夫婦円満のヒントに! 夫と妻がお互いに抱える不満と解消法6つ

2013.10.10

こんにちは、ライターの赤井理香です。

今回は、絆を深め、いつまでも仲の良い夫婦でいるために、「パートナーへの希望」について、結婚生活1年目から20年目までの夫婦に聞いてみました!

世の夫婦たちの本音を聞き、夫婦円満のヒントにして下さいね。

目次
 夫が妻に不満を感じること9つ(P1〜3)
 妻が夫に不満を感じること5つ(P3〜4)
 夫への不満が妻に引き起こす病気(P5)
 不満を持つのは夫と妻の脳の仕組みの違い?(P5)
 夫婦の不満を解消する方法6つ(P5〜6)
 まとめ(P6)

夫が妻に不満を感じること9つ

170503re

(1)愚痴を言わないで欲しい

「帰ると、すぐにご近所や子どもの愚痴をすごい勢いで言われる。こっちも仕事で疲れているんだけど……」とは夫側の意見。

対して妻からは……

「一日一人で、夫や子どものために色々やっているのだから、話くらいは聞いて欲しい」との意見が出ました。

会社で弱音も吐かずに、家族のために一日頑張っていた夫と、近所付き合いや子どもの世話、家事など、一日頑張っていた妻。

どちらの気持ちもわかりますね。

こんなときは、まずは妻から夫に労いの言葉をかけることで、夫の心も緩み、「少し話を聞こうかな」という気持ちになりやすいようです。

また、時には二人で外に食事に出かけたりと、普段とは違う場所で過ごすことで、気分が変わり、互いに昔の相手に対する気持ちを思い出せるかもしれませんね。

男性は、何かを言われるとアドバイスを求められていると思い、解決のための答えを提示しようとします。ダラダラとゴールの見えない話を聞くことは苦痛に感じてしまいます。

対して女性は、解決よりもただ、「聞いてもらうこと」を望んでいることが多いものです。

そんな男女の違いを知り、「5分だけ話を聞いてもらいたいんだけど、いい? ただ聞いてくれるだけでいいから」と、終了時間というゴールと、「ただ聞いて欲しい」という希望を明確に伝えることで、男性も安心して話を聞くことができます。

互いに少しずつ相手の気持ちに寄り添い、表現の仕方に気をつけるだけで、夫の「愚痴を聞かされる」という苦痛が薄まり、妻の「話を聞いて欲しい」も満たされます。

(2)家事を頑張って欲しい

料理の不満がほとんどだと思ったのですが、意外と多かったのが、「妻が部屋の片付けが出来ない」ということに対しての不満でした。

「仕事から帰った時に部屋が散らかっていると、疲れが倍増する」という意見も出ました。

人は視覚情報をキャッチする生き物です。部屋が散らかっていると、無意識のうちに大量の情報が頭に流れ込み、脳が常に疲れている状態になります。

それも無意識のことなので、本人は、「何だかしらないけどイライラする」「部屋にいると疲れる」と、漠然と感じるだけです。

そんな無意識の居心地の悪さから、帰宅が遅くなったり、家でリラックスできなくなる……などのことがないように、散らかしても、旦那様が帰宅する前にはある程度片付けておいた方が良さそうですね。


→次ページでは、引き続き“夫が妻に不満を感じること”について見て行きましょう。

(3)女を忘れないで欲しい

「いつもノーメイクでジャージ姿だと女を感じない」「最低限女性としての意識は持ち続けて欲しい」とのたくさんの意見が聞かれました。

「夫が結婚したら優しくしてくれなくなった」のは、夫が変わったことが理由ではなく、もしかしたら、妻であるあなたが変わったことが理由かもしれません。

「結婚したから構わなくていいや」ではなく、結婚したからこそ、綺麗でいるための努力や、女性としての意識は持ち続けていたいものです。

(4)仕事のことに口を出さないでほしい

「仕事のことに口を出されるとやる気がなくなる」という声も多く聞かれました。

妻にしてみれば、夫が仕事で遅く帰ってきたり疲れてすぐ眠ってしまったりしていたら小言の一つも言いたくなるものです。

しかし、夫は家族を守るために働いているため、「早く帰ってきてよ」とか「会社やめたら?」「要領悪いんじゃないの?」などと口に出すのは避けましょう。

大抵の男性は妻に自分の仕事に口を出されることを嫌います。

また、当たり前ですが稼ぎに対する愚痴も厳禁です。「なんでこんなに給料が少ないの?」と責めてしまうと、夫はやる気をなくしてしまい、ますます仕事に対して消極的になるでしょう。

