家庭学習・宿題

教科によっても変わる? 音楽を聞きながら勉強するメリット&デメリット

教科によっても変わる? 音楽を聞きながら勉強するメリット&デメリット

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

学習アドバイザーの佐々木恵です。

子どもが勉強したり、宿題をしたりするのはいいのですが、音楽を聞きながら勉強していたらちょっと気になりますよね。

とはいえ、せっかく子どもが自分から勉強を始めたのに「音楽は聞くな!」と言うと、勉強しなくなってしまうのではないかと不安になるのではないでしょうか。

今回は、音楽を聞きながら勉強するメリット&デメリットや注意の仕方などをご紹介します。

目次
 音楽を聞きながら勉強するのには理由がある(P1)
 音楽を聞きながら勉強するメリット4つ(P2)
 音楽を聞きながら勉強するデメリット4つ(P3)
 音楽を聞きながらの勉強に関する研究(P3)
 音楽を聞きながら勉強するのに向いている教科・向いていない教科(P4)
 音楽を聞きながら勉強してはいけない人(P4)
 聞きながら勉強するのに適した音楽のジャンル(P4)
 周りの音が気になってしまう人におすすめのBGM(P5)
 音楽を聞きながら勉強する子どもへの声のかけ方(P5)
 音楽を聞きながら勉強するときのマナー(P5)
 音楽を聞きながらの勉強の効率をあげるコツ(P6)
 音楽を聞きながら寝ると睡眠の質が下がる?(P6)
 まとめ(P6)

音楽を聞きながら勉強するのには理由がある

170502tuiki1

音楽を聞きながら勉強する理由は“落ち着かない”から。音楽を聞きながら勉強する中学生は、こんなふうに言います。

『静か過ぎると落ち着かない。少し音楽がある方が集中できるし、はかどる気がするんです』(中1男子)

実はこれ、脳科学の観点でも言われていることなのです。人間は、“静かで壁に囲まれた狭い空間にたった一人でいること”に慣れていないそうです。

たとえば、こんな経験はありませんか? 自宅で読書よりも、カフェの方が落ち着く、はかどったという経験が。

BGMや周りの人のおしゃべり、調理するときの音。適度な雑音がある方が人間は集中できるのです。

自然に生活していれば、何かしらの音が出るのが当然ですね。全く音がない状態というのは、かえって不自然な状態なのです。

だから、静かな部屋で一人で勉強するときに音楽を流したくなるのです。

反対に、あまりにも音がうるさいのも不自然な状態といえます。

自宅の近くで工事をしていて騒音がひどい、家族がテレビを見ていてその音が漏れ聞こえてくるから集中できないという理由で、要するに耳栓がわり。

私の生徒にも、こんな子がいます。

『毎晩のように夫婦げんか、兄弟げんかが聞こえてくる。うるさくて集中できないから、音楽を流して聞かないようにしないと集中できないし、音楽がある方が安心できる』(中2女子)

もし「音楽を流さないと集中できない」なら、静かすぎる・うるさすぎる不自然な状態に耐えられないのかもしれません。

この場合は、「音楽を聞きながら勉強してはいけない」と言う前に、環境改善が必要です。


→次ページでは、音楽を聞きながら勉強するメリットを見ていきましょう。

ページ: 1 2 3 4 5 6

ライター紹介

佐々木恵

佐々木恵

塾講師歴6年、家庭教師歴6年。指導してきた生徒数は100名超。勉強が苦手・嫌いな中学生・高校生の苦手科目を克服する指導に定評がある。特に数学指導では、定期テストの得点を3か月で30点以上引き上げることも。勉強が苦手で自信がなかった学生時代に、当時の恩師から褒められたことで成績が急上昇し、自信をつけた。この経験から、現代の子どもたちに社会で生きていくために必要な自信を培ってもらうことを目標に、その子の性格や特性を分析し、その子に合った勉強法を提案し、個別授業を展開している。2014年4月25日に、電子書籍「うちの子なんとかなりませんか? 勉強嫌いを克服して30点上げる7つの方法 (ごきげんビジネス出版)」を発売。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る