• TOP
  • 育児(0~2)歳
  • 目に良いのはどっち? 「眼鏡」と「コンタクト」を徹底比較

  • 目に良いのはどっち? 「眼鏡」と「コンタクト」を徹底比較

目に良いのはどっち? 「眼鏡」と「コンタクト」を徹底比較

目に良いのはどっち? 「眼鏡」と「コンタクト」を徹底比較

レーシックのメリット・デメリット

170417meganetuiki04

眼鏡やコンタクトレンズで視力を矯正するのではなく、レーシック手術で視力を回復するという選択をする人も増えています。

では、レーシック手術のメリットとデメリットにはどのようなものがあるのか、眼鏡やコンタクトと比較できるよう具体的に挙げてみましょう。

レーシックのメリット

裸眼で過ごすことができる
・ある程度の裸眼視力が必要とされる職業への就業が可能になる

レーシックのデメリット

手術の失敗や術後の合併症などのリスクがある
・体調や天候などで視力が変動しやすくなることから、近視が戻ることもある
・未成年はレーシック不可
ドライアイや不正乱視になる可能性もある
・1回の手術におよそ15万~40万円ほど料金がかかる(術後に視力が低下した場合、再手術が必要になる場合もある)

眼鏡の正しい度数設定

170417meganetuiki05

眼鏡は車を運転するとき(遠距離を見る必要があるとき)と、室内で過ごすとき(中距離のものを見るとき)、パソコンやスマホを見るとき(近距離のものを見るとき)という3つの場面・距離に合わせて、それぞれに適した度数のものをかけることがおすすめです。

遠距離のものがよく見える度数の眼鏡をかけてパソコンを使うと眼精疲労がひどくなり、目には負担となります。

そのため、距離に合わせた度数の眼鏡を使い分けることが目に優しい使い方となるのです。

見る対象の距離によって度数の違う眼鏡をつくることが目の健康のためには大切になります。

眼鏡とコンタクトの維持費

170417meganetuiki06

眼鏡とコンタクトの維持費には、どれくらいの違いがあるのか確認しておきましょう。

眼鏡の維持費

安くてオシャレな眼鏡を販売するお店も増え、ファッションに合わせて購入する人も少なくない眼鏡。

今や、カスタマイズしなければ、5,900円〜9,000円程度で眼鏡が買えてしまう時代です。

ブルーライトカットのレンズにした場合でも、1本15,000円ほどで購入が可能。

ただし、耐用年数5年程度の高級眼鏡の場合は、1本5,0000円ほどになります。

コンタクトの維持費

コンタクトレンズは使用期間によっても価格が大きく変わります。

【1Day】
1日使い捨ての場合、大体1か月分で4,330円程度になります。1年分なら51,960円程度が必要になるようです。5年であれば259,800円程度にもなってしまいます。

【1week】
1週間使い捨ての場合、1か月で3,794円程度、1年で45,528円程度となり、5年なら227,640円程度になります。

【2week】
2週間使い捨ての場合、1か月で1,846円程度、1年で22,152円程度となり、5年なら110,760円程度になります。

【ハードコンタクト(寿命2年半)】
ハードコンタクトレンズの場合、寿命2年半のものが1枚15,000円程度となりますので、1日あたりに換算すると約45円程度と大変リーズナブル。5年(買い替え含む)なら30,000円程度です。使い捨てタイプよりもコストが安くすみます。


→次ページでは、眼鏡とコンタクトの併用について見ていきましょう。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す