コレがあると便利! 夏生まれの赤ちゃんに最適な衣類選びのコツ

夏生まれの赤ちゃんにオススメの寝具2つ

160704natuumare2

寝て過ごすことの多い赤ちゃん。寝具を整えてあげることも大切です。

(1)タオルケット

夏に通常の掛け布団では暑すぎますし、冷房のなかで何もかけないということだと体にもよくないでしょう。

そんなときには、タオルケットやガーゼケット、または大きめのバスタオルなどがオススメです。

外出時にベビーカーのカバーとして活用することもできます。

(2)スリーパー

赤ちゃんの寝返りは1時間に20回と、大人よりも多いと言われています。

タオルケットをかけていても、いつのまにかはいでしまっていることも多いはず。

そんなときにスリーパーを着せていれば、汗をかいた体が寝冷えすることを防いでくれます。夜中に何度も目を覚まし、布団をかけ直してあげる必要がなくなるでしょう。

夏生まれの赤ちゃん向け便利アイテム4つ

160704natuumare3

(1)ガーゼハンカチ

赤ちゃんが汗ばむ季節は、こまめに汗を拭いてあげることで汗疹やかぶれなどを防ぐことができます。

衣類がぐっしょりと湿ってしまう前に拭くようにすれば、着替えの回数も減らすことができるでしょう。

小さめのガーゼハンカチは何枚あっても困りません。

(2)石けん

汗をかきやすい夏の季節は、体を洗うグッズにもこだわりたいところ。できるだけ肌に刺激にならないようベビー石けんを使うのがオススメです。

特に、湿疹や汗疹などが出ている場合には、完全無添加のものを使うようにすると安心でしょう。

(3)ひんやりシート

夏のベビーカーは、熱がこもりやすく高温になりがち。赤ちゃんの負担を減らすために、ベビーカーに敷く冷却シートを活用しましょう。

簡単に洗うことができるものや、肌触りのいいものなどを選ぶようにしてください。

(4)赤ちゃん用サンミルク

赤ちゃん用サンミルクというのは日焼け止めクリームのこと。

赤ちゃんの肌はデリケートで紫外線の影響も受けやすいため、外出時には日焼け止めを塗ってあげると安心です。

肌に優しい赤ちゃん用のサンミルクを選ぶようにしましょう。

夏に赤ちゃんを出産するときにあると便利なもの3つ

160704natuumare4

(1)セレモニードレス

赤ちゃんの退院時やお宮参りなどで着るドレス。一生に一度の記念として着るもので、思い出に記念撮影などをしたい場合に準備します。

せっかくの機会ですので、赤ちゃんの一張羅として持っておくといいのではないでしょうか。

(2)汗拭きシート

夏の出産が大変なのは、赤ちゃんだけでなくママも同じこと。

出産当日はお風呂に入ることができないため、体を拭くための汗拭きシートを準備しておくと便利です。

(3)炭酸水

とにかく喉が渇く夏の出産。ジュースなどを思いっきり飲みたくなることもありますが、砂糖が多く含まれた甘いものはできるだけ避けたいところ。

そんなとき、刺激があって満足感の得られる炭酸水が大活躍! 水分補給のためにも複数本用意しておくといいでしょう。

まとめ

「夏生まれの赤ちゃんに必要な寝具」や「出産時に準備したいもの」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

かけがえのない子どものために、できることはずべてやっておきたいというのが親心ではないでしょうか。

暑くてママ自身も苦しいかと思いますが、それ以上に頑張る赤ちゃんのためにも最善を尽くしたいものですね。

●ライター/マフィー(ママライター)
●追記/パピマミ編集部