大人になっても治らない!? 子供が“愛着障害”を発症する原因とケア方法

2015.02.20

【ママからのご相談】
テレビで『愛着障害』に関する特集を見ました。“3歳までの親の接し方が大切”だと話しているのを聞いて、わが子(3歳と1歳)の接し方に不安を覚えました。仕事を掛け持ちしている上に家事などがあってしっかり接することができてないので、愛着障害になってしまうのではと不安です。

目次
 そもそも愛着って何?(P1)
 愛着のタイプ4つ(P1〜2)
 愛着障害とは(P2)
 これに当てはまったら“愛着障害”かも(P2)
 子どもが愛着障害になる原因(P3)
 子どもの愛着障害『反応性愛着障害』(P3)
 子どもを愛着障害にしないための接し方(P3)
 子どもの愛着障害は治療できるのか(P4)
 大人の愛着障害(P4)
 愛着障害を持つ大人が発症しやすい病気2つ(P5)
 大人の愛着障害を克服するポイント4つ(P5〜6)
 ADHD(発達障害)との違い(P6)
 まとめ(P6)

a 時間ではなく、質(愛情)を重視した子育てをすることが大切

ご相談ありがとうございます。メンタルケア心理士の桜井涼です。

昨年、広島で起こった少年犯罪によって『愛着障害』が今、注目されてきています。

こういった心の問題についてしっかり考えていらっしゃる相談者様は、お子様のことを考えておられるようですね。とてもすばらしいことだと思います。

お仕事をかけ持ちでされた上、家事育児まで頑張っていると、どうしても子どもと接する時間が少ないと考えてしまいます。

しかし、時間ではなく質を重視した接し方をすることで愛着障害を引き起こすようなことにはならないと考えます。

そもそも愛着って何?

ANJ77_nemunemuanjyu20141115135639_TP_V

イギリスの精神科医ボウルビーによると、人間は乳幼児のころに他人への愛着が作られると言われています。

乳幼児は親と一緒にいることで安心感を抱き、親も愛情を持ってそれに応えるのが普通(適応的)ですよね。

このような親子のスキンシップ(愛着行動)が繰り返されることで、子どもは他者に対して安心感・信頼感を獲得するようになります

他者(主に母親など)に対する安心感・信頼感は愛着となり、

・恐怖や不安などのマイナスな感情を抱いたときの安全基地になる
・危機がないような状況でも、「いつでも帰る場所(安全基地)がある」という安心感を持つことで、外界を自由に探索できる

