出産・育児

【出産時の入院準備】忘れがちだけどあると便利なものまとめ

【出産時の入院準備】忘れがちだけどあると便利なものまとめ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

お腹の中で元気に動く赤ちゃんとの対面まで、あとわずか……。

お腹のふくらみが増すほどに、新しい家族を迎え入れる日が近づいている実感が湧いてきますよね。それに伴い、出産のための入院グッズや赤ちゃんの産着など、準備するものもたくさん出てきます。

また、お腹が大きくなってくると思うように動けないというジレンマも出てきます。さらに、9ヵ月ころの赤ちゃんはいつ生まれても大丈夫なほどに体の機能が育っている状態。早期破水などになった場合は、そのまま出産につながることもあります。そのため、入院準備は9ヵ月を迎えるあたりまでに済ませておいたほうがいいでしょう。

そうはいっても、特に初めての出産の場合、なにをどのくらい準備すればいいのか分からないことも多く、どんなに確認しても忘れているものがないか不安になることも。

安心して出産に臨めるように、一般的な準備品以外で忘れがちなものや、あれば便利なものをまとめてみました。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

入院中にあると便利なお役立ちグッズ

ミニバッグやポーチ、エコバッグ

使わない時はたたんでしまっておけるのもいいですね

陣痛室への移動や売店へのお買い物、トイレなど、病院内を移動することは意外と多いもの。ミニバッグやポーチに貴重品やナプキンを入れて持ち歩けば、身軽に動けます

また、入院中にはお祝いに駆けつけてくれた親戚や友人からお祝いの品をいただくこともあると思います。お祝いが度重なると、退院時には大荷物になってしまうことも。その時に予備のエコバッグがあれば、バッグに入りきらない荷物をまとめることができます

小さな花瓶

お花を飾っておくだけで心が安らぎます

出産のお祝いに、お花を持ってきてくれるかたもいるでしょう。病院で花瓶を借りられないことも多いので、持参しておけば、せっかくのお花を枯らすことなく退院まで眺めることができます。花瓶は割れにくいプラスチック製のものがオススメです。

スキンケアグッズ

産後のお肌もしっかりケア

産後は肌の状態も変わりやすく、また、授乳や抱っこなどで手を洗う機会も多いため、手も荒れやすくなっています。

ボディクリームやハンドクリームなどを持参し、スキンケア対策は万全に。低刺激のものや使い慣れているメーカーのものを選びましょう。

その他、事前にしておきたいこと

緊急連絡先リストの作成

もしもの時に備え、連絡先リストを周囲の人に託しておきましょう

持ち物にばかり気をとられて忘れがちなのが、緊急時に連絡が必要な相手の名前と連絡先の準備です。

今は携帯を持ち込める産院も増えているため必要ないと感じるかもしれません。でも、陣痛の最中や帝王切開になった場合など、自分で連絡できる余裕があるとは限りません
いざという時のために準備しておけば、両親やご主人なども慌てずに対応できるでしょう。周囲の人が助かる心遣いとして、忘れずに用意しておきたいものですね。

陣痛タクシーの予約

妊婦さんの強い味方!

陣痛はいつどこではじまるか分かりません。ひとりのときや夜中など、産院までの移動手段がないときでは不安も募り、余計な心の負担に。そんな不安を抱えず臨月を過ごせるように、「陣痛タクシー」の登録を検討しておきましょう。

陣痛タクシーとは、民間のタクシー会社がおこなっている陣痛時専用の配車サービス。事前に自宅住所や輸送先、出産予定日を登録しておけば、陣痛がはじまったときに優先的に配車してくれます。

登録は無料の会社が多く、掛かるのは通常の送迎料と運賃のみ。乗務員は助産師による講習を受けており、緊急時対応マニュアルを常備した車両で送迎してくれるので、万が一の事態になっても安心です。痛みと戦いながら運転手に説明する手間も省けますし、「いつでも来てくれる」という安心感も得られます。

学資保険・医療保険の検討

余裕をもって夫婦で話し合っておきましょう

取り扱っている保険会社も多いため十分に比較する必要がありますが、出産後にはなかなか時間が取れません出産前に候補を挙げておくと、申込みがスムーズです

学資保険は強制的に貯金ができたり、万が一の時にまとまったお金が入ったりとメリットも大きいですが、その分、毎月の出費もかさみます。赤ちゃんを迎えることで光熱費などもアップするため、家計を見直して慎重に検討しましょう。

また、自治体によっては小学校や中学校を卒業するまで医療費が掛からないところなどもあります。医療保険や医療保障などが本当に必要かどうかも視野に入れておきましょう。

赤ちゃんとの新生活を向かえるために

少量の粉ミルク

母乳だけでは間に合わないことも!?

絶対に母乳で育てる! と思っていても、思い通りに母乳が出るとは限りません。特に初めての出産では、母乳の出が悪いこともしばしば。

また、どんなに母乳の出が良くても赤ちゃんが上手に飲めないことだってあります。そんな時、赤ちゃんがお腹を空かせたままにしないように、緊急時用として粉ミルクを用意しておきましょう。
試供品などでもらえるスティックタイプなら、出番が少なくても無駄になりにくいですよ。

遮光カーテン

赤ちゃんが気持ちよく眠れるように

1日のほとんどを寝て過ごす新生児。ベッドの近くは遮光カーテンでほどよく光を遮ってあげたほうが落ち着いて眠れるようです。特に日差しの強い夏場は必需品。UVカット効果のあるカーテンもオススメです。

また、周囲の騒音が気になる立地なら、遮音性の高いカーテンを選ぶと静かな環境をつくってあげられますよ。


間近に迫る赤ちゃんとの対面のとき。ギリギリになって慌てることのないように、できることから少しずつ準備をしておきたいものですね。アレもコレもと大変ではありますが、赤ちゃんを迎え入れる心の準備にもつながるので、夫婦で相談しながら一緒に取り組んでほしいと思います。

また、何かとお金もかかるので、レンタルやお下がりを利用したり、出産後の様子をみて買い足したりと、上手な準備を心がけてくださいね。

妊娠中のママとパパのためのサプリ

●文/パピマミ編集部

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る