マツコの指摘が鋭すぎ! 同窓会に行きたくない理由と上手な断り方

タレントのマツコ・デラックスさんが、2016年9月3日に放送されたバラエティ番組『マツコ会議』(日本テレビ系)にて、“同窓会幹事の代行サービス”の実態を紹介。

その放送でマツコさんは、同窓会について興味深い発言をしていました。

同窓会会場と中継をつないで現場の様子を見ていたマツコさんは、同窓会に出席している人たちに対して、『比較的鎧をまとえる人たちの気がするのよ』と発言。

このマツコさんの言葉は、ネットでとても反響を呼びました。

では、なぜ同窓会を毛嫌いしている人は多いのでしょうか。

その理由を探っていきます。

同窓会に行きたくない10個の理由

160907dousoukai

(1)マウンティングが嫌だから

(27歳女性/独身)

『同窓会に行っても、どうせみんな自分のリア充アピールばっかりだろうから行かない。

私にはマウンティングできるようなこともないし、マウンティングし合う人たちを見るのも疲れるし』

(37歳女性/独身)

『自慢大会になるのが目に見えてるので参加したくないです。

さりげなく服装とか持ち物とかもチェックされそうで怖い。アラフォーで独身ってことも哀れまれそう。あれこれ詮索されたくもない』

(2)心がザワつくから

(41歳女性/独身)

『誰々が結婚したとか、子どもを産んだとか、知りたくないことや知らなくていいことを知ってモヤモヤするのが嫌なので。

自分と比べて落ち込みそうですし……』

(34歳女性/既婚)

『同級生の近況を知ると、良くも悪くもいろいろ思うことがあるじゃないですか。

別に私も幸せなのでいいんですが、余計なことを知っていろいろ考えたくないですね。今の平穏な生活を乱されたくないので行かないです』

(3)過去を振り返りたくないから

(31歳男性/独身)

『中高生の時期って、けっこう勘違いしてる時期っていうか、自分にとって黒歴史なんです。だからあんまりそのときの自分を知っている人たちとは会いたくないですね(苦笑)』

(30歳女性/既婚)

過去の話で盛り上がっても意味ない!今が大事!同窓会より仕事・家事・育児!』

関連記事:老けたと言わせない! 若見えする“春の同窓会コーデ”のポイント3つ

(4)友達がいないから

170508tuiki1

(35歳女性/既婚)

『高校卒業後に大学進学ですぐ上京してしまったので、地元の友達とほとんどもうつながりがないんです。

地元に残った子たちは早々に結婚して子ども産んで、話も合わなくなって疎遠になっちゃいました。だから、今さら同窓会に参加しても、なんか居心地が悪そうで行けないです』

(25歳女性/独身)

『友達がもともと少なかったし、仲の良い子たちも同窓会に行くタイプではないので、行っても一人になっちゃうから行かないです』

(5)変わった自分を見られたくないから

(35歳女性/既婚)

『自分で言うのもなんですが、中高生時代の私はけっこうかわいくて人気者だったんですよ。でも、今じゃすっかりデブっちゃって、面影がない(笑)。

ダイエットに成功したら参加してもいいかなと思ってます』

(6)面倒くさいから

(33歳男性/未婚)

『楽しいかどうかもわからない同窓会のために、スケジュールをあけて準備するなんて面倒くさすぎるでしょ。

なかにはわざわざ仕事の休みを取ってくる人もいるらしいけど、考えられないですね』

(31歳女性/既婚)

『息子がまだ小さくて子どもを預けるのも大変だし、旦那に同窓会に行くと説明するのも面倒。

そこまでして行きたいかと聞かれると、「もう行かなくてもいいか」となる。終わったあとに連絡先交換して微妙な関係ができるのも面倒』

(7)会費が高いから

(34歳女性/既婚)

『めったにあることじゃないからケチりたくはないけど、会費が6,000円というのを聞いて行く気を失くしました。

その金額を出すんだったら家族で外食したいし、子どもに服を買ってあげたい。旦那にお願いするのも気が引けますね』

(8)会いたい人にだけ会えばいい

(27歳男性/未婚)

『わざわざ同窓会をしなくても、学生時代から仲の良い友人は今も定期的に会ってるし、参加する必要を感じない。

会いたい人には連絡すれば会えるし、今の関係で十分満足してます』

(31歳男性/既婚)

『会いたい人と会いたくない人が入り交じってる同窓会より、会いたい人しかいない仲間の集まりの方がいいに決まってますよ。

誰が来るかもわからないから不安ですし、同窓会なんてよく行くよなーと思ってます』

(9)同窓会の会場が遠い

(29歳女性/未婚)

『卒業して、就職で地元から離れたんだけど、同窓会は当然地元。

わざわざ少しの時間参加するためだけに行くのは面倒だし、一次会しか参加できないから盛り上がるタイミングで帰宅することになるのが悲しい』

(32歳女性/未婚)

『同窓会のために飛行機のチケット取るってハードル高くないですか? そのぶん参加費が安くなるわけでもないし、出費が多すぎます。

地元の人たちはなんだかんだ同窓会以外でも会ってるみたいだし、疎外感もあるから参加しないですね』

(10)同窓会に呼ばれていないから

(30歳男性/未婚)

『同窓会って、同級生にはみんな声がかかるものじゃないんですか?行ったことないんですけど、「この前同窓会やったよ」という話を聞いたことはあります。そもそも呼ばれないと行けないですよね』

(39歳男性/未婚)

