赤ちゃんの癇癪の対応法

イヤイヤ期によくある!? 怒ると物を投げる子どもの心理と対処法5つ

イヤイヤ期によくある!? 怒ると物を投げる子どもの心理と対処法5つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

【ママからのご相談】
1歳半の息子の母親です。最近、息子が思い通りにいかないことがあると近くにある物を投げるようになりました。

その都度叱っていますがなかなか止めず、余計かんしゃくを起こしてしまいます。どう接すれば良いでしょうか?

目次
 イヤイヤ期(第一次反抗期)の子どもの特徴(P1)
 物を投げる子どもへの対処法5つ(P2)
 子どもだけじゃない!? “物を投げる大人”の心理と対処法(P3)
 まとめ(P3)

ご相談ありがとうございます。赤井理香です。

息子さんは1歳半ということですので、そろそろ第一次反抗期も入ってきているのかもしれませんね。

「成長のための一過程」とはいえ、毎日接するお母様としては、1日も早く収まって欲しいというお気持ちだと思います。

今回は、イヤイヤ期の特徴や怒って物を投げる子どもに対する接し方のポイントをご紹介します。

イヤイヤ期(第一次反抗期)の子どもの特徴

160919monowonagerukodomo

子どもが親の言うことに聞かなくなったり、かんしゃくを起こすようになるのは、主に2歳から始まることが多いです。

この時期のことを一般的に“イヤイヤ期”、別名“第一次反抗期”と呼びます(“2歳はイヤイヤ期、3歳からは第一次反抗期”という説あり)。

なぜこの時期の子どもが反抗的になるのかというと、それまで無力で受動的だった赤ちゃんが、一人の“人間”として自立するための自己主張期間だからです。

つまり、イヤイヤ期の子どもはママに“反抗”しようとして「イヤイヤ」しているわけではなく、ただ単に自分の気持ちを伝えるために“自己主張”をしているわけです。

その自己主張を“反抗”と捉えるのは完全に親目線の一方的な見方なんですね。

まだ言葉を話せない子どもが物を投げるのは、“自己主張”の一環なので、それを頭ごなしに叱ってしまうと、「自己主張してもムダなんだ」ということを植え付けることになってしまいます。

そのため、この時期の子どもが物を投げることは、“正常に成長している証拠”でもあり、仕方のないことだと知ることが大切です。

「ウチの子はおかしいのでは」「将来人を傷つける子になるかも」などという不安は捨て、肩の力を抜いてイヤイヤ期を乗り越えましょう。


→次ページでは、物を投げる子どもへの対処法を見ていきましょう。

ページ: 1 2 3

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る