出産・育児

妊娠中でも飛行機に乗って大丈夫?妊婦さんが搭乗前に気をつけておくべきこと

妊娠中でも飛行機に乗って大丈夫?妊婦さんが搭乗前に気をつけておくべきこと

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

「妊娠中はできるだけ安静に」といわれますが、どう「安静」にするかについては明確な基準はありません。そのため、何をどの程度までおこなって大丈夫なのか不安になる妊婦さんも多いのではないでしょうか。

なかでも飛行機は環境自体が変わるので、「赤ちゃんに気圧の変化が影響しないのかな?」、「途中で気分が悪くなっても降りられないし……」と、心配なことがたくさん。でも、帰省や里帰り出産、仕事を続けている妊婦さんなら出張などで利用しなければならないこともあるでしょう。

そこで、妊娠中でも安心して飛行機に乗れるように、気をつけたいことや知っておきたいことをまとめてみました。

妊娠周期ごとの注意点

通常は正常な妊娠状態であれば、赤ちゃんへの影響もとくにはないといわれています。ただ、切迫流産や切迫早産の危険性がある、妊娠合併症を患っているなど、母体や胎児が危険な状態にある場合や、出血や腹痛があるときには、やむをえない事情がない限り先延ばしにしたほうが賢明です。どうしても乗る必要性があるときには、担当医に相談して指示を仰いでくださいね。

では、妊娠初期・中期・後期にわけてくわしく見ていきましょう。

妊娠初期

妊娠初期は胎盤が未完成のため、ムリをすれば流産の危険性が高い時期。つわりのある場合は乗り物酔いもしやすくなるので、できることなら飛行機は避けたい時期です。移動の必要があるなら飛行機以外で負担の少ない手段を考えるか、飛行機を利用するなら酔い止め対策をするとともに、エチケット袋も多めに手荷物へ入れておきましょう。空腹からくるつわりを軽減するために、飴を持ち込んでおくのもオススメです。

妊娠中期

安定期に入る妊娠中期は、ある程度の行動は不自由なくできるようになります。つわりも治まる人が多いので、飛行機に乗るにはいちばん適した時期です。ただ、やっぱりムリは禁物。少しでもお腹にハリや違和感があったら、当日でもキャンセルするくらいの心構えもしておきましょう。

妊娠後期

お腹の大きくなる妊娠後期。いつ産まれてもおかしくない時期に入っているので、行動は慎重に。お腹が張り出して狭い機内では動きづらかったり、バランスを崩しやすかったりもするので、転倒にも注意しましょう。また、長時間同じ体勢でいるのは腰痛や足の痛みを引き起こしやすいので、使い慣れたクッションなどを持ち込んでおくと安心です。

なお、出産予定日の一ヵ月以内に搭乗するときは、出産予定日までの日数に応じて、診断書と同意書の提出や医師の同伴が必要になります。
日本の主要航空会社である日本航空(JAL)、全日空(ANA)の基準を、国内線・国際線の場合に分けまとめてみました。

妊婦さんの︎搭乗で必要なもの

<国内線>
◯日本航空(JAL)、全日空(ANA)両航空会社
  • 出産予定日の28~8日前まで:搭乗日を含めた7日以内に“健康上支障がない”旨を医師が記した診断書と、妊婦さん直筆の同意書

  • 出産予定日の7日前まで:診断書と同意書の提出、医師の同伴

 

<国際線>
◯日本航空(JAL)
  • 出産予定日の28日以内:診断書と同意書の提出

  • 出産予定日の14日以内:診断書と同意書の提出、医師の同伴

  • その他:予定日が不明な場合、双子以上の妊娠、早産の経験がある場合は、週数に関係なく診断書と同意書の提出が必要

◯全日空(ANA)
  • 出産予定日の15日以上28日以内:診断書と同意書の提出

  • 出産予定日の14日以内:診断書と同意書の提出、医師の同伴

診断書も同意書も各航空会社のホームページからダウンロードできるので、事前に確認しておきましょう。

また、この時期の飛行機利用は、通常の座席ベルトでは届かなかったり、届いてもお腹を締め付けたりする可能性が高くなるので、延長ベルトのレンタルも忘れずに。

なお、チェックイン時におこなわれるX線検査は高周波の磁界を発生させている磁石のようなものなので、妊婦さんにも赤ちゃんにも影響はありません。どうしても心配なときは、妊娠中であることを伝えて相談してみましょう。

飛行機を予約する前に確認しておきたい4つのこと

283798

いずれの周期であっても、できる限りお腹に負担をかけない行動を心がけることが大切です。そのために、事前に確認しておくべきことが4点あります。

1. 担当医に相談する

飛行機を利用する移動が決まったら、まず担当医へ相談しましょう。そのとき、おおまかなプランでも行程表を持参するのがベスト。移動時間や休憩のペースなど、ゆとりを持った計画を立てるようにしましょうね。体調や時期によっては、飛行機以外で代替になる移動手段がないか検討したうえで、医師に相談してみましょう。

2. 旅先の医療機関を調べておく

妊娠中はちょっとした環境の変化でも体調を崩すことがあります。そのため、もしフライト中に気分が悪くなったりしたら、到着後すぐに病院へかかれるように、旅先で妊婦の受け入れをしてくれる医療機関を調べておきましょう。万が一に備えて、保険証と母子手帳を手荷物に入れておくこともお忘れなく。

3. 妊娠中であることを申請する

搭乗に診断書や同意書の提出が必要ない周期でも、予約時に妊婦であることを必ず告げておきましょう。その際、もし空きがあるようなら、障害者のかたや小さなお子様連れのための優先席である“バルクヘッド”の利用ができるか相談してみるのもひとつ。“バルクヘッド”はスペースが広く足元にもゆとりがあるので、フライト中お腹にかかる負担を軽減できます。窮屈な姿勢で長時間座っているのはお腹への負担も大きいので、料金は少し高くなりますが、あらかじめワンランク上のクラスを予約することも検討してみましょう。

4.通路側の席を予約する

妊娠中はトイレが近くなりやすいもの。気分が悪くなった時も含めてすぐにトイレへ移動できるように、通路側の席を予約しましょう。できるだけトイレに近い席がオススメです。また、フライト時間によってはエコノミークラス症候群の心配もあります。定期的に機内を歩いて予防するときにも、通路側ならすぐに対策ができますね。

なお、エコノミークラス症候群の予防には、こまめな水分補給も効果的。ただ、気圧の関係で腸管内のガスが膨れやすくなるので、搭乗前から炭酸飲料は避けておきましょう。

快適なフライトにするために、万全の準備をしておきましょう

これらのほか、機内での乾燥や感染症を防ぐためにマスクを用意したり、くつろぎやすい服装や疲れにくい靴にしたりと、できる限り負担が少なくなるように工夫して、快適なフライトを迎える準備をしておきましょう。季節によっては、体温調節がしやすいようにブランケットを一枚用意しておくと安心。足元の冷え対策にも使えます。

また、各航空会社によって妊婦向けのサービスが用意されているところも多いので、事前に確認しておくことも大切です。航空会社の公式ホームページで確認することができますよ。

フライト中にちょっとでも「おかしいな」と思うことがあれば、我慢せずキャビンアテンダントへ伝えてください。楽な姿勢の取れる席へ移動させてくれるなど、できる限りの対応をしてくれるはずです。
なにより大切なのは、無事に元気な赤ちゃんを産むこと。「ちょっとくらい大丈夫」とムリや我慢をして、後々大変な事態を招かないためにも、慎重な行動と万全な準備を心がけておいてくださいね。

●文/パピマミ編集部

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る