(5)オチのない話を延々しないでほしい

170503re1

とくに仕事で疲れている男性は、「オチのない話がツラい」そうです。

男性は結論のない話を長時間聞くことに苦痛を感じます。

どうでもいいワイドショーの話や近所のママ友のうわさ話など、あまり実のない話を妻に延々聞かされると不満を抱いてしまいます。

もちろん、全部が全部オチのある話をする必要はありませんが、なるべく意識して話すと夫婦の会話も弾むようになります。

(6)休日に放置しないでほしい

「休日に放置しないでほしい」という声も多くありました。

働く夫にとって、休日は家族とゆっくり過ごすことができる貴重な時間。

しかし、人によってはここぞとばかりに子育てや家事を夫に押しつけ、ママ友や友達と遊びに出かける妻もいます。

妻に家庭を放置して一人だけ遊びに出かけられるのは夫としては寂しいものです。

たまの息抜きでママ友や友達と遊ぶのは全然構いませんが、普段はなるべく家族と一緒に過ごすようにしましょう。

(7)必要以上にケチケチしないでほしい

「妻のケチっぷりに辟易する」という人もいました。

妻は家計を任されていることが多いので、どうしてもお金のことには厳しくなってしまいます。

しかし、必要以上にケチケチしていると夫の労働意欲を削ぐことになります。

夫が「外食したい」と言ったときに、「うどんならいいよ」とそっけなく返したり、「新しい仕事用の靴を買いたい」と言ったときに「まだ必要ないでしょ」などと返したりするとやる気をなくしてしまいます。

節約は大切ですが、時と場合によって例外を設けることも大切です。


→次ページでは、引き続き“夫が妻に不満を感じること”について見て行きましょう。

(8)生理中の八つ当たりをやめてほしい

妻が生理中に八つ当たりをしてきて困っている、という人もいるようです。

女性の中には生理が重く、心身ともに負担がかかる人もいます。そのため、家事がうまくできなかったり、会話でも覇気がなかったりといったことが起こります。

そこまでならいいのですが、夫に八つ当たりをしてしまう人もいるようで、生理期間中だけ関係がギクシャクするという夫婦も少なくないようです。

(9)子ども中心にならないでほしい

女性は子どもが生まれると“女”から“母親”に変わるものですが、それを寂しく思う男性もいるようです。

あるケースでは、子どもが生まれた途端、全く相手にされず無視されるようになったという人もいました。

妻があまりにも子ども中心になってしまうと、夫は「自分は家族にとって一体何なんだろう?」と悩んでしまいます。

「おはよう」「おかえり」といった簡単な挨拶でもいいので、少しでも夫に構ってあげましょう。


「愚痴は言わず、家事を頑張り、女をわすれないで欲しい」という、夫側の本音がわかりました。

こう書いてしまうと、「妻だって大変なのに、夫ばかり好きなことを言って」と思われる方もいらっしゃると思いますが、夫に気分良く働いてもらい、家でもお互いの居心地を良くするために妻側が一歩引くことで夫婦円満でいられるのであれば、十分やる価値のあることかもしれないと思いました(今現在はできていませんが……)。

