ライフハック

乳幼児ママに便利!? 「ウォーターサーバー」導入のメリット・デメリット

乳幼児ママに便利!? 「ウォーターサーバー」導入のメリット・デメリット

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

【ママからのご相談】
妊娠8か月のプレママです。家電量販店の店頭で、ウォーターサーバーレンタルの実演販売をやっていました。「夜中のミルク作りに最適ですよ!」とすすめられましたが、実際のところどうなのでしょうか。コストの面や実用面で、アドバイスありましたら教えてください。
うるのん

a あれば便利なのは間違いありません。

わが家ではウォーターサーバーを愛用しています。子どもが産まれる前どころか、結婚する前の独身時代からなので、もう5年ほどになります。子どもが産まれて、ミルクを作るようになり、新たな角度でウォーターサーバーのメリットとデメリットが見えてきましたので、実体験を交えてご紹介していきます。

151123yayama

“ウォーターサーバー”を取り入れるメリット・デメリット

メリット3つ

ー(1)お湯がすぐ出て沸かす手間が省ける

ウォーターサーバー最大のメリットは、何と言ってもこの“いつでもお湯が出る”機能でしょう。お湯を沸かさなくて済む分だけミルク作成時間が短くなり、その分子どもが泣きわめく時間が短縮できました。

ー(2)水を買いに行く手間が省ける

ウォーターサーバーをレンタルした場合、定期的にミネラルウォーターを宅配してもらえるので、自分で買いに行く手間が省けます。新生児期など、日々の買い物に出ることも難しいような時期には、特に重宝することでしょう。

ー(3)飲みたいときにすぐ水が飲めるため、ママの水分不足を防げる

これは隠れたメリットです。授乳期のママは、おっぱいを与え続けなくてはならない分、普通の状態よりも喉が乾きやすくなっています。ウォーターサーバーがあれば、いつでも冷たい水や温かいお湯が飲めるので、喉の渇きをいつでも潤おすことができます。

デメリット2つ

ー(a)ミネラルウォーター購入と比べて、コストがかかる

費用は業者により異なりますが、サーバーレンタル代(無料の場合もあり)と、水の代金がかかります。水の価格は、コンビニやスーパーで販売しているペットボトル入りのミネラルウォーターと比べると、ほぼ間違いなく割高です。

ー(b)定期メンテナンスが必要。長期不在時は水抜きが必要な場合も

よほど高性能なサーバーでない限り、週に1回から2週間に1回程度、サーバーのメンテナンスが必要です。2週間以上不在にする場合は、サーバーから完全に水を抜く“水抜き処理”が必要なサーバーもあります。

水道水が飲める環境であれば、不要かも?

妻の里帰り出産に同行し、妻の実家で2か月ほど過ごしたのですが、そちらにはウォーターサーバーの設置がありませんでした。その間は電気式湯沸かし器を使用していましたが、ミルク作りの際に少し時間がかかること以外に不便は感じませんでした。

ただ最近は、ママ向けのミルク作りに使いやすいウォーターサーバー(しかも圧倒的に安い)もあるようなので、水道水がそのまま飲めるない環境の場合はウォーターサーバーを導入しても良いかもしれません!主な動機が“ミルク作り”であるならば、まずは授乳期間中だけと決めて申し込んでみるのもありですね。

ママ向けのウォーターサーバーなら『うるのん』で間違いなしです。ママに優しいチャイルドロックや初回12Lが無料で付いてくる特典など、初めてのウォーターサーバーでも簡単に使い始めることができます。

ワンウェイ

しかも500mlあたり79円と天然水とは思えない安さ。配送も、メンテも、サーバーも全部無料だからお得ですね!

お住まいが都心であったり、マンションやアパートの建物自体が古く、水道水を飲むことに抵抗がある環境の場合は、上述のメリットとデメリットを参考にして、ご検討くださいね。

【関連記事】

実はよくわかんない!母である私の『赤ちゃんのミルク作りに使う水』体験記
産後にも効果的な授乳に影響のない簡単ダイエット法
赤ちゃんは水を飲んでもいいの?赤ちゃんが水を飲む注意点とオススメ

media【参考リンク】
水安全計画について | 厚生労働省

 

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る