出産・育児費用

パートママも受給OK! “育児休業給付金”を受け取る方法と注意点

パートママも受給OK! “育児休業給付金”を受け取る方法と注意点

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

育児休業給付金を返金しなければいけないケース

1600830uechi

6か月は継続勤務!

復職することを前提とした給付金ですので、途中退職した場合は返金を求められます。復職後は6か月継続して働かなければいけないのでご注意ください。

しかし、例外としてやむを得ないケースもあります。たとえば、家庭環境(親の介護)などが挙げられます。

どうしても退職しなければならなくなった場合のみ返金は免責されるようです。

予測できない事情もあると思うので、その際は窓口に一度ご相談してみてください。

育児休業給付金の支給期間を延長する場合の手続き

1216rewrite1

子どもを預けるための保育所が決まらず、職場復帰が難しい場合は延長申請が可能です。延長申請は下記いずれかのタイミングで行ないましょう。

・赤ちゃんが1歳の誕生日を迎える直前の追加申請時
・誕生日を迎えた直後の支給単位期間(8週間)の間

申請書の他、入園を断られたことが分かる通知書など、当面保育所に入れないことを証明できる書類を添えて提出しましょう。

社会保険料の免除について

160831jyosei3

社会保険料の免除は、自動的に行なわれるわけではありません! 申請手続きが必要となり、“産前産後休業取得者申出書”を会社の管轄となる年金事務所に提出します。

産前でも受付してもらえるようですが、その際は出産したことを報告する申請書を提出する必要が出てきます。タイミングとしては、産後の早い時期に申請することをおすすめしているようです。

男性が育休を取りやすくする方法

131014mikunotomo2

男性が育休を取りやすくする働きの一環として、給付率が月給の50%から67%にアップしました。67%の期間は最初の6か月に限られそれ以降は50%が適用されます。

そこで、このメリットを最大限に利用するポイントをご紹介します。

夫婦が交代に取得

夫婦が交代で取得すること! 妻が最初に育休を6か月、その後に夫が6か月とることで12か月間は最大の67%が適用されます。

「育休に興味があるけどなかなか踏み出せない」という旦那さん……これを機に取得してみてはいかがでしょうか?

長期で休めない場合は分割での取得も可能なので、ぜひ検討してみてください。

まとめ

「育児休暇の歴史」や「育児休暇の取得率」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

男性にとってはまだまだ、普及できていない制度のようですね。取得しない理由としてもっとも多いのは『職場の雰囲気・環境』だそうです。

確かに、周囲に取得経験者がいない状況で、自分が先駆けとなるのは将来においても不安がついてきますよね。

とは言え、男性としては、「興味がある」「取得したい」という気持ちもあるようです。

2013年から、男性の育児休暇取得率が高い企業の表彰制度が始まったようです。国の取り組みと連動して、男性の育児休暇取得率もアップし夫婦での育児がもっと行なわれやすい環境が整うと良いですね。

●ライター/ぬかぽん(ママライター)
●追記/パピマミ編集部

ページ: 1 2 3 4

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る