虐待・ネグレクト

もしやネグレクト? “放置子”の特徴と見かけたときの対処法

もしやネグレクト? “放置子”の特徴と見かけたときの対処法

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

【ママからのご相談】
数週間前の休日、年少になる娘と近所の公園で遊んでいると、「一緒に遊ぼー」と女の子がやってきました。小学校低学年くらいの子です。

最初は楽しく遊んだのですが、その子から変な匂いがするのに気付きました。

よくよく見てみれば、髪の毛もお風呂に入っていない感じで、服も洗ってもらっているのか疑わしい様子です。

「おばちゃんのおうちはどこなの?」と聞かれたのでつい教えてしまったら、次の日から毎日のように家にやってくるようになりました。

子ども相手だからむげにもできず、強く言えない私も悪いのですが、正直面倒くさいと感じています。

毎日のように来るその子を見て思ったのですが、いわゆる“放置子”のようです。

体に傷など虐待の跡はないようですが、あまりにもガリガリに痩せているし、休みの日などは朝かなり早く(7時台に)やってきたり、結構夕方遅くまで家に居座っていたりもします(門限が無い?)。

私も自分の子育てに手一杯なので深く関わりたくないのですが、その子がかわいそうにも感じます。

「今後関わらないようにするべきなのかも……」という思いと「なんとかしてあげたい!」という思いで悩んでいます。

目次
 放置子に向けられるネガティブな印象(P1)
 “放置子”と“鍵っ子”の違い(P2)
 放置子の特徴6つ(P2〜3)
 放置子になってしまう理由(P3)
 放置子を見かけたときの対処法(P3)
 放置子に困ったエピソード3選(P4)
 まとめ(P5)

a 放置子、ネグレクトも立派な虐待です

ご相談ありがとうございます。ママライターの木村華子です。

“放置子”とは、その名の通り親から放置されている子どもを指すネットスラングです。育児放棄されていることも多く、ネグレクトの被害にあっていることが懸念されます。

“虐待”と聞けば、子どもに身体的な暴力を振るったり、性的な行為に及んだり……といったイメージを持たれがちですが、厚生労働省は虐待の定義を、

・身体的虐待
・性的虐待
・ネグレクト
・心理的虐待

の4つに分類していますので、相談者様が遭遇している女の子のケースも虐待に当てはまる可能性が考えられます。

今回は、放置子を見つけたときの対処法について考えてみましょう。

放置子に向けられるネガティブな印象

150708kimurahanako

上にも書きました通り、“放置子”というキーワードはネットから発祥した言葉です。そのためか、インターネットで“放置子”と検索すれば、実にさまざまな体験談やエピソードがヒットします。

意外にもたくさんのママが遭遇している放置子なのですが、その内の多くは、「放置子に関わるとデメリットが多いから、早めに関わりを絶った方が良い」といったネガティブな意見です。

放置子に関わることで発生しうるデメリットには、以下のようなものがあります。

・放置子の親に注意しようとしても、親が非常識なケースが多く、トラブルにつながる恐れがある(放置の原因に母親の浮気が関係していることも……)

・放置子は、子どもよりも大人(ママ)にかまってほしいのか、とにかく人懐っこい。粘着されると毎日でも訪れる

・家に上げると、お菓子やジュースなど食べ物をもらおうとする。勝手に冷蔵庫を開けられる

・小学校高学年になってくると、放置子本人の人格も過激になってくる。同情ができない

このような理由から、ネグレクトの被害者かもしれない子どもたちがうっとうしがられている現状があるようです。

確かに、ご自身のお子様を育児中のママにとって、他の子どものことまで心配をする余裕は少ないかもしれません。

しかし、育児をしているママだからこそ、放置子を拒否してしまう自分へ罪悪感や嫌悪感を抱いてしまうこともあるのではないでしょうか。

もしも自分にできる範囲の行動があるのであれば、してあげたい、してあげるべきだと思いませんか?


→次ページでは、“放置子”と“鍵っ子”の違いについて見て行きましょう。

ページ: 1 2 3 4 5

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る