苦手を克服! 高評価がもらえる“作文”の書き方テクニック集

2013.09.26

今回は、実際に作文を書くときのポイントについてご紹介したいと思います。

このポイントを参考にして、お子さんに指導してみてはいかがでしょうか。

目次
 作文とは(P1)
 作文を書く手順5ステップ(P1)
 原稿用紙の使い方(P2)
 ワークシートを使った作文の書き方(P3)
 「4段落」で作文を書く方法(P3)
 作文を書くときのポイント7つ(P4)
 中学生が長い作文を書くときの手順とコツ(P5)
 評価が上がる作文の書き方テクニック6つ(P6)
 まとめ(P6)

作文とは

161024sakubun

まずはじめに、作文の定義を見ていきましょう。

作文とは、話の筋道を立てて、自分の考えや意見を述べた文章のことです。文字数としては、一般的に600文字〜800文字程度の場合が多いでしょう。

作文は自分の気持ちや経験、感想などを書くため、相手の感情に働きかけることが大切です。

そのため、冷静な論理的思考は不要ですが、読む相手に伝わるよう、わかりやすい文章を書くことが必要になってきます。

小論文と作文の違い

小論文は論文の小規模版という位置づけであり、テーマについての自分の考えを論理的に筋道を立てて書いていきます。

読む人(公の人)のことを考えて書く必要があるため、客観的視点で書くことが大切です。

作文の場合は自分の感想や経験などを感情を中心にして書いていきます。

作文を書く手順5ステップ

170606sakubun01

(1)伝えたいことを書き出す

いきなり原稿用紙に書き始めると、何から書いていいのか、どう書いていいのか戸惑ってしまう場合があります。

まずは、ノートに書きたい内容、伝えたいことなど、思いついたことを箇条書きにしてみましょう。

たとえば、読書感想文の場合、本を読んだ感想が「おもしろかった」とします。そこから矢印を書き、「何がおもしろかったのか」「どのシーンがおもしろかったのか」など、文章を再度振り返りながら文章を肉付けしていきます。

そのほかにも、印象に残ったシーンなど思ったことを書いていきましょう。そのとき、いつどこで誰が何をどのようにしてどう思ったのかなど、具体的に書いておくとよいでしょう。

また、「私だったら~」のように、自分の意見や考えを入れてみるのもいいです。その際は、なぜそう思うのか理由を具体的に説明するようにしましょう。

(2)文章の組み立てを考える

書き出した内容を少しずつ繋げていきます。パズルピースを組み立てて1枚の絵を完成させるように、文章の流れを考えていきましょう。

文章の流れを考える上では、下記のような構成にすることが望ましいです。

・始め……これから書くことについて簡単に説明する。

・なか……具体的な出来事・体験や感想を書く(どんなことについて自分はどう思ったのか、その根拠は何かなど)。

・終わり……文章のまとめ。出来事や体験を通して考えたこと、学んだこと、これからそれをどう生かしていきたいかなど。また、自分が一番伝えたい意見を再度主張する。

(3)原稿用紙に書き始める(下書き)

だいたいの流れが決まったら、いよいよ原稿用紙に書いていきます。

そのときに、なるべく一文が長くならないようにするのもポイントです。一文が長いと、伝えたいことが分かりにくくなってしまうからです。

逆に、短いこまぎれになりすぎても読みにくいので注意しましょう。

主語と述語がきちんと対応するよう注意して書くと読みやすく、言いたいことが伝わりやすい文章になります。

(4)原稿を見直す

下書きが終わったら、必ず見直しましょう。漢字の間違えがないか、句読点の位置は適切か、話のつながりがおかしくないかなども確認しましょう。

間違えがあったり、付け加えたりしたい場合は、赤ペンで原稿用紙に直接記入してしまいましょう。

また、一度、完成した作文を誰かに読んで聞かせ、意味が伝わっているか確認することも大切です。耳で聞いたときに伝えたい内容が伝わっているか、分かりやすい文章かを聞いてみましょう。

