子供のしつけ

年齢別にポイント解説! 子供にきちんと伝わる“正しい叱り方”

年齢別にポイント解説! 子供にきちんと伝わる“正しい叱り方”

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。心理食育インストラクターのSAYURIです。

子供の叱り方について頭を悩ませる親御さんは少なくありません。感情的になって思わず叱り過ぎてしまったり、ご主人との子育て方針が違ったり……。

子育てに正解はないので、子供が悪いことをしても全く叱らないという人もいます。

しかし、真剣に厳しく叱らなければならないことが“2つ”だけあります。

1つは、他人を傷つけること。これは肉体的な暴力だけでなく、言葉の暴力も同じです。

そしてもう1つは、自分を傷つけること。この2つの行為についてだけは、声を荒げて叱ってもいいと思います。

今回は、“子供の叱り方”について深く見ていきましょう。

そもそも、親はなぜ子供を“叱る”のか

man-person-woman-face-large

子育てと“子供を叱る”ことは、切っても切れない関係にあります。

昨今では“叱らない子育て”を推奨する人もいますが、子育てに“叱る”ことはまず必須だと言えるでしょう。

しかし、そもそもなぜ親は子供を叱るのでしょうか。考えたことのない方は、ここで一緒に考えてみてください。

人によって子供を叱る理由はさまざまですが、その目的は同じなはずです。

それは、究極的に言えば将来子供に幸せになってほしいということだと思います。

親は誰もが子の幸せを願っています。その思いがあるからこそ、時には子供を叱るのです。

多くの親が子供を上手に叱ることができないワケ

32553302611_41a72861a7_z

このように、子供を叱ること自体は悪いことではありませんが、お互いの感情がぶつかる場面でもあるため、ついつい話が横道に逸れるということも少なくありません。

親からしてみれば、叱ったことを素直に聞いてほしいですが、子供はすんなりと聞いてくれませんよね。

そうして“叱る”ことから“親子げんか”に発展してしまうと、親は怒ったり叩いたりと感情に訴えてしまいがちです。

しかし、怒りに任せて子供をしつけるのは大変危険です。

親だって人間ですから、子供に対していら立つことは仕方のないことですが、なるべく感情をコントロールするようにしましょう。

我を忘れそうになったら深呼吸して、叱る目的を思い出すようにしましょう。

子供を叱ることが必要なワケ

29480898496_c1734f8bef_z

近年、“子供へのしつけ”に対する世間の目が厳しくなってきています。

昔は近所のおじさん、おばさんが悪さをする子供を叱りつけたものですが、現代だと問題視される可能性もあります。

実の親でも子供を叱れない人が増えていると言われており、子供の問題行動を棚に上げて教師を説教する“モンスターペアレント”や親が悪者にならないように代わりに鬼が子供を叱りつけてくれるアプリの登場など、一昔前とは違った子育ての風潮があるように思います。

しかし、子供を叱ることはとても大切なことです。

子供を叱るということは、子供に“物事の善悪”を教えることです。電車の中で大声でわめいたり、飲食店の中を走り回ったりする場合には親は子供に社会のルールを教えてあげなければなりません。

仮に子供の問題行動を一切叱らずに成長させたらどうなるでしょうか?

