子育て関連情報

小中一貫校とは違う? 『義務教育学校』の特徴とメリット&デメリット

小中一貫校とは違う? 『義務教育学校』の特徴とメリット&デメリット

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

【パパからのご相談】
もうすぐ小学校に上がる子どもがいます。同僚と小学校選びの話をしていたところ『義務教育学校』なるものがあると聞きました。

“義務教育”なら小学校と中学校だと理解していますが、『義務教育学校』とは何なのでしょうか。どういったものなのか教えてください。

目次
 義務教育学校とは(P1)
 『義務教育学校』を理解するためのポイント7つ(P2)
 日本に設置されている義務教育学校の数(P3)
 義務教育学校のメリット4つ(P3)
 義務教育学校のデメリット3つ(P4)
 義務教育学校のこれからの課題(P4)
 まとめ(P4)

ご相談ありがとうございます。教育コンサルタントの佐藤理香です。

近年、小学校と中学校の教育を一貫して行う“小中一貫校”が増えています。

“一貫校”というと以前は私立のイメージがありましたが、最近では公立の学校も各地で開校されています。

小学校6年と中学校3年の合計9年の義務教育を一貫して行うのが小中一貫校ですが、これを制度化する学校教育法の改正案が2015年6月に可決され、2016年4月から施行されています。

既存の小学校、中学校と同じように法律で定められた正式な学校で、『義務教育学校』という名称になっています。

本日は、この『義務教育学校』を理解するポイントをお伝えします。

義務教育学校とは

上でも義務教育学校の特徴については軽く触れられていますが、ここでは具体的にお話ししていきます。

義務教育学校とは、大まかに言うと小学校と中学校を一つにまとめた学校のことで、小学校の6年と中学校の3年を合わせて合計“9年間”通うことになります。

そのため、教育内容もこれまでの“6年・3年”という区切りではなく、9年という期間で編成されることになります。

義務教育学校は小学校と中学校を一緒にするものですが、基本的には“前期課程(小学校に相当)”と“後期課程(中学校に相当)”に分けられます。

義務教育学校では学年の区切りが自由化されているため、必ずしも従来のような“6年・3年”という形にはなりません。

また、義務教育学校には2つのタイプがあり、前期課程と後期課程の校舎が同じ場所にある『施設一体型』と、校舎が別の場所にある『施設分離型』に分けられます。

義務教育学校には校長が一人しか就任できませんから、たとえ施設が別々の場所にあっても原則として校長は一人のみです。

ちなみに、日本で義務教育が小学校と中学校で分かれているのは、元々小学校しか義務教育がなかった日本に対し、戦後GHQが政策として中学校を足させたことに起因しています。

つまり、現行の日本の義務教育は後づけ的な流れで形成されたものであり、そもそも小学校と中学校で分かれていることにあまり合理性はないと言われています。

戦後70年経った今、その歪みを改善しようと国が動き始めた結果が“義務教育学校の制度化”だったわけです。


→次ページでは、『義務教育学校』を理解するためのポイントについて見て行きましょう。

ページ: 1 2 3 4

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る