(5)清書する

最後に、修正点を反映させながら、新しい原稿用紙に清書していきます。

誤字・脱字に注意しながらゆっくりと、丁寧に書いていきましょう。


→次ページでは、原稿用紙の使い方を見ていきましょう。

原稿用紙の使い方

160713genkouyousinotukaikata

題名と名前

題名は上を2〜3マスあけて書きます。

名前は題名の隣の行に、下が1〜2マスあくようにして書きます。なお、姓と名のあいだには1マスあけましょう。

書き始めや段落

本文の書き始めは上を1マスあけます

また、新しい段落にする場合(改行する場合)も、上を1マスあけて書きましょう。

句読点は1マスに1つ

句読点(「。」「、」)も通常の文字と同様、1マスに1つ書きましょう。書く位置は、マス目の右上になります。

ただし、句読点は行の最初(一番上のマス)に書くことはできないため、句読点が行の最後にきて、下にもうマス目がない場合には、最後の文字と一緒のマス目に書きます。

会話文はかぎかっこへ入れる

会話文を書く際は、かぎかっこ(「」)に入れて書きます。原則として、会話文の書き始めは改行します。

会話の終わりにふる句点は、最後のカギカッコと同じ1つのマスに書きます。

会話文の後に続ける文章についても改行するのが基本です。その際、段落が変わる場合でなければ、上に1マスあける必要はありません。

会話文以外でかぎかっこを使う場合

会話文以外で強調したい言葉や固有名詞(本や映画のタイトル、学校名、人名など)をかぎかっこで囲む場合は、かぎかっこから改行する必要はありません

また、とじるかぎかっこに句点は不要です。とじた後の改行も必要ありません。そのまま続けて書きます。

小文字「っ」「ゃ」「ゅ」「ょ」の書き方

「っ」「ゃ」「ゅ」「ょ」は行頭に来てもいいですし、前の行の最後のマスに最後の文字と一緒に書いてもいいです。

ただし、先生によっては行頭と行末のどちらかにすると教えている場合もあるので、先生の指示に従いましょう。

数字の書き方

原稿用紙が縦書きの場合は、数字は漢数字で書きます。ただし、算用数字のほうが見やすい場合(桁数が多いなど)はねかせて算用数字で書くこともあります。

漢数字の場合は1マスに1文字、算用数字をねかせて書く場合は1マスに2文字となります。

アルファベットの書き方

アルファベットの場合、記号などは1マスにつき1文字を縦書きで書きます。

英単語の場合はねかせて1マスに2文字入れます。


→次ページでは、ワークシートを使った作文の書き方を見ていきましょう。

ワークシートを使った作文の書き方

上手な作文を書くためには、ワークシートを使ってみるのも1つの手です。

始め・なか・終わりという構成に沿って、ワークシートを埋めていけば、作文がすらすら書けるようになります。

たとえば、夏休みの出来事についての作文を書く場合、次のような手順でワークシートを書いていきます。

始め

夏休みに体験した出来事の中で一番印象に残った思い出を書きましょう。

そのとき、どう思ったのか(感動した・楽しかった・おもしろかった・驚いた・悲しかったなど)という感情と、出来事(海に行った・キャンプをした・旅行へ行ったなど)をおおまかに書きます。

なお、いくつもの出来事を挙げてしまうと、内容が薄くぼやけた作文になってしまうため、出来事は1つに絞りましょう

なか

始めに選んだ夏休みの一番思い出に残った出来事について、具体的に詳しく書いていきます。

その出来事の詳しい様子や、それを体験したときにどう思ったのか、なぜそう思ったのかを書きましょう。

終わり

「なか」で書いた出来事を通して自分が考えたことや、これから自分がしたいと思っていることを書きます。


こうしてワークシートが埋まったら、それを原稿用紙に書き写していけば作文の完成です。

「4段落」で作文を書く方法

170606sakubun03

ワークシートを使った作文の書き方では、「始め」「なか」「終わり」の3つに分けて作文を完成させる方法をご紹介しましたが、4段落で作文を書くという方法も有効です。

4段落の場合、内容は次のような分け方になります。3つか4つか、自分が書きやすい方を試してみてくださいね。

始め

まずは自分がこれから書く作文の内容について、簡単に紹介しましょう。

例:私はこの夏休み中に家族と一緒に山梨県へキャンプへ行き、忘れられないほど美しい星空と出会いました。

なか1

作文のテーマについて、一つのエピソードを書きます。

例:キャンプで私にとって一番の思い出になったのは、夜、家族みんなで星空を見たことです。東京では見たことがないほどの満天の星空に感動しました。星があんなにたくさんあるなんて、びっくりです。どの星もキラキラ輝いていて、落っこちてきそうでした。