子供は物事の善悪の区別がつかず、自覚なしに他人に迷惑をかけるようになるでしょう。当然、周囲の人たちは問題行動ばかり起こす子供から離れていきます。

社会に迎合できない子供の将来は決して明るいものではないでしょう。

子供に社会のルールを教えないということは、ある意味一種の虐待と言えるのではないでしょうか。

子供を“怒る”と“叱る”は違う

pexels-photo-173666

よく議論される話題ではありますが、その分多くの人が混同しがちなことでもあります。

怒ることと、叱ることは表面的に見れば同じように見えますが、その違いは相手のことを思いやっているかどうかにあります。

怒りは、物事が自分の希望通りにいかなかったときに、その不満を感情で発散させる行為です。つまり、“自分のため”の行為とも言えます。

一方、叱るという行為は、前提として“相手により良くなってもらいたい”という思いがあり、それを伝えるために強い口調で言い聞かせます。

つまり、“叱る”は相手のために行っていることなので、伝えたいことがきちんと伝わりますが、“怒る”は自分のためにやっているため、相手にその意図が伝わりません。

ただ感情をぶつけるだけでは、子供は成長しないのです。

叱らない育児と放置する育児の違い

32675414065_281da814fa_z

最近、“叱らない子育て”という言葉をよく目にしますね。

とくに3歳までの子供は親の言うことをきちんと理解できないため、叱るのはただ萎縮させるだけという意見もあります。たしかに子供を恐怖で萎縮させることは避けた方がいいでしょう。