また、裏の一位とも言えるのが、「感謝して欲しい」という本音。

「愚痴を言うのは、自分の方が大変だと思っているから。家族のために仕事を頑張る自分のことも、ちょっとは気遣って欲しい」

「お仕事お疲れ様の気持ちがあれば、もう少し家事をちゃんとやるのではないか」

「自分といる時に全く外見を気にしていないと、男としての自信をなくす。自分はどうでもいいのかと思う」

どれも表面的には色々言っていますが、根本にある感情は、

・認めて欲しい
・労って欲しい
・ほめて欲しい

という、「感謝される存在」への憧れを感じます。

自信があるように見えても、女性が思ってもみないことで自信をなくすのが男性だと思います。

女性の方は、意外とナイーブな男心知って、ぜひ旦那様に優しく接してあげて下さいね。

妻が夫に不満を感じること5つ

170503re2

(1)無口になるのはやめてほしい

『結婚前はやたらしゃべる性格だったのに、子どもができてからは無口になった夫。会話しても「ふーん」とか「そう」ばっかりでイライラする!』(32歳女性/結婚6年目)

結婚前と比べて夫の口数が少なくなったことを不満に感じている妻は多いようです。

仕事で疲れていると分かっていても、我慢ができないのだそう。


→次ページでは、引き続き“妻が夫に不満を感じること”について見て行きましょう。

(2)家政婦扱いするのはやめてほしい

『家に帰ってくるなり、ソファに寝転がって「ビール!」とか「メシ!」とか指図してくるのがすっごいムカつく。私は家政婦じゃないし、奴隷でもない。普通に「ビール持ってきてくれない?」って言えないの?』(41歳女性/結婚12年目)

夫からの扱いが雑になっていることに不満を抱えている人も多いようですね。

“親しき仲にも礼儀あり”という言葉があるように、どんなに長い付き合いでもぞんざいに扱われることを喜ぶ人はいません。

(3)夕飯不要の連絡をしないのはやめてほしい

『普段は子育てにも協力してくれるし優しいから好きですけど、夕飯不要の連絡を入れてくれないのだけはイライラします。こっちはせっかく手間ひまかけて料理作ってるのに、帰ってきたら「要らないよ」だって!』(34歳女性/結婚6年目)

これも主婦にとってはあるあるの不満だそうです。

夕食が不要な場合は事前に教えてもらわないと、料理を作る側からすると困惑してしまいますよね。

「今日は豪勢にしちゃおう!」と頑張って作ったのに、要らないと言われて冷蔵庫にしまう気持ちは男には理解できないのでしょう。

(4)だらしなく過ごすのはやめてほしい

『結婚当初はかっこ良かったのに、今では家の中でゴロゴロするだけのトドみたいになってて嫌です。休日くらい息子と野球でもやればいいのに、ずっとベッドの上から動かない』(37歳女性/結婚15年目)

夫がダラダラ過ごしているのを見るのが嫌という人もいるようです。

休日にゴロゴロしたい気持ちは分かりますが、妻や子どもを差し置いてだらけているのを見るとイライラしますよね。

遊んでもらえない子どももかわいそうです。

(5)家事をしないのはやめてほしい

『うちは共働きなので、結婚したときにちゃんと家事分担しようって話をしたのに、今ではほとんど私が家事をやってることにイライラします』(33歳女性/結婚3年目)

家事の不公平感に不満を抱いている人も少なくないようです。

とある番組の調査によると、男性が家事・育児に費やす時間は一日でなんと24分だけ。女性は4時間12分ですから、10%にも満たない形になります。

この現状にイライラしない女性はいないでしょう。


→次ページでは、夫への不満が妻に引き起こす病気について見て行きましょう。

夫への不満が妻に引き起こす病気

170503re3

夫への不満によって妻が発症する病気の一つに、“主人在宅ストレス症候群”があります。

主人在宅ストレス症候群は、主に定年後の夫をもつ妻が発症する病気で、夫が家にいるだけで体調を崩してしまう症状のことを指します。

普段から妻を精神的に抑圧するような言動をとっているモラハラ夫が定年を迎えると、妻はそれまで以上に心的負担を強いられるようになります。

主人在宅ストレス症候群が悪化すると、胃潰瘍や過敏性腸症候群などを発症するほか、パニック障害やうつ病を発症することもあると言われています。

多くの場合、原因である夫は妻の不調が自分のせいだと気づかないため、自分の行動を省みることがありません。また、妻のほうも相手が夫であるため、強く相手を否定することができません。

このことから、主人在宅ストレス症候群は治療が難しいと言われています。

発症したことを機に関係がこじれ、熟年離婚に至る夫婦もいます。

夫が原因で発症することから、“夫源病”という名称でも知られています。

不満を持つのは夫と妻の脳の仕組みの違い?