といった精神的作用を持つようになります。

逆に愛着がうまく形成できないと、常に心に安定がなく、孤独感を抱くようになります。

愛着のタイプ4つ

p160215_愛着のタイプ

一口に“愛着”と言っても、子どもの性質により4つのタイプに分類されます。

以下では、子どもが持つ愛着の種類についてお話ししていきます。

(1)安定型

親(特に母親)と離れるときに、泣いたり怒ったりなどのパニックを引き起こします。

しかし、親と再開すると喜びやうれしさ、安心感などを抱き、スキンシップを求めます。

親を“安全基地”として、外界の探索行動を起こします。


安定型の子どもの親の特徴としては、

・子どもの様子に敏感
子どもと調和的・楽しげな関係を築いている
・比較的情緒が安定している

といった傾向が見られます。


→次ページでは、引き続き“愛着のタイプ”について見て行きましょう。

(2)回避型

親(とくに母親)と分離する状況でもパニックを起こさず動じません。

再開しても無関心の傾向にあり、スキンシップを求めずにどこかよそよそしい態度を取ることが多いです。


回避型の子どもの親の特徴としては、

・子どもの行動や感情に対して否定的な態度を取る
・スキンシップが少ない
・子どもを遠ざけたり拒絶する

といった傾向が見られます。

(3)アンビバレント型

親(とくに母親)との分離でパニックを起こし、再開時には安定型同様に安堵感を抱いてスキンシップを求めます。

しかし、一方で親を叩いたり怒ったりといった自身の感情と矛盾した行動を取ります。


アンビバレント型の親の特徴としては、

・子どもの様子に鈍感
自分の都合でコロコロ対応を変える

などがあります。

(4)混乱型

安定型と回避型が混在しているタイプです。親に対して甘えるように接近したかと思えば、すぐに離れたりと矛盾した行動が多く見られます。

また、場違いな言動や行動、うつろな表情をしていることが特徴的です。


混乱型の親の特徴としては、

子どもを虐待している
・精神的に不安定
・突飛な行動やパニックを起こすことが多い

などが挙げられます。

愛着障害とは

pexels-photo-large

上記の『そもそも愛着って何?』で述べたように、子どもは親とのスキンシップ(愛情の交流)を繰り返すことで、他者への愛着を持つようになります。

しかし、何らかの理由で愛着の形成が阻害された場合、感情表現ができない、自尊心が低いなどの『愛着障害』と呼ばれる症状を引き起こすことになります。

とくに脳の発達が著しい3歳までにこうした環境が続くと、自尊心が傷つき愛着障害を発症しやすいとされています。

このように愛着障害は基本的には後天的に発症するもので、適切な環境で育つことによって改善することができると言われています。

また、症状が酷似していることから、よく『ADHD(発達障害)』と間違われますが、こちらは遺伝子などの先天的な影響で発症するため、明確に区別されます。

さらに、愛着障害は子どもと大人で名称が違ってきます。

これに当てはまったら“愛着障害”かも

nature-fashion-person-woman-large

愛着障害を持っている人には、共通する特徴があると言われています。

以下に列挙する特徴に多く当てはまる人は、もしかしたら愛着障害かもしれません。

・人と適切な距離感を保てない
・他人と話すとき、演技していると感じる
・人の内面よりも、容姿や学歴を重視する
・トラウマに過剰反応する
・小さい子どもが苦手
・不器用で計画性がない
・人や物、お金に依存してしまう
・他人を信頼できず、愛せない
・自分に自信がない
・ささいなことで傷つき、いつもネガティブ
・親と異常に仲が悪い
・親に対して極端に従順

いかがでしたか?

もちろん、「当てはまったら即愛着障害」というわけではありません

しかし、多くの項目に当てはまった人は、可能性の一つとして考えてみるのも良いかもしれません。


→次ページでは、子どもが愛着障害になる原因について見て行きましょう。

子どもが愛着障害になる原因

city-sun-hot-child-large

子どもが愛着障害になる原因には、実にさまざまなものがあります。たとえば、

・親から虐待を受け、愛情を感じずに育った
・育児放棄されていた(ネグレクト)
・親に捨てられた
・死別などの理由で親と暮らせなかった
・親同士のケンカが日常茶飯事で、それを見ていた
・親が自分よりも他の兄弟をひいきした
・親から否定され続けて育った
・親自身が愛着障害の特徴を持ち、それを受け継いだ