『最初のころは声をかけてくれてたけど、何度か断るうちに誘われなくなりました。

同窓会の連絡はLINEグループでやってるみたいですし、LINEをやっていない僕にはもう関係のないことかもしれません』

関連記事:ドラマ『大貧乏』みたい? 同窓会でショックを受けたエピソード3つ

同窓会に行く4つのメリット

170508tuiki4

(1)変わったみんなを見て安心する

同窓会に行きたくないのは、自分の仕事や人生がうまくいっていないことが理由のひとつ。

キラキラした人たちと自分を比べて卑屈な思いをするぐらいなら、行かない方がいいと考えてしまうのも当然のこと。

しかし、いざ行って見ると、学生当時のころの輝きを保っている人の方が少数で、多くは太っていたりハゲていたりして、笑い合うことができるはずです。

むしろ、自分と同じように悩みなどを抱えている姿を見て、安心できることもあるでしょう。

以前とは比べものにならないほどの成功を収め、見た目もキレイになっている人もいるかもしれませんが、それはあくまで少数派。

意外と「安心した」という思いを持つことも少なくないのです。昔の姿を知っているもの同士だからこそ、変わった今を楽しめるのではないでしょうか。

(2)過去の思い出にひたることができる

同窓会の話の種と言えば、もちろん当時の思い出話ですよね。

あのころはどうだった、あいつはこんなことをしていた、などなど。

こんな会話は同窓会でしかすることができません。職場には学生時代の自分を知っている人もいなければ、相手のこともよく知らないということばかり。

学生時代の話には恥ずかしい話もあるでしょうが、共通の思い出を持つもの同士であれば笑い話として懐かしい思いにひたることができるはずです。

自分が忘れていたようなエピソードを友達の口から聞かされて、盛り上がるということもあるでしょう。

卒業して会わなくなると、どうしても気まずい思いを持つこともありますが、かけがえのない友人であることは間違いありません。

ひとたび話し始めれば、懐かしい思い出話に花が咲き、楽しい時間を過ごせるはずです。

(3)連絡先を交換できる

同級生とはいえ、大人になっているのであれば仕事の話などもすることになります。

携わる仕事によっては、同級生が重要な人脈となることもあるはずです。

その場でビジネスの話を持ち出すのは気が引けるとしても、SNSやLINEなどの連絡先を交換しておけば、いざというときに役立つことがあるかもしれません。

出会ったばかりの相手より、小さいころから付き合いのある同級生の方が話しやすいことなどもあるでしょう。

きっと貴重な存在になるはずです。

(4)当時とは違った人と話せる

同級生だからといって、当時から全員と同じように楽しく過ごしていたわけではありませんよね。

同じクラスでも一度も話したことがなかったという人もいるはず。

同窓会では、そんな人とも話がはずむということもあります。

また、ケンカ別れのようになってしまっていた相手と、年月をへて再開し、話すことでわだかまりがとけるということも。

過去の思い出にひたるのと同時に、新たな人間関係を生み出す場でもあるのです。

関連記事:既婚者のタブーなSNSの使い方3つ

同窓会に行きたくないときの断り方

170508tuiki5

(1)仕事を言い訳にする

最も断りやすいのは、仕事が忙しいことを理由にすることです。

専業主婦をのぞき、ほとんどの人が働いているでしょうから、これを言われてしまうと強く誘うことができません。

土日や祝日で「仕事は休みだよね」というふうに誘われてしまったときは、出張や休日出勤を理由にうまく断るようにしましょう。

(2)冠婚葬祭を言い訳にする

こちらも仕事と同様、同窓会を優先しろとはなかなか言いづらい理由です。

当然、強く誘いを受けることはなくなるでしょうが、何回も使える手段ではないため注意が必要でしょう。

誘ってきた相手が親しい人だった場合は、そもそもこの理由が使えないということもあるはずです。

(3)体調不良を言い訳にする

これは一度は参加を表明したものの、やはりどうしても行きたくなくなってしまったときに使える方法です。

あまり大事にならないよう、重大な病気を持ち出すことは避けましょう。

ただし、「少しダルいから」程度では断れないこともあるため、「インフルエンザで病み上がりだから」程度の言い訳が望ましいと言えます。

どうしても行きたくなくなったときの最終手段として活用してみてください。

(4)あいまいな返事をしない

どんな理由で断るにしても、あいまいな返事をするとウソをついていると怪しまれてしまいます。

変な間をあけず、理由を伝えるようにしましょう。

メールで誘われた場合にもすぐに返事を返すようにし、お詫びの言葉もそえるといいかもしれません。 幹事はお店の予約などもありますから、できるだけ早く返事を出し、迷惑をかけないようにしましょう。

無視するなどはもってのほかです。

また、同窓会終了後、参加者に当日の様子や参加状況などを聞いておくと、次回から参加しやすくなるでしょう。

関連記事:結婚の新しいカタチ!? 経験者が語る“アラフィフ婚”の実態とメリット

まとめ

「マウンティングが嫌だから」と答えた人のコメントを見ると、確かにマツコさんの言っていたことは当たっているようです。

そして、意外に多かったのが、「友達がいないから」という回答。

同窓会に参加しても一人ぼっちになってしまったら嫌ですもんね。

さて、みなさんは同窓会、参加していますか?

【参考リンク】 ・同窓会に行きたくない理由ランキング | マイナビニュース

●文/パピマミ編集部

●モデル/神山みき(れんくん)ゆみSAYA

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