子育て(6歳〜12歳・児童)

どっちを選ぶ? 「私立小学校」と「公立小学校」のメリット&デメリット

どっちを選ぶ? 「私立小学校」と「公立小学校」のメリット&デメリット

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。ママライターのKOUです。

秋は小学校の受験シーズンです。遅くとも年中の11月ごろから幼児教室に入るなどの受験対策をされるご家庭が多いとか。

受験に抵抗がある場合には、まず自分の気持ちを具体的に整理していくことが大事だと思います。

お近くの公立小や通わせたい私立小の情報収集をすることもあわせておすすめします。

実際に小学校受験をするかどうか迷って、私立小に通わせたママさんと公立小に通わせたママさんたちに、メリット・デメリットを取材してきましたので、さまざまな点から、私立小学校と公立小学校の特徴を見ていきたいと思います。

目次
 私立小学校に通わせるためにかかる費用(P1)
 子どもを私立小学校に通わせる家庭の年収(P2)
 私立小学校のメリット8選(P2)
 私立小学校のデメリット12選(P3〜4)
 私立小学校の選び方4つ(P5)
 名門私立小学校の御三家(P5)
 公立小学校に通わせるためにかかる費用(P5)
 公立小学校のメリット9選(P6)
 公立小学校のデメリット8選(P7〜8)
 名門公立小学校の魅力(P8)
 越境入学と区域外就学(P9)
 公立小学校の富裕化(P9)
 まとめ(P9)

私立小学校に通わせるためにかかる費用

numbers-money-calculating-calculation-large

子どもを私立小学校に通わせることを考えたとき、一番ネックになるのが学費でしょう。

公立小学校と比べたら格段に高いことは言わずもがなですが、具体的にどれくらい費用がかかるのでしょうか。

まず、初年度納入金について。東京都内にある私立小学校(53校)における、2011年初年度納入金の平均は、1,057,798円とのことです。

私立小学校の初年度納入金ランキングと私立小学校の年間授業料ランキングについても、それぞれ5位までご紹介します。

【私立小学校の初年度納入金ランキング(2011年)】
・1位:立教……1,595,800円
・2位:慶應義塾……1,531,480円
・3位:青山学院……1,463,000円
・4位:立教女学院……1,416,400円
・5位:東京女学館……1,438,500円

【私立小学校の年間授業料ランキング(2016年)】
・1位:慶應義塾横浜初等部……940,000円
・1位:慶應義塾幼稚舎……940,000円
・2位:関西学院……800,000円
・2位:関西大学……800,000円
・2位:同志社……800,000円
・2位:立命館……800,000円

上位5校では、やはりかなり高額になることがわかります。ちなみに、別途、交通費と、給食がなければお弁当代もかかるとのこと。

さらに、学校によっては英語や楽器などの教室があるところもあり、それらを利用するにはさらに費用がかかります。

また、学費とは別に「寄付金」や「学校債」と呼ばれるものもあり、多くの場合、任意ではありますが1口5万〜10万円を2〜3口というケースがほとんどだそうです。


→次ページでは、子どもを私立小学校に通わせる家庭の年収を見ていきましょう。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9

ライター紹介

KOU

KOU

大学卒業後、新聞社に入社。地方支局や芸能部などで、10年間にわたり記者生活を送った。あっとういう間に30半ば目前に。「このままでは結婚できない」と思い立ち、婚活に専念(?)しようと、退職。数か月後には結婚相手を見つけた。36歳で1人目を出産。育児中には通信講座で保育士の資格を取得、少しは役に立っているのか、息子もすくすく育っている。現在は、のらりくらりと在宅でライター業を営む。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る