しかし、この“叱らない子育て”という言葉だけが一人歩きして、いつの間にか“放置する子育て”として捉えてしまっている人たちがいます。

本来の叱らない子育てというのは、子供の人格を否定したり頭ごなしに怒鳴ったりしないように育てるという意味で、“何をしても一切叱らない子育て”ではありません

そこを勘違いしてしまうと、子供をきちんとしつけることができず、将来社会に出たときに大きな苦労をさせてしまうことになりかねません。

本来の意味での”叱らない子育て”というのは、怒鳴って恐怖で従わせる子育てに比べるとはるかに難しい育児法です。

怒鳴れば一発で子供は言うことを聞きますが、怒鳴らずに諭して言い聞かせるとなるとかなり根気が要るからです。

そのため、ちょっとした油断で“放置する子育て”へと転落してしまいます。

“叱らない子育て”を実践するのであれば、同時に自分との戦いでもあると心得た方がいいでしょう。

子供を叱らずに“許す”ことも大事

pexels-photo-large

これまで、叱ることは悪いことではないと述べてきましたが、時には叱らない方が良い場合もあります。

子供はまだ大人ほどに物を知りませんから、いろんな失敗を犯します。とはいえ、物事を知らなかったが故に犯した失敗には故意がありません。

そういった場合には叱らずに“なぜダメなのか”を諭してあげることが効果的です。

“諭す”という行為には相手を責める目的がないため、悪気のなかった子供は安心して教えを学ぶことができます。

子供を叱らないといけない状況3つ

29434974311_fddf5f0b70_z

子供をどの程度の行動で叱るかは家庭によって基準が異なりますが、状況によっては必ず叱らなければならないこともあります。

(1)他人を傷つける

お友達を叩いたり噛んだりしてケガをさせた場合などは叱る必要があるでしょう。相手が嫌がっていること、痛がっていることを十分に伝えてあげることが大切です。

また、物理面だけでなく精神面でも他人を傷つけるようなことをしていたら真剣に叱りましょう。

(2)自分自身を傷つける

子どもを強く叱りすぎると、子ども自身も自分を責めてしまうようになることがあります。

「どうせ自分なんて……」と自分を傷つけるような言動を取ることもあるでしょう。

根拠があって自責するのは大切なことですが、根拠のない自責はただ自己評価を下げてしまうだけです。

そんなときは、必ず愛情を伝えてあげましょう。あまりにも聞き分けのないときは厳しめの口調で諭してもいいでしょう。

自分を責めることが癖になってしまうと、悲観的な性格になってしまう可能性があるからです。

(3)命の危険に関わるようなことをする

命の危険があるような行動を子どもが取ったときは、必ず叱りましょう。

ベランダの塀に登ったり、左右確認をせずに道路に飛び出したりなど、注意しておかないと最悪の事態を招く行為は二度と繰り返さないように教えておく必要があります

また、子ども自身だけでなく、周囲の人に危害を加える恐れのある行為についても同様です。

ベランダから物を落下させる、鋭利な物をぶんぶん振り回すなど、危険な行為はやめさせましょう。

子供を叱らなくても良い言動

29480906876_2d6c4151a1_z

一方、子供を叱らない方がよい言動もあります。それは、“本人の努力ではどうにもならないこと”です。

たとえば、まだお着替が自分でできなくて当たり前の年齢の子どもに「自分でやりなさい!」「早くしなさい!」などと叱るのは無意味です。

子どもは叱られて焦りこそすれ、それをやる能力がまだ身についていないからです。

また、おねしょや吃音なども同様です。子ども自身の意思ではどうにもならないことを頭ごなしに叱ってしまうと、子どもはただ萎縮してしまうだけです。

子どもを叱る際は“本人の意思で改善できること”かどうかを見極めるようにしましょう。

子供を叱るときに気をつけたいこと10個

pexels-photo-208106

子供を叱ることは、子供が成長する機会であるとも言えますが、その方法によっては逆効果になってしまうこともあります。

正しい叱り方を身につけて、効果的に子供の成長を促すようにしましょう。

(1)感情的に叱らない(怒らない)

これは上記でも触れましたが、怒ることは自分を満足させる行為であり、子供に言いたいことが正確に伝わりません。

しかし、それが分かっていても怒ってしまうのが人間です。

理不尽に怒ってしまった場合は、きちんと子供に謝ることが大切です。

(2)暴力に訴えない

しつけの手段として、頻繁に暴力に訴える人もいますが、これは絶対NGです。

たしかに痛みを与えれば子供は言うことを聞きますが、それは痛みを恐れて言うことを聞いているだけで、なぜダメなのかという本質を理解できません。

度が過ぎれば虐待にもつながりかねませんので、暴力に訴えることはやめましょう。

(3)長々と叱らない

これもありがちな叱り方ですが、ダラダラと長時間同じことを責め立てても意味がありません。

叱るときは短く簡潔に、伝えたいことだけ的確に伝えるようにしましょう。

そうすれば子供も他のことに気が散らず、親の伝えたいことを受け止めることができます。

子供が親に不信感を持つのは、発言に矛盾が見えたときです。

1か月前は「ダメだ」と言われていたことが、翌月には「良い」と言われたり、親自身が言ったことを実践していないと、子供は混乱してしまいます。

不信感を持たれては、どんな説教にも説得力がなくなるので、このことは深く注意しておくようにしましょう。

(4)言ったことを曲げない

子供が親に不信感を持つのは、発言に矛盾が見えたときです。
1か月前は「ダメだ」と言われていたことが、翌月には「良い」と言われたり、親自身が言ったことを実践していないと、子供は混乱してしまいます。
不信感を持たれては、どんな説教にも説得力がなくなるので、このことは深く注意しておくようにしましょう。

(5)人格否定しない

子供を叱るときに、「ダメな子」や「こんな子に育てるつもりじゃなかった」などと子供の人格を否定するような言葉を使うことも厳禁です。

親から認めてもらえない子供は自己肯定感が低くなり、不幸を感じやすくなります。

“行為”を責めることはあっても、“子供の存在”を責めることはやめましょう

(6)叱った後にほったらかさない

31832494714_c4d4f23cd6_z

親からしてみれば子供のためを思って叱ったことでも、子供にとっては悲しい出来事です。

叱った後には、なぜ叱ったのかという理由を丁寧に説明してあげたり、ハグしてあげたりするようにしましょう。

また、叱ったことができるようになったら褒めることも大切なフォローの一つです。

放置せずにフォローをすることで、子供は「自分は親から愛されている」ということを実感することができます。

(7)叱るときは真剣に叱る

厳しく叱るといっても、どう叱ればいいか分からないとご相談に来られる保護者の方もいらっしゃいます。

感情に任せて怒鳴ったり体罰を与えるのは良いことではありません。

特に女性は、仕事を終えて帰宅すると家事に追われてしまうので、子供に背を向けて家事をしながら、「バカって言わないの!」と大声で言ってしまいがちです。

しかし、それでは子供は次第に慣れてきて、「またか……」と思うだけです。

今回のケースでは、ご主人が大きな声で一喝されているようなので、その後ご相談者様が子供をきちんと座らせ、向き合って座りちゃんと子供の目を見て諭すようにしましょう

「バカ! って言ってはいけないの! ○○君(お子さんの名前)だってバカって言われたら嫌な気持ちになるでしょ!? 自分が言われて嫌な気持ちになったり悲しくなったりすることは絶対人にも言っちゃダメ!」と言ってはいけない理由も話し理解させましょう。

