洗濯の時短テクニックとおすすめアイテムまとめ

洗濯物の“たたみ”や“収納”を時短するコツ

170322sentakujitan05

(1)「動線」を見直し、「収納する場所」をベランダの近くに設ける

洗濯機の場所とベランダはあらかじめ決まっていますが、衣類を「収納する場所」は変えることができます。

ベランダから取り込んだ衣類を「収納する場所(タンス、クローゼット等)」は、出来る限りベランダに近くに設置したほうが良いです。

収納場所の位置を変更できない場合は、以下をご参照ください。

(2)洗濯機に入れる際、裏返さない。すべて「表」にして洗濯機に入れる

取り込んでたたむ時、衣類を「表」にする作業に手間がかかるので、洗濯機に入れる時点で、すべて「表」にしておく。

汚れがしっかり落ちる洗剤を選べば、靴下や下着も表のままでも、裏の汚れがしっかり落ちる、という専門家もいます。

消費財メーカーの花王株式会社によれば、汚れ落ちを良くするコツは、「洗濯機に洗濯物を入れすぎないこと。洗濯物を入れる分量は、洗濯槽の8分目が目安」だそうです。

家族には、「洗濯機に入れる際、裏返さないで」とお願いしておきましょう。

(3)取り込んだ後の収納を意識して、角ハンガーに吊るす

「洗濯バサミが多く付いた角ハンガー(以下、角ハンガー)」への吊るし方により、「取り込みからタンスへの収納」を時短できます。

収納をラクにするため、角ハンガーに吊るす際、同じ引出しに仕舞うものを集めて干すことがポイントです。たとえば、

・タオルばかり、靴下ばかりを集めて吊るす
・「靴下」は、たたむ時に「もう片方」を探すのが大変なので、同じ種類の靴下は右左を(角ハンガーの)近い場所に吊るす

(4)「たたまない」でハンガーのまま収納する

型崩れしないシャツはたたまず、ハンガーで収納してはいかがでしょうか? シャツを洗濯機から出したら、すぐにハンガーに吊るして干します。乾いたら、ハンガーのままクローゼットに収納するだけ。

シャツに限らず、大人用の服も、子ども用の服も、ハンガーに吊るして干し、ハンガーのまま収納するのがおすすめ。たたまずにハンガーのまま収納できるようにすると、大幅な時短が可能になります。

特に、子どもの洋服や下着は小さくてたたむのが面倒なため、すべて子ども用ハンガーに吊るして干し、そのまま収納できるようにするといいです。

子ども用のハンガーは、赤ちゃん用品店等で安価なものが売られています。その季節に着るTシャツや下着の数に合わせて子ども用ハンガーを多く用意しておきましょう。

たたまないため、すぐに着替えもできますし、一石二鳥です!

(5)「取り込み」と同時に「たたむ」。乾いた洗濯物の山はつくらない!

乾いた洗濯物を取り込んで、すぐにハンガーや角ハンガーから外してしまうと、そこに洗濯物の「山」ができてしまいます。

その場に座って洗濯物をたたみ始めると、「たたむ」→「タンスにしまう」という2段階の作業が生じ、「もう片方の靴下」を探すのに山をかき分けるなどする必要があり、面倒。

そこで、以下のようにすると時短になります。

ベランダから取り込んだハンガーや角ハンガーは、すぐにタンスのある部屋に移動→タンスの引き出しを開け、そこに仕舞うものだけ洗濯バサミを外し→たたみながら収納。

この作業は、立ったままで行うからスピーディー。ひとつの引き出しが終わったら、次の引き出しを開けて、また、たたみながら収納します。

この作業を繰り返すうち、洗濯物干しにかかった衣類はみるみるうちに減っていきます。

(6)乾燥機の真横に洋服を収納する

乾燥機の真横にスペースがあれば、そこに市販のハンガーラックなどを設置し、洋服の収納スペースにしてしまうのも手です。

つっぱり棒でハンガーをかける場所を作ってしまうのもいいですね。

こうして乾燥機の横に収納スペースを作ってしまえば、乾燥機を使って乾かした洗濯物をハンガーにかけてそのまま隣へ収納していくだけでOK。収納場所へ移動する手間も省けます。

(7)靴下はペアにして収納ボックスへ投げ込む

靴下はペアにした状態で、収納ボックスや引き出しなどへポンポンと投げ入れていくだけにするのも楽です。


→次ページでは、物干竿の手入れ方法を見ていきましょう。