赤ちゃんの脳の育み方

語彙力が3倍に!? 子どもに“赤ちゃん言葉”で話しかけるメリット

語彙力が3倍に!? 子どもに“赤ちゃん言葉”で話しかけるメリット

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

ママライターの木村華子です。

赤ちゃんと接するとき、「なるべく幼児語を使わない方がいい」と考える人は少なくありません。

たしかに、子どもは周りの大人たちから言葉を学びますので、小さいうちからなるべく正しい言葉を使ってあげた方がいいような気もしますね。

しかし、いざ赤ちゃんを目の当たりにすると、かわいくてつい「ナイナイしようね〜」や「マンマ食べようね〜」などの赤ちゃん語で接したくなるものです。

そこで今回は、親が赤ちゃん語で話すことが赤ちゃんの語彙力に与える影響についてお話しいたします。

目次
 代表的な赤ちゃん言葉(P1)
 赤ちゃんが言葉を理解して話すようになる過程(P2)
 赤ちゃんが言葉を発する前兆(P2)
 赤ちゃん言葉の分類6つ(P3)
 英語にも“赤ちゃん言葉”がある!(P3)
 赤ちゃんの言葉の意味を理解するには(P4)
 赤ちゃんの言葉遅れに関する注意点(P4)
 赤ちゃんの言葉が少ないと感じたときにパパママができること(P4)
 赤ちゃんに話しかけるときのポイント7つ(P5)
 親の“話しかけ”が赤ちゃんに与えるメリット4つ(P6)
 “話しかけ”以外のコミュニケーション方法2つ(P6)
 赤ちゃん言葉で話しかけるメリット(P7)
 「赤ちゃん言葉はダメ」という意見も(P7)
 赤ちゃん言葉が使われている絵本3選(P8)
 赤ちゃん言葉を使う大人の心理(P8)
 まとめ(P8)

代表的な赤ちゃん言葉

28099143933_96f67d7afa_z

まだ言葉を上手に話すことができなくても、赤ちゃんはママやパパに何かを伝えようとするものです。

よくわからないからと適当にあしらわずに、きちんと聞いてあげましょう。

以下に、主な“赤ちゃん言葉”を紹介しますので、ぜひコミュニケーションの参考にしてください。

生き物に関すること

・ママ……まんま、まー
・パパ……ぱー、ぱぱぱ
・おにいちゃん……にいに、にー
・おねぇちゃん……ねえね、ねー
・おばあちゃん……ばあば、ばー
・おじいちゃん……じいじ、じー
・ねこ……にゃんにゃん、にゃー
・いぬ……わんわん

動きに関すること

・寝る……ねんね
・立つ……たっち
・座る……おっちん、えんちょ
・歩く……あんよ
・抱っこ……あっこ、あー
・たべる……もぐもぐ、あむあむ
・おしっこ……ちっち、しー
・かたづける……ないない

物・事柄に関すること

・洋服……べべ
・ごはん……まんま、まんまん
・お腹……ぽんぽん
・目……おめめ、めんめ
・自動車……ぶーぶー、ぶんぶん
・汚い……ばっちい

あいさつに関すること

・ありがとう……あーとー
・ごめんなさい……めんちゃい、めんね
・おはよう……あーよー
・こんにちは……こんにちゃ


→次ページでは、赤ちゃんが言葉を理解して話すようになる過程を見ていきましょう。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8

ライター紹介

木村華子

木村華子

3人の子どもたちを育児中のママライター。親子そろって仲良くADHDやってます。日常に潜む“あるある”や“イライラ”などを、イラストコラムに乗せてお届けいたします。

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る