向き合って座らせると、「何だかいつもと違うぞ」と子供に感じさせることができます。

そしてできれば、お母さんは少し前かがみになり、お子さんと目の高さを合わせ手を握って真剣な眼差しで叱りましょう。

そうすれば、「悪い事をしたんだ」と分からせながらも、手のぬくもりで愛情を感じる事ができるので、自己肯定感を損なうこともありません。

「忙しいのにいちいち座るの?」と思われるかもしれませんが、わずか1分もあればできることです。

(8)大声で怒鳴らない

子どもを叱る際に、簡単に言うことを聞くからという理由でやたらと大声で叱る人がいます。

確かに、大声で怒鳴りつければ子どもは萎縮して言うことを聞くようになりますが、それでは根本的な解決にはなりません。

子どもは叱られた内容に納得しているのではなく、“大声で怒鳴る”という暴力行為を恐れているだけだからです。

そのため、子どもの成長を本気で願うならば、大声で脅すようなことはせず、根気よく“なぜいけないことなのか”を説明してあげることが大切です。

(9)大勢の前では叱らない

よく電車やスーパーなどの公の場で子どもを叱りつける人がいますが、これも注意が必要です。

たとえば、自分が公の場で上司に叱られたらどう思うでしょうか? おそらく自尊心を傷つけられたと感じる人が多いでしょう。

子どもにも同様に自尊心があります。そのため、子どもを大勢が見ている前でこれみよがしに叱りつけるのはなるべく避けるようにしましょう。

もちろん、他の人にあからさまに迷惑な行動を取っているときなどは別ですが……。

(10)なるべく時間を置かずに叱る

子どもを叱る場合、なるべく時間を置かずに叱るほうが効果的です。

子どもが何か悪いことをしてから数時間経ったあとに、「さっきなんであんなことしたんだ!」と怒っても子どもはキョトンとしてしまいます

そのため、なるべく子どもの記憶に新しいうちに叱ってあげる必要があります。


これまで上記に当てはまるような叱り方をしていた方は、自身の叱り方を変えてみるようにしましょう。

怒らずに冷静に諭すようにしたことで子供が素直になった例や、叱った後に褒めるようにしたことで子供が拒絶反応を起こさなくなった例もあるようです。

子供を効果的に叱るときの流れ

28890290434_616982fb3d_z

子供を頭ごなしに叱っても根本的な改善が図れないのはどんな親も承知していることだと思います。

それでは、どのような叱り方が一番効果的なのでしょうか。

それは、まず叱る前に“子供の言い分を全て聞いてあげる”ことです。親にとっては屁理屈のように感じても、子供にとっては真剣な理由です。子供には子供の正義があるのです。

それを最初から突っぱねて説教をしていれば当然子供は納得がいきません。そんな状態で叱られても親の言葉は耳に入ってこないものです。

そのため、まずは子供の言い分をきちんと聞いてあげましょう。子供の言い分を聞いた上で、客観的な視点を与えてあげるのです。

具体的には、以下のような手順となります。

1.子供の言い分をすべて聞く。
2.言い分を聞いた上で客観的な意見を述べる。
3.なにがダメだったかをきちんと説明する。
4.子供が納得したら笑顔で接する。

いつまでも怒りを引きずるのはNGです。子供に言いたいことがきちんと伝わったと感じたら、いつも通り笑顔で接してあげましょう。

年齢別の子供の効果的な叱り方

child-children-girl-happy-large

2歳

2歳までの子供はまだまだ理解力が未熟です。そのため、長々と叱ってもこちらの意図は通じません。

そのため、できれば1〜3語の間で叱るのがベストとされています。

この時期はそこまで神経質になる必要はないかもしれません。

3〜4歳

3歳になってくるとある程度おしゃべりも増えてきますから、叱り方に工夫が必要です。

なるべく短い言葉で“なぜ悪いことなのか”の因果関係を説明してあげるようにしましょう。

○○をしたら、○○だからダメだよ」という感じですね。

4歳になると運動能力が向上して行動範囲も増えてきますから、友達を叩いたりケンカしたりといったトラブルも起こるでしょう。

4歳児も、基本的には3歳児と同じように丁寧に理由を説明しながら短い言葉で叱ってあげましょう。

5〜6歳

この頃になると、他人へ感情移入することができるようになります。

そのため、これまでのように因果関係を説明するだけでなく、「こんなことしたら○○ちゃん悲しいよ?」などと他者の気持ちに目を向けさせるような言葉をかけてあげるのも効果的です。

