• TOP
  • 妊活
  • 不妊治療
  • 赤ちゃんが欲しい! 妊活の基礎知識と不妊治療の種類

  • 赤ちゃんが欲しい! 妊活の基礎知識と不妊治療の種類

赤ちゃんが欲しい! 妊活の基礎知識と不妊治療の種類

赤ちゃんが欲しい! 妊活の基礎知識と不妊治療の種類

プロカメラマンによる無料親子撮影会

男性の妊活とは?

170525ninkatu1

妊活は夫婦で乗り越えるもの! だからこそ、男性の日常生活の見直しも必要になってきます。

生殖機能を低下させる要因

一つでも当てはまる方は、見直しが必要です!

・多量の飲酒
・喫煙
・強いストレス
・短時間睡眠
・ジャンクフードが好き

など。食生活は少なからず精子の量を減らし、運動率を低下させ、正常精子数の減少につながると言われています。

喫煙をやめ、電子タバコを活用してみる……など、まずはできることから試してみませんか?

また、「赤ちゃんが思っていた以上になかなかできない……」と不安になりストレスがたまってしまう方も多いようです。

ただ、ストレスが原因で妊娠しにくくなる場合もあるので、“ストレスをためないこと”も大切です。

手軽に今すぐ実行できることとして、男性妊活専用のサプリメントをはじめてみる、というのもいいでしょう。

どうしても女性の側に負担が偏りがちな妊活でも、まず自分もサプリメントなど気軽に協力できるところからはじめてみることも大切です。

また、精子力に自信がないなど、不安な方は、必要な栄養素をしっかり摂ることが大切です。

たくさんの種類のサプリメントを摂っても、必要な量・種類の栄養が摂れていなかったり、反対に1日の標準摂取量を摂りすぎてしまったりすることもあります。

例えば、亜鉛を標準摂取量を超えて過剰に摂りすぎてしまうと、嘔吐や倦怠感などの副作用がでることも稀にあります。

まだまだ数も種類も少ないですが、男性用に開発された妊活サプリメントもありますので、試してみてはいかがでしょうか?


卵巣機能を整える“卵活”とは

160926sumuzunihukusyoku

卵活とは、将来妊娠を考えている女性が、自分の卵子がまだ若いうちに採取して冷凍保存しておく方法のことを言います。

「妊娠はまだ先でも卵子は若いときのを使いたい」という女性が卵活するケースが増えています。

ただ、卵子採取の際の痛みお金がかかるといったデメリットもあるので、じっくりと考えメリット・デメリットをしっかり理解する必要がありますね。

また、同じ“卵活”でも低コストで抑えられる”卵活”もあります。早めに卵子の機能を整える活動のことを言い、生理不順などで悩んでいる方は必見です!

注意すべき行い

・不規則な生活
・外食や加工食品が中心な食生活
・ムリなダイエット

これらは、無月経の原因になる可能性が高いと言われています。規則正しい生活を意識し、夜11時には就寝する習慣をつけることが大切です。

また食事では、旬のものを取り入れ3食バランスのとれた食事をすること。

具体的には、かつおやレバーといった血を補う食材。ほか、黒ゴマや松の実など腎を補う食材も効果があります。


→次ページでは、妊活中に意識したいことを見ていきましょう。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

同じカテゴリーの記事

PICKUPこちらもおすすめ

パピマミ公式インスタグラム

CATEGORY

カテゴリーから探す

RECOMMEND

おすすめ

プロカメラマンによる無料親子撮影会 パピマミ公式インスタグラム