170503re4

妻側の悩みの一つに「夫が何度言っても言うことを聞かない」というものがあります。

「洗濯物を入れるときはポケットから物出してね」「夕飯が要らない日はちゃんと連絡してね」と言っても何度でも繰り返す夫……。

そういうやりとりをしているうちに「うちの旦那はアホなのかしら」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、実はこのすれ違いには脳の仕組みが関係していると言われています。

とある脳科学の実験によると、不快な画像を見せたとき、男性は扁桃体が反応し、女性は前頭前野が反応したという結果が出ました。

前頭前野は短気記憶をつかさどる場所で、不快な情報を長期間保存しておくことはできません。一方、前頭前野は長期記憶に関係する場所です。

このことから、男性は女性よりも不快な出来事を忘れやすい傾向にあると言われています。

何度注意しても夫が同じことを繰り返してしまうのは、脳の仕組み上仕方のないことと言えるのかもしれません。

夫婦の不満を解消する方法6つ

170503re5

(1)自分の好きなことに熱中する

相手への不満が爆発しそうなときは、自分の好きなことに熱中するのがオススメです。

時間を確保するのが難しいという場合は、10分ほどでもいいです。自分のストレスを発散できる時間を設けてください。

たとえば、女性だったら大好きなスイーツを食べる時間を作る、男性だったら好きな趣味の番組を見る、など。

自分で発散できるストレスは、なるべく自分で完結してしまうのも一つの手です。

(2)一緒に過ごさない時間を作る

どうしても相手に嫌悪感を抱いてしまう場合は、いっそ外出して一緒に過ごさない時間を作ってみることが大切です。

休日はどちらもずっと家にいることがあるかと思いますが、外出して散歩したりカフェに行ったりして気分転換しましょう。

冷静になることで夫婦関係を改善するうまい方法が見つかるかもしれません。


→次ページでは、引き続き“夫婦の不満を解消する方法”について見て行きましょう。

(3)周囲に愚痴る

あまりいい方法ではありませんが、他人に愚痴を言うことはストレス解消につながります。

そのため、どうしてもツラいときは周囲の人間を頼るのもいいでしょう。

愚痴った後は気分を切り替えることを約束し、一度全部吐き出してみると思わぬストレスの原因が見えることがあります。

(4)不満を紙に書き出してみる

相手に対して抱いている不満の正体が掴めない場合は、一度紙に書き出してみて、客観的に眺めると効果的です。

不満リストをたどっているうちに、根本原因が見えてくるかもしれません。

(5)共通の趣味を二人でやる

夫婦仲が険悪なときこそ、二人で楽しめる共通の趣味をやってみるのもいいでしょう。

バラエティ番組や映画を観たり、ゲームをしたり、ハイキングをしたり……。

二人で“楽しい”と思える時間を共有することで、日頃の不満が消化されることも少なくありません。

(6)隣に座って話をする

あまりピンとこない人もいるかもしれませんが、人は正面で話すより隣で話したほうが会話が弾む傾向にあります。

とくに関係が険悪な状態ではなおさらでしょう。相手の目を見て話すのではなく、なんとなく同じ方向を見ながら話すことで会話に集中することができます。

まとめ

いかがでしたか?

いつでも自分のことを認めてくれて、大切にしてくれる妻や夫をパートナーは大切に思うはずです。

ご自分が選んだパートナーだからこそ、その選択に自信と責任を持って、たくさんの「ありがとう」を伝えて、あたたかい関係を築いていきたいですね。

●追記/パピマミ編集部
●モデル/福永桃子藤沢リキヤ大上留依(莉瑚ちゃん)倉本麻貴(和くん)



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