食材の豆知識

時短料理のテクニックと下ごしらえして冷凍できる野菜11選

時短料理のテクニックと下ごしらえして冷凍できる野菜11選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

小さな子どもがいると、料理時間を確保することもままならない日が多いことでしょう。1日24時間しかないのに、どのように料理時間を確保しましょうか。それはもう、“時短”に限ります。

料理を時短するポイントは、“最初から最後までを一度にやらないこと”。

たとえば、すぐにできる野菜炒めを作る場合にも、キャベツの葉を剥いで洗う所から始めて、切る、炒めるまですると、それなりに時間がかかります。

しかし、すでに切ってある野菜を炒めるならどうでしょうか? 炒めるだけなら、ほんの数分で出来上がります。そんな風に、あとは“炒めるだけ”、“煮るだけ”の状態にしておけばラクチン。

そこで今回は、時短料理のテクニックや、下ごしらえするとラクチンな野菜などをご紹介します。

目次
 料理の“仕込み”とは(P1)
 時短料理のためのテクニック7つ(P1〜2)
 下ごしらえで時短できる野菜11選(P3)
 時短になる“半調理”(P4)
 野菜を長期保存するコツ(P5)
 下ごしらえが難しいときは市販の冷凍野菜を使おう(P5)
 まとめ(P5)

料理の“仕込み”とは

170310jitanryouri01

時短料理に欠かせないのが“仕込み”。

“仕込み”とは、料理を最後まで作るのではなく、ある程度の段階までしたらそこで区切っておき、あとは焼くだけ、揚げるだけ、という状態にしておくことをいいます。

前日や休日など、時間があるときに仕込みを行っておけば、あとは料理を仕上げるだけなので時短になります。

平日、働いていて帰ってきてから料理を作るのは時間もかかるし面倒……という方におすすめです。

仕込みの具体的な方法としては、野菜を切って冷凍しておく、小松菜やほうれん草を茹でて冷凍しておく、肉や野菜に下味をつけて冷凍しておく、といったものがあります。

時短料理のためのテクニック7つ

170310jitanryouri02

(1)食材は1週間分をまとめ買いする

1週間分の献立を決めてから買い出しに行けば、1回の買い物で済んでしまいます。

献立が決まって1週間分の買い出しも済んでいれば、毎日作るもので悩む必要もなく、お金の節約にもなります。

週末に1週間分の材料をまとめ買いして、下ごしらえ・仕込みを済ませておけば、平日の料理がグンと楽になりますよ。

(2)“前倒し作業”の習慣をつける

料理は食材を洗ったり切ったりする下ごしらえに時間がかかるもの。

そこで、毎日の下ごしらえ作業の時間を短縮するためにやりたいのが、“前倒し作業”です。

野菜を切るとき、そのときの料理に必要なものだけでなく、翌日や翌々日に必要になる野菜も前倒しで切ってしまいます

時間があるときにまとめて野菜を洗ったり切ったりして冷凍しておけば、その後に料理するとき大変楽になります。

“ついで”の前倒し作業が、時間のない日の自分を救ってくれることになるのです。


→次ページでは、引き続き時短料理のためのテクニックを紹介します。

ページ: 1 2 3 4 5

ライター紹介

貴子(優くん、綾ちゃん)

貴子(優くん、綾ちゃん)

ママになっても自分の時間を大切にし、笑顔でいることで子どもたちも笑顔でいられるよう、楽しくやっています♪

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る