齢が80年の時代だから大人になるのは30歳からでもいい」と言っていました。先日も、「25歳は女子じゃない」という資生堂のCMが炎上して中止になりました。

若ければいいというわけではないですが、自分の体のために、目安として覚えておきましょう。

これは男性にも言えること。天野さんによると、お父さんの加齢による精子のトラブルによって、生まれた子どもの精神障がい疾病リスクが高まることが確認されているそうです。

きちんと正確なリスクを知ったうえでのあえての先延ばしではなく、「みんな独身だしまだいいかな」「アラフォーでも産んでいる人がいるから大丈夫でしょう」といった安易な先延ばしだけは、やめにしたいものです。

【取材協力/天野馨南子・ニッセイ基礎研究所生活研究部研究員】

【参考リンク】
卵子凍結すれば、心おきなく働ける? 母子の明るい笑顔に立脚した女性活躍社会を | ニッセイ基礎研究所
第一子出産年齢上昇はそんなに問題なのか? データでみる少子化との関係性 | ニッセイ基礎研究所
結婚の希望を叶える環境整備に向けた企業・団体等の取組に関する検討会の開催について 少子化対策:政策統括官(共生社会政策担当) | 内閣府
発達加速現象の研究ー第12回全国初潮調査結果ー | 大阪大学大学院人間科学研究科・比較発達心理学研究室

●ライター/菊乃(婚活・恋愛コンサルタント)
●モデル/NANAMI(RIRIAちゃん)

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

アクセスランキング

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る