プレママ必見! 安産のコツとスピード出産したママたちの体験談

(3)驚異の2時間半で出産!

『私はめちゃめちゃスピード出産だったので、ママ友の間では軽く伝説になっています(笑)。まず、朝10時半に診察に呼ばれて診察室で破水しました。

それからすぐに陣痛が加速し、本格的な陣痛となりました。あまりの痛みに泣き叫んでいたら普通なら4時間かかると言われている子宮口の開きが、なんと小一時間で8cmまで広がっていることが判明。

分娩室へ移ったころに旦那が駆けつけてくれました。とってもうれしかったのですが、旦那が助産師さんの「奥さんの頭を支えてあげて」という指示を間違えて私の額をぐいぐい手で押し付けたときは「ちがうから! バカ!」と思いっきり手を払ってしまいました(笑)。

それから陣痛を何度か乗り越え、13時過ぎに出産。破水からなんと2時間半でした』(37歳女性/3児のママ)

(4)初産は14時間かかったのに、二人目は2時間で出産

『最初の子は陣痛が来てから大体14時間くらいかかったのですが、二人目のときは陣痛から2時間くらいで産まれました。経産婦は比較的出産までが早いと言われていますが、このスピードは異常だったそうです(朝)。

まず、一番最初に陣痛がきたのが朝7時半でした。トイレで起きたのですが、トイレを済ませた後になんだかお腹に痛みを感じました。

スマホのストップウォッチで痛みがある時間を測ると1分ほどで、5分間隔できていたので、すぐに陣痛だと分かりました。

それから病院へ電話をし、9時に診察してもらいました。子宮口がすでに6cmまで開いていたため、すぐに陣痛室へ。陣痛室に入ってから15分くらいで本格的な陣痛がきたため、分娩台へ移りました。

上の子の経験から、「ここから長い戦いになる」と覚悟を決めていましたが、なんと5分ほどであっけなく出産

お医者さんも準備が万全じゃなかったのでドタバタでした。でも、子どもも無事健康に産まれて安心しました』(38歳女性/2児のママ)

目次

まとめ

いかがでしたか? 出産は常に危険が伴うものですが、日頃の努力次第で安産に近づけることができると言われています。

出産が不安だという方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!

●モデル/椎葉咲子(苺乃ちゃん、胡桃ちゃん)前田彩(桃花ちゃん)