なか2

テーマについて、もう一つのエピソードを書きます。

例:お父さんが星座早見表を見ながら、一つひとつ、星座の場所と名前を教えてくれました。お母さんは、星座ができるまでの物語を教えてくれました。星を見ながらみんなでたくさん話したり笑ったりして、とっても楽しかったです。

終わり

なか1・なか2を書いた中で、自分がどんなことを考えたのかをまとめます。作文を書き終わったとき、どのように感じたかを書きます。

例:お父さんとお母さんに星の話をいっぱい聞けたことで、私も星について興味を持ちました。もっといろいろな星について自分でも調べてみたいと思いました。


4段落で作文を書くメリットとしては、1つのテーマについて2つの話を類比させながら展開していくことになるため、頭のトレーニングになるそうです。

これは大人が文書や手紙を書く際にも活用することができます。書きたいことが多い場合は、「なか」を増やしていけばいいそうです。


→次ページでは、作文を書くときのポイントを見ていきましょう。

作文を書くときのポイント7つ

170606sakubun02

(1)タイトルは後回しでテーマを先に決める

作文を書くとき、最初にタイトルを考えるのはNGです。何も書いていない状態でタイトルを考えるのは効率が悪いですし、これから書いて行く内容がタイトルに引っ張られてしまいます。

まずはテーマを決めてしまいましょう。書くテーマを決めて作文を書き始め、すべて書き終わったら読み返し、最後に内容を考慮しながらタイトルを決めます。

(2)一文は短くテンポよく

一文が長いと意味がわかりにくい文章になってしまいます。

一文が一つの意味になるよう、短くテンポよく書くように意識しましょう。

(3)自分の考えや思い・感情は具体的に

作文は人の心に訴えかけるもの。ただ「楽しかった」「感動した」では読む人の心に訴えかけることはできません。

なぜ楽しいと思ったのか、なぜ感動したのか、どういうポイントでそう思ったのか、詳細に書くことが大切です。

(4)話題は絞る

「私の家族」や「私の友達」とおおきなくくりで話題を展開するより、「私のお父さん」や「友達のAちゃん」のように、具体的に話題の対象を絞ったほうが話が具体的でおもしろくなります。

(5)気持ちの変化を書く

ある出来事を通して変わった自分を伝えたい場合、出来事について具体的に書くのはもちろん、その出来事が起こる前の自分の気持ちと、起きた後の自分の気持ちについても具体的に書きましょう。

