高齢出産

いつから高齢出産? 40代で妊娠出産する可能性を高める方法まとめ

いつから高齢出産? 40代で妊娠出産する可能性を高める方法まとめ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

お子さんを望んでいらっしゃるのに、年齢的に諦めてしまう方がいるようですが、もったいないです!

女性は、理屈で言えば、閉経するまで妊娠出産は可能です。ただし、年齢が進むごとに受精及び着床が起こりにくくなるのは事実です。

では、どうすれば可能性を高められるでしょうか。

ここでは、高齢出産のお母さんたちの例を挙げて、その方法を模索してみましょう。

目次
 いつからが高齢出産?(P1)
 時代で見る高齢出産(P1)
 超高齢出産とは(P2)
 高齢になると妊娠しにくくなるワケ(P2)
 高齢出産が増加傾向にある背景3つ(P3)
 女性が妊娠する能力と年齢の関係(P3)
 高齢出産のリスク4つ(P3〜4)
 40代での妊娠・出産の可能性を高める方法8つ(P4〜6)
 年齢と自然妊娠率・流産率・体外受精の成功率の関係(P6)
 高齢出産の分娩法法(P7)
 40代での妊娠に関する不妊治療の必要性(P7)
 不妊治療の賛否と成功率(P7)
 増加する40代の中絶事情(P8)
 高齢出産と出生前診断の関係(P8)
 2人目の高齢出産はいつから?(P8)
 高齢出産すると長生きにつながる?(P9)
 高齢での出産を成功させた有名人(P10)
 まとめ(P10)

いつからが高齢出産?

170605kourei1

日本産科婦人科学会の定義によると、35歳を過ぎてからの出産のことを『高齢出産』と言うようです。

日本人の平均初婚年齢は、2012年データによると“夫は30.8歳、妻は29.2歳”という結果もあり、晩婚化が進んでいることが分かります。

結婚が遅くなるにつれ出産も遅くなっていきます。

なお、1993年以前は30歳を過ぎてからの初産を高齢出産と呼んだようですが、その後30歳以上での初産者が増えたことなどから、年齢が引き上げられるようになったという背景があるようです。

時代で見る高齢出産

170605kourei2

近年増えてきていると言われる高齢出産ですが、実は戦前の時代には非常に多く、決して珍しいことではなかったようです。

1920年代から1940年代の前半にかけては、出産数に対する高齢出産の割合は20%ほどあったようで、これは医学が未発達だったなどにより若くして死亡する人などが多い傾向にあったことから、妊娠が可能なあいだはできるかぎり妊娠・出産を行うという考えがあったためと言われています。

多産多死の人口変化であったと言えるかもしれません。

また、戦後の混乱期においても、当時軍隊へと出向いていた男性が家庭に戻ったことから、出産数の増加があり、このときも高齢出産の割合は20%前後あったと言われています。

ただしそれ以降は出産数が減少し、1961年には合計特殊出生率が2.00人未満になるなど、少産少死の人口変化へと移り変わることになりました。

1980年代までは女性の平均初婚年齢が20代半ばだったことと、この出生率の低下により、高齢出産は10%以下という割合になっていったようです。


→次ページでは、超高齢出産について見ていきましょう。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

ページトップへ戻る