また、社会のルールを学び始める時期でもありますので、マナーやルールについても教えてあげるようにしましょう。

幼児期にきちんと叱らないと攻撃的な子供に育つ!?

sand-summer-outside-playing-large

これは1980年代に行われた実験です。

2~4歳の子供を2つのグループに分け、1つのグループの子供たちには、攻撃的な言動をしたときに、「どうしてそんなことをしたの?」など、愛情深く優しく接します。

もう1つのグループの子供たちには、攻撃的な言動をすると有無を言わさず、“懲罰ボックス”に閉じ込めるという実験をしました。

すると、愛情深く優しく接したグループの子供たちには、その後も攻撃的な言動が目立ち、遊ぶときには1人か2人。

逆に懲罰ボックスに閉じ込められたグループの子供たちはその後攻撃的な言動がほとんどなくなり、3人以上で仲良く遊んだという研究者にとっても意外な結果が出たのです。

今ではこの実験結果に脳科学的な根拠も見つかり実証されているのです。

「バーカ」という言葉は、子供はその言葉を楽しんでいるだけのつもりでも、これは社会的に見れば他人を傷つける攻撃的な言葉です。

今後成長とともにもっとひどい言葉に変わっていく可能性が高いと思って、厳しく叱ってあげてください。

アメリカに学ぶ「タイムアウト」という考え方

32675404275_77a22cb18c_z

これまで叱ることについてお話ししてきましたが、外国と日本では叱り方に違いがあります。その中でも顕著なのが、アメリカの「タイムアウト」という方法です。

日本では、子供が悪いことをしたらその場で叱ることが多いですが、アメリカでは一旦時間を置きます。

子供が悪いことをしたら、その場から一度遠ざけて、自分で考えさせる時間を作ります

そして、子供が冷静になったところで、親も冷静になぜそれが悪いことなのかを諭します。

日本では叱る際に親子ゲンカになりがちですが、この方法ではお互いが冷静な状態であるため、目的をぶらさずに叱ることができます

どのくらいの時間タイムアウトさせるべきかは各家庭によって異なるようですが、基本的に数分〜数十分であることが多いようです。

客観的に聞くと短いように思えますが、子供からしてみればとても長く感じる時間だそうです。

余談ですが、日本とアメリカの叱り方には他にも面白い違いがあります。

よく日本では、子供を叱る際に、「この家から出て行け!」と言われますが、外国では逆に“外出禁止”を言い渡すことが多いようです。

なんだか国民性を表すようで面白いですね。

【動画あり】子供を感情的に叱らないためのストレス解放ストレッチ

仕事をしながら家事に育児、ホッとする間もストレス発散する暇さえないのに、感情を必死で抑えて子供を叱るのは大変ですよね。

そこで、どれだけ時間のない人でも簡単にできるストレッチを1つ。以下の動画を参考にしてみてください。

まず、仰向けになって大の字になります。息を吸いながら右足、左足、お腹、胸、右手、左手の順に筋肉の緊張と弛緩を繰り返しましょう。

それだけで全身の力が抜け、リラックスできますよ。

まとめ

「子供を叱る目的」や「タイムアウト(海外の叱り方)」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

子供を叱るというのは、子供を愛している証拠でもあります。

しかし、何度も言うようですが、親だって人間です。時には感情を爆発させてしまうこともあると思います。

そんなときは、叱る目的を思い出して、子供をしっかりフォローしてあげるようにしましょう。

●ライター/SAYURI(心理食育インストラクター)
●追記/パピマミ編集部
●モデル/神山みき(れんくん)赤松侑里(さゆりちゃん)

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったらいいね!しよう♡
  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る