そうすることで、「こんなに変化があったんだ!」という驚きを読み手に与えることができます。

(6)本音を書いたほうがおもしろい

「こんなこと書いたら起こられるかな」「こんなこと書いたら頭が悪いと思われそう」などという考えは捨てましょう。

優等生のように決まりきったことを書いても定型文のようでおもしろくありません。

独自性を出すためにも、自分の気持ちや考えは正直に書いたほうがいいです。思いがけないインパクトのある作文が書ける可能性もありますよ。

(7)文頭に道しるべとなる言葉を入れる

話の流れが読む人にとっても書いている自分にとってもわかりやすくなるために、話のかたまりごとに、文頭へ道しるべとなる言葉を入れていくのも手です。

例えば、「まず……」「次に……」「そして……」「その後……」「最後に……」のように、話の流れにそって道しるべとなる言葉を入れましょう。


→次ページでは、中学生が長い作文を書くときの手順とコツを見ていきましょう。

中学生が長い作文を書くときの手順とコツ

170606sakubun04

中学生になれば、原稿用紙5枚(2,000文字)くらいの長い作文を書かなければならない機会もあります。

そんなとき、どのようにすれば簡単に長い作文を書くことができるのか、書き方の手順とコツを見ていきましょう。

(1)話を小さく分解する

テーマについて、書きたい話をいくつかに小さく分解して書いて組み立てていけば、文字数が多い作文も簡単に書くことができます。

まずは1つのテーマを5つくらいの見出しに分解してしまいましょう。

(2)書きたいことを1つにつき1枚のルーズリーフに書いてみる

(1)で5つに分解した見出しを、1つにつき1枚のルーズリーフの一番上に書いていきます。

順番はどうでも構いません。ルーズリーフに書くことで、後から並べ替えができるからです。まずは順番は気にせず、見出しだけを書き出していきましょう。

(3)見出しごとに主張やその理由、具体例を書いていく

見出しごとに、自分の主張とそう主張する理由や根拠、具体例を書いていきましょう。

主張に対する理由や根拠などは、日頃から自分が思ったことに対してどうしてそう思うのかを考えながら生活すると、簡単に書くことができるようになります。

普段から物事に対して「なぜ?」と考えるクセをつけておきましょう。

(4)見出しを並べ替える

見出しごとにすべてのルーズリーフを書き終えたら、構成を考えます。

自分が伝えたいと思う順番に並べていきましょう。文字数が多すぎる場合は、いらないと思うものを捨ててください。

(5)まとめや結論を書く

見出しを並べ替え終わったら、最後にくっつけるまとめ・結論を書きます。

(6)最後に、書き出しの部分を書く

順番に違和感があるかもしれませんが、冒頭の書き出し部分は最後に書いたほうが書きやすいです。

書き出し部分には、全体のテーマやそのテーマを選んだ理由、背景などを書くといいでしょう。

(7)原稿用紙に清書していく

書き出し部分→見出し(1〜5)→まとめの順番になるように、原稿用紙へ清書します。


→次ページでは、評価が上がる作文の書き方テクニックを見ていきましょう。

評価が上がる作文の書き方テクニック6つ

160713hyoukagaagarusakubunn

(1)五感を通して感じたことを盛り込む

視覚や聴覚、臭覚・味覚・触覚といった五感で感じたことを盛り込むと、臨場感のある文章が書けます。

たとえば、海にいるシーンを書きたいのであれば、

・視覚……目の前には真っ青な海がどこまでも広がっていた。

・聴覚……波の音がザザーン、ザザーンと繰り返し繰り返し聞こえてくる。

・臭覚……海藻が潮風でひからびたような、なんともいえない生臭い磯の匂いがした。

・味覚……泳いでいたら海水が口に入って塩からく、喉が渇いた。

・触覚……足についた砂は粒が粗くザラザラしており、裸足で歩くと痛かった。

というような感じで書くと、より海という場にいる臨場感が伝わります。

(2)「もしも」を取り入れてみる

実際に起きたことを書くだけでなく、実際には起こらなかったが、もしも起こっていたとしたらどうだったか、というようなことも盛り込むとおもしろくなります。

(3)比喩表現を使ってみる

実際に見たまま、感じたままを文章にするだけでなく、「それはまるで○○のようだった」など、たまに比喩表現を入れてみるのも効果的です。

ただし、あまりに使いすぎるとくどくなったり意味がわからなくなったりするため、1〜2つくらいにとどめておくのが賢明です。

(4)書き始めを工夫する

例えば、「私の大切なものは祖母からもらったオルゴールです」のように、多くの人が書き始めでテーマの結論を書いてしまいます。

そうすると、あとはその理由について書いていくことになり、書くのはラクなのですが、どうしてもつまらないものになってしまいます。

それを避けるためには、意外性のある書き出しにするのが効果的です。

例えば、「それは突然の出来事だった」「私の体はふわりと宙に浮いた」など、書き始めに一工夫することで読み手の意表をつき、興味を引くことが可能です。

セリフや会話文から書き始めてみる、「もしも」で書き始めてみる、エピソードで書き始めてみるなど、ちょっと変わった書き出しにしてみると、「おもしろそう」と思って読んでもらうことができるでしょう。

(5)4コマ漫画を書いてみるのも手

作文を書く前に4コマ漫画を書いてみるのも一つの方法です。4コマ漫画には起承転結があるため、話の構成を考える上で役立ちます。

(6)簡単な形容詞は使わない

「うれしい」「楽しい」「おいしい」など、日頃からよく使う簡単な形容詞はなるべく使わないことがコツです。

例えば、「とても嬉しかった」という表現は、「思わず踊り出しそうなくらい心が高鳴った」のように言い換えをします。

このように、簡単な形容詞を言い換えすることによって作文がイキイキしてきますし、言い換えを考えることで表現力や語彙力がついていきます

まとめ

「作文を書く手順」や「原稿用紙の使い方」「作文を書くときのポイント」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

自分の気持ちを素直に書くこと、ちょっとしたポイントを意識することで、作文はグンとうまくなります。

ご紹介したポイントやテクニックをぜひ参考にしてみてくださいね。

●追記/パピマミ編集部



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