などが挙げられ、親の育て方や関係の築き方が大きな要因になることが分かります。

愛着障害の子どもに共通してみられるのは、何らかの理由で自分の欲求が否定され続け、愛着をまともに形成できなかったということです。

子どもの愛着障害『反応性愛着障害』

sand-summer-outside-playing-large

幼児(5歳)までの愛着障害は『反応性愛着障害』と呼ばれ、2つのタイプに分類されます。

抑制型

抑制型の子どもは、その名の通り「甘えたい」「抱っこしてほしい」などの自然な気持ちを抑制してしまう傾向にあります。

他人どころか自分の親に対しても警戒心を抱き、心を許すことがありません

目を合わせない、本当は甘えたいけど怒らせるような行動を取るなどの矛盾した行動を取ります。

脱抑制型

こちらは抑制型の子どもとは反対に、初対面の人に対してもなれなれしく接してしまう傾向にあります

社交性に富んでいるとも言えますが、相手との距離感をうまく掴むことができず、パーソナル・スペース(心理面・行動面)に安易に侵入してしまいます。

子どもを愛着障害にしないための接し方

yuuki150321090i9a4199_tp_v

忙しいときだからこそ、目を見て話を聞いてあげる時間を取ってみましょう。

子どもは“聞いてもらえた”“お母さんがこっちを見て笑った”“抱っこしてくれた”など、ちょっとのことで安心してすぐ次のことをするようになります。

お母さんから離れないというのは、不安な気持ちが取れないからです。

“不安感を取り除いてあげる時間”を作ってあげることが子どもにとって一番必要なことだと考えましょう。

子どもの欲しがる愛情の器は、小さいけれど底なしです。「もっともっと!」と欲しがります。

でも、お母さんだけでは限度があります。だから、周りの大人からも力を借りましょう。

夫婦で協力したり、おじいちゃんやおばあちゃんの力を借りたりして、子どもとの時間を取ることもできます。

また、家事をしながら遊んだり、子どもにお手伝いをさせたり、工夫次第で子どもと一緒にいる濃い時間を作ることができます。


→次ページでは、子どもの愛着障害は治療できるのかについて見て行きましょう。

子どもの愛着障害は治療できるのか

girl-person-human-female-large

先天的な症状である発達障害とは違い、愛着障害は後天的な要素が原因になることはすでにお伝えしました。

後天的に発症した病気は治療によって治る可能性が高く、愛着障害も例外ではありません。

治療では、心理学でいう“安全基地”を建設することが最優先事項となります。

“安全基地”の建設に必要な材料は、愛情とスキンシップ、それから規則正しい生活です。

子どもの要求にはできるだけ応えるようにし、日頃から愛情を言葉にして伝えてスキンシップを多く取るようにしましょう。

また、暴力(叩く、耳を引っ張るなど)による虐待になっていないか自身の“しつけ”を見直す必要もあります。

それに加え、親と同じように食事する、同じ時間に一緒に眠る、などの規則正しい生活を送らせることが大切です。

これらの条件がそろってはじめて“安全基地”は成り立ちます。

土台がボロボロであればすぐに崩れてしまいます。

愛着障害の治療には、まず愛情を注げる環境を作ってあげることが大切なのです。


幼児の愛着障害は見分けることが難しいこともありますが、共通する特徴があります。

・笑わない
・スキンシップを嫌がる
・目を合わせない

の3つです。これらの特徴を見逃さないことが、愛着障害の効果的な予防になります。

大人の愛着障害

landscape-mountains-nature-man-large

子どものころに抱えた愛着障害を克服せずに大人になると、周囲とうまくコミュニケーションが取れず、孤立してしまうようになります。

大人の愛着障害では、とくに恋愛関係において症状が見られ、パートナーとの距離を適切に保つことができません。

そんな大人の愛着障害には、大きく分けて2つのタイプがあります。

不安定型愛着障害

不安定型愛着障害は、自分に対する自尊心が著しく低く、傷つきやすいほか、他人に心を許せないといった症状を持ちます。

「甘えたい」「仲良くなりたい」といった気持ちを抑制することが多く、たとえ恋人相手でも嫌われることを恐れて本音を言うことができません

また、嫌われたくないがために相手の要求を聞きすぎるパターンもあります。

回避型愛着障害

不安定型と同様に「人と仲良くしたい」と願っていますが、それを素直に出すことができません。

しかし、回避型は感情を抑制せずに逆の方向へと出してしまいます。

たとえば、異性と付き合って親しくなっていくと、「煩わしい」と思うようになって関係を破壊したい衝動にかられます

本当は「仲良くしたい」と思っていてもです。

また、「他人から頼られたい」と心で思っていても、実際に頼られると怒ってしまうことがあります。

このタイプの人は、関係を悪化させるような行動や言動を取ることが多いため、結婚しても早々に離婚するケースが多いと言われています。


→次ページでは、愛着障害を持つ大人が発症しやすい病気について見て行きましょう。

愛着障害を持つ大人が発症しやすい病気2つ

man-couple-people-woman-large

愛着障害のまま大人になり、治療や改善をせずに症状を悪化させた場合、精神病にかかる可能性があります。

以下では、愛着障害が大きな要因となる病気を2つ挙げていきます。

(1)境界性パーソナリティ障害

別名『境界性人格障害』とも呼ばれる病気で、感情の波は異常に激しく、強いイライラを感じて抑制できなくなります。

『境界性パーソナリティ障害』の“境界性”は神経症と統合失調症の境界を指しますが、主に次のような特徴が見られます。

・日頃から人に見捨てられないか強い不安を抱いている
・人に見捨てられることを妄想する
・他者とコミュニケーションがうまく取れない
・感情の著しい変化で他者を置き去りにする
・少しのことで激しい癇癪を起こす
・自殺未遂や自傷行為を行って他者の関心を集める
・常に不幸感を抱いている
・一時的に記憶をなくすことがある
・自分が何者かが分からない

このように、『境界性パーソナリティ障害』は、統合失調症(妄想や現実を認識できない)の症状と神経症(激しいかんしゃく)の症状をあわせ持っています。

(2)自己愛性パーソナリティ障害

「自分は特別だ」「自分は偉大だ」といった、現実にそぐわない肥大した自己意識を持っていることが特徴です。

たとえば、自分がスターになるような物語を妄想したり、他人に対して特別扱いを求めるといった行動を取ります。

現代社会では多く見られる病気でもあります。

しかし、「自分は特別だ」といった意識を持つことはおかしいことではなく、普通の人でも抱く感情です。

そのため、『自己愛性パーソナリティ障害』と診断されるのは、上のような症状によって生活に支障をきたしている場合に限定されます

自己愛性パーソナリティ障害には、主に以下のような特徴があります。

・自分に対する誇大な意識
・成功や権力、美などについての理想的な空想ばかりしている
・他者から過剰に賞賛を求める
・傲慢な態度や行動を取る
・他人の気持ちを理解しようとしない
・他人に著しく嫉妬する。あるいは嫉妬されていると思い込む

大人の愛着障害を克服するポイント4つ

p160215_愛着障害

大人であっても愛着障害は治療することができます。

しかし、大人の場合は子どもと違って自力で治療する必要があるので、根気強く努力をすることが大切です。

(1)信頼できる人を見つける

まずは、子ども同様、“安全基地”を作りましょう。

「この人なら自分を受け止めてくれる」と安心できる人です。

たった一人でも安全基地となる人がいるだけで、心の安定性は大きく向上します。

安全基地を作るということは、“他者に心を開くこと”とも言い換えられます。

少しずつ、他者を信頼する努力を続けましょう。

愛着障害であることを打ち明けるのも一つの手です。

自力では難しいと感じる場合は、セラピストやカウンセラーなどの専門家を頼っても良いでしょう。


→次ページでは、引き続き“大人の愛着障害を克服するポイント”について見て行きましょう。

(2)トラウマを解放する

愛着障害の人は、幼児期のトラウマを抱え持っているケースが多いとされています。

そこで、抱えているトラウマを吐き出して解放しましょう

日記に書くなり、他人に聞いてもらうなり、方法はさまざまです。

大切なのは、トラウマを客観的に見つめることです。

(3)運動をする

こちらは直接愛着障害の治療につながるわけではありません。

しかし、運動には精神を安定させる効果があり、精神病克服には心の平穏が必要不可欠です

軽い有酸素運動でもかまわないので、すこし体を動かすようにしましょう。

(4)親と和解する

幼いころに虐待を受けて愛着障害になった人は、正しい親子関係を結べずにいることが多いです。

そのまま大人になって、「もう甘えることはできない」と親に甘えることを諦めた人もいるでしょう。

しかし、人はいつまでも誰かの子どもです。

トラウマの原因でもある親ときちんと話し合い、和解することもトラウマ軽減につながります。

和解したあかつきには、思い切り甘えてみるのも一つの手です。

もし、どうしても親と和解できない場合は、いっそ決別することも大切です。

いつまでも親にとらわれる必要はありません。

いずれにせよ、自分が正しいと思う親子関係を築くようにしましょう

ADHD(発達障害)との違い

0I9A350615032140wakaranai_TP_V

発達障害で有名なADHDと愛着障害は、その症状が酷似しており、しばしば診断を間違えられることがあります。

ADHDと愛着障害の最大の違いとしては、前者が先天的であり、後者が後天的という部分にあります。

ADHDは遺伝的な要素を原因として持つのに対し、後者は親の育児方法などに由来します。

また、具体的な症状としては、ADHDが一日を通して多動的であるのに対し、愛着障害は時間帯によって変動するという違いが挙げられます。

さらに、対人関係の面では、ADHDが人に心を開くのに対し、愛着障害はうわべだけ愛嬌が良いことが多いです。

両者は対人関係や感情の出し方でとくに相違点がみられ、鑑別の大切なポイントにもなります。

まとめ

「愛着障害の特徴」や「愛着障害の種類」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

愛着障害は決して治せない病気ではありません。

子どもが自分の思うように行動しなくても、その原因をきちんと把握して接するようにしましょう。

●ライター/桜井涼(メンタルケア心理士)
●追記/パピマミ